UFO-ETI最先端科学院    UFO-ETI Advanced Science Research                        ( UASR )                            D
  UFO-ETI最先端科学院-5 
UFO科学大学院( USS )
5年制(大学院修士以上のレベルの方が対象)



本院は 世界で初めて 博士号を取得した専門の科学者や 大学院修士以上の方々が さらなる学習・研究

創造する科学研究力を修得したい方のために創立された---未来社会を担う若い科学者を

養成することを目的に開講された---最先端の生涯教育機関です。

金儲けを目的とした文部省系の大学院では

ありません。

本院は

地球文明が抱えている

物欲な生き方に気づき 心の質を向上させ

私たちの文明よりも数千年以上も進化・成長した宇宙文明を

学び・研究し創造する生涯教育を推進し 隠されているUFO-ETIetcの真相を解明へ。

そのために日々 調査・研究を進め 集積したデータ・関係資料等を吟味・検討し 科学的な議論をし

最終的に 地球の諸問題を解決すべく エゴや利権の世界から脱皮し ETI文明と共存する宇宙平和を実現へ。

宇宙の原則とされる 転生の本質を学び・研究しつつ ( Quality Mind )を向上させるために

2016(H28). 1. 1. にUFO科学大学院の創立15周年を記念して本院が 創建されました。

 UFO-ETI最先端科学院( UASR ) 

時代の最先端 100--10000年先を学び・研究する科学教育機関

どうぞ よろしく お願い致します。 

宇宙 原点



宇宙文明 転生システム
=== ロスとオリオンが 構築した欲の地球文明---宇宙文明人も転生・移住し研修する地球 それは ナゼ ===




@
金星文明
転生
( 金星文明

関与・サポート )


金星都市-政府庁舎etc








 B.C.6000年頃に超古代インドで「生まれ変わり」(転生)の考えが 芽生え 全生命体は

何度も 過去と現在と未来を往復し 生まれ変わりを繰り返しを向上させた結果

欲望に支配されないライフを発見し到達した時 物欲界の転生終了となります。

以上の転生システムを地球に提供したのは 金星政府であり 地球人類が 

一億年以上 殺し合いばかりを何千万回と繰り返した実態に対して 心配されて

地球の欲望に振り回されず 低質な心の犯罪行為を防止し減らすために  さらに

 質の高い文明を構築するために 地球に学習・体験教材を導入したと関係者たちが証言。

低質ライフから高質ライフへと転換する各種のサポートが 人々に気づかれない自然

な方法で行われています。  しかも 最近の研究で判明したことは 過去 数万回以上

の転生は 地球だけではなく 転生レベルに応じて地球外文明も含む---金星や火星・月

木星・土星・天王星・エウロパ・海王星・冥王星・水星などの全太陽系の惑星や衛星etcへ

転生したケースもありますが ほとんどの地球人類は 記憶を失った日々を 送っています。

転生目的は カネetcに支配された欲望ライフに 学び・体験・気づくこと そして 

向上させるためにあります。 以上の内容は ETI政府間etcで 指摘され確認も

されています。   本講義では @物欲と転生の関係  A転生における心の質向上

B転生における過去・現在・未来の連結とサイクル  C転生とカルマ  Dその他

について関係資料や証言をもとに解説し 金星文明と転生の真相を理解します。

資料動画

@---転生---全生命体の転生する--332---NFS

A---銀河系---最低レベルの地球文明とは--267-NFS


 


A
医学
転生
( 前世 の 記憶 )
タイムトラベル学









 全ての地球人類には 過去の人生( 前世 )があり 全ての生命体にも同様の過去ライフが

存在しています。 それは ナゼ でしょうか。

現在の人生は 一回だけではなく 何万回も存在し 特に 地球の人生は 殺傷の繰り返し

物欲に振り回されたムダな生涯が多いのです。 他者に対しても 全生命体に対しても

自身のエゴが 優先されて相手を犠牲にするライフになりがちであり したがってカルマ(悪行)

は ドンドン増えてしまいます。 限られた人生は 常に 反省し 感謝しつつ 課題が

たとえ 少しだけの解消であっても とても大事とされます。 転生は 物欲な地球ライフ

だからこそ 体験と学習により痛切に悟る・理解・修得することが できるとされます。

1950年代になると 前世療法は 米医学界で公認され 心理療法でも 科学的な研究成果

から公認されるようになりました。  ロンドン大学医学部のA. キャノン教授 トロント大学

医学部教授のジョエル・ホイットン医学博士 そして マイアミ大学医学部長のワイズ博士

らの科学的な調査・研究により「 前世の記憶は確実に存在する」ことが解明されました。

さらに 死後生存世界は シカゴ大学医学部のキューブラロス教授 コネチカット

州立大学医学部
国際臨死体験研究センターのSCPの約100万件のデータ解析から

そして 完全否定から肯定者へ大転換された(臨死体験された)ハーバート大学医学部の

エベン・アレグザンダー教授(脳神経学の世界的権威)による死後世界肯定者は世界的にも増大へ!!!

肉体が 消滅しても心は 永久に過去・現在・未来と 転生を積み重ね 心の質 = 最高精神

= Universal Mind = 宇宙心 へと進化・成長するために転生を 地球に限定せずに転生して

いるとの新しい宇宙的な生まれ変わり現象を提起する医学者や量子科学者などが増え

てきました。 本講座では 「宇宙転生は 宇宙の原点」を立証すべく 医学・量子科学・その

他の諸学問における最先端科学の研究成果を導入して 過去ライフ( 前世 )と現在の地球

における物欲ライフ( 現世 )との連結したタイム・トラベルの構造を解説し理解します。


資料動画

@--312--前世科学( Past Life Science )の最先端--NFS

A--317--転生科学(Reincarnation Science )--NFS

B-エベン医学博士--USS 死後世界No.01   死後世界No.02   死後世界No.03



 


B
科学 と
( 量子関与 )








ってきたとする例を1万件を

データ分
すると 次 解明されました。


@ 心は 生存中は 脳の支配を受け 死すると共に脳の管理から分離すること 

A 心は 胎児が形成される頃に外部から転生という現象で肉体の中に入ってくること

B 心は 肉体の発達に合わせて精神的にも成長するが 前世の記憶は 徐々に消えていく

C 心は 基本として遺伝・環境・自我・前世の記憶etcが 影響しあって 人格を形成すること

D 肉体が死すとも 心は 永久に不滅であり この世での人生の質により転生先が決定される

E 転生先は 間世界( Life Between Life )での審査により生前の人生の行為が記録

されており それに基づいて (1)地球内か (2)太陽系内か (3)銀河系内か 決まること

F 死者が イメージとして日中でも出現する時の姿は 生前のの質が 物質の最小単位の

量子に影響して色・形・態度・・・を形成すると見られること


G 転生システムは 宇宙の原則であり 最高精神( Universal Mind )へ到達されるまで繰り

返され 特にルマ(悪行)は蓄積され必ず解決するまで繰り返し改善を要求されるので

良いことを蓄積することが 強く求められる---心の質を向上させる努力が必要とすること


本講座では 以上の子の関係を 転生科学の研究成果--医学と量子科学の

研究成果をもとに概説しつつ関係データや資料から理解を深めていきます。


資料映像--84-スティーヴンソン医学博士etc--転生科学--NFS

A--51--死後生存--体験者の証言--NFS   B--ワイズ医学部長の転生科学--UU


 
 


C
太陽系文明 と
( 土星政府

最高精神 )


土星政府方々




 




太陽系の文明の中で一番に優れた文明を有する惑星は 土星であると太陽系連邦政府に

加盟された関係者たちが強調しました。 近隣の惑星間の調和と平和・安全は 暴力からは

何も生まれず むしろ 逆に諸問題が 不信と疑念・・・相手を尊敬し信頼する宇宙平和

宇宙愛は 消滅し 破壊と差別と貧困・・・・・という最悪な かつての愚かな戦争と利権の

繰り返しとなるだけだと証言されました。 

 米国のJ. F. ケネディ大統領が 土星政府に招待され訪問されました( 1962.3. )。

数千年以上も進んだ知と技と心と最高なる精神の実像を体験し学び そして 深い理解へ

と展開されました。  その一例としては  

UFO宇宙船は それ自体が 生命体であり 心と物( 最小単位は量子 )が 相互に連結して

時間空間を越えて超光速で飛行し 考えられない瞬間スピードで土星に到着しました。

土星文明は 一切の所得格差 貧困などは 存在せず 貨幣経済も存在せず

したがって 博打のような市場経済も株の乱高下も存在せず 国との国境紛争も

・・・ とても安全で平和な日々を送り 心の質が ハイレベルで 一切が無料と証言。

本講義では ケネディ大統領の「土星文明での体験記」etcや証言・関連資料をもとに

解説し理解を深め 地球文明と比較・検討し課題提起し演習へと展開したい。


◆ 資料動画--13-ETI政府の関与--シュメールから現代へ--NFS

A---239-プレアデス政府地球文明---NFS



 

D
銀河系文明 と
( レアデス文明

最高精神 )


W. スティーブンス
米空軍情報部大佐
(UFO大学院博士)





銀河系の中で一番に地球文明に関与してきた宇宙政府は プレアデスとの学説が

提起されています。 日本古代の文献「浦島太郎」やコスタリカ国で発見された石球体

( 野球ボールから巨大な大きさまで確認 )は 米国ハーバート大学の遺跡科学研究調査隊

により 石球は 意図的に幾何学的なプレアデス星座の方位に 星座の並び方と比率と

一致した状態で発見されたと報告されました。 さらに 世界各国の政府機関とも何度も

交渉した内容=プレアデスETI機密文書でも確認された。 超古代から現代まで 物欲な地球

文明の改革のため さまざまな改革プログラムが 実施されてきたことも確認されています。

本講義では @ ビリーマイヤー氏の交流体験の証言  Aビリー・マイヤー氏の各種資料

B 米空軍情報部大佐 W. スティーヴンス氏の調査・研究  Bフレデリック・ベル博士らの

科学調査とETI交流  CNASA科学者らのプレアデス文明訪問記録  Dその他

について概説し理解を深めます。 特に F. ベル博士(カリフォルニア大学教授・宇宙文明学等)

は 20年間に15回以上のプレアデスETI政府の訪問を受けておりコミュニケーションの

内容も記録されています。 しかも プレアデス文明を訪問する機会も ありました。 

以上の方々の研究成果や各種の証言や体験記録などを確認しつつ本質に迫る

内容へと展開していきたいと思います。  なお F. ベル博士は UFO宇宙船で訪問

しかも 自分で操縦して---反重力UFO宇宙船で---ETI文明都市を訪問したと証言。

文明の特徴は 全てが無料であり 地球よりも10000年以上も進んだ文明であり 欲望に

振り回されない文明とした。 以上のことを関係資料から紹介し理解します。


資料動画-1--プレアデスETI政府--USS    A-2--プレアデスETI政府--USS


  
 


E
リオン
(日本国民を監視・盗聴)
(三沢NSA基地課題 )


スチャイルド一族の方







  日本国民の監視・盗聴は 1950年代のフリーメイスンの部下だったトルーマン大統領の時に

青森県三沢市の米軍基地内に建造することが決定され この時点で 世界支配のうち

 アジアの国民支配の第一歩として重要な位置づけが なされました( 表向きは米ソの冷戦)。

   その後 アイゼンハワー大統領にも引きつがれて オリオン政府の積極的な関与・サポート

は 極秘の密約により 地球管理人ロス一族の最高実力者との合意で決定されました。 

  世界支配の構想は すでに ロスチャイルドたちが 数億年前に独裁政治の最高権力者

に君臨していた火星で革命が 発生し 緊急に命かながら地球へ逃れて来た時には

 すでに 地球支配の着想が芽生えたとされ 時が落ち着くまで・・・ 次なる一族の時代

になるまで 徐々に計画が 練り上げられていきました(一族の掟・機密文書etc)。

 関係者の方々の証言やエシュロンの研究をされた科学者たちによると地球人類よりも

数千年も進んだオリオン政府は 三沢NSA基地の建設当初から関与。 ハイテクを提供し

サポートと軍事科学者が証言( オリオン政府の地球文明関与は 数十億年前からとの学説がある )。

  サンフランシスコ条約に調印する時点(1951)で 建造の極秘計画が日本政府に示された。

  いずれにしても本格的には 1970年代のフォード大統領の時代に建造が 本格化され

レーガン大統領の時代には ほぼ完成し その後は 転送システム・解析システムetcが

導入されブッシュ・パパの時代には ロス一族の手下であるロックフェラー一族の私有地

のメリーランド州ミート市内に情報処理センターが ユタ州には保存・管理センターが

建造され 一度に 大量に 個人情報を集積し 解読と評価ができるシステムが完成した。

  さて 日本国民の個人情報は 完全にロス一族につつぬけ 日本政府機関も

その他も・・・ 国会でも厳しい追及が 何度もありましたが 政権は いつも無視するか

後日 調査するとして曖昧にし 放置し メディアも消費税ゼロ円のエサで ダンマリを

決め込んでおり 現状では 日本の民主主義と国民主権は 崩壊寸前といわれます。

  本講義では 国民主権の原点に立ち以上の内容を概説しつつ ロスチャイルド一族の

国家の私物化で日本国民は 今後 どんな生きる方を強いられるのか問題提起します。


資料動画--334--三沢NSA基地ロス一族が日本国民をスパイ--NFS




 




F
肉体
( 永久不滅 )

転生システム









 この地球に肉体を有して転生した方々は 全て限られた人生を生きており 必ず やって

来る 死に向かって生きている現実と対面することが とても大切です。 死とは 人生

の完全終了を意味するのではなく 次なる 別人生の始まりを意味しており 肉体は やがて

消滅しますが は 脳の支配を離れて 更なる精神的な成長・進化のために 地球内の

転生か あるいは 別な太陽系内の惑星か さらには 太陽系以外の銀河系の別な惑星か

( Quality Mind )により 行く道が 多様に枝分かれ( 平行宇宙 )します。

転生の目的と使命 それらを総合的に体験し学び理解して実践的な行為として

物欲な地球社会で たとえ どんなにささやかでもを向上させたか 努力が・・・

死後に中間世界( Life Btween Life : E.スウェーデンボルグ博士やJ. ホイットン博士らが指摘・発見された )

において審議されて 転生先が 決定されると臨死体験者や体外離脱体験者 そして

コネチカット大学医学部内にある国際臨死体験情報センターの約100万件のデータ分析

からも科学的に解明されてきました。 いずれにしても転生は 全て この地球での日々が

記録されていることは ノーベル物理学賞(1999)のトフーフト博士が 指摘した通りであり

宇宙は アカシックコードで ホログラフィック宇宙であり 前世(過去の人生)から現在

そして 次の人生へと展開していく連結した転生であり 未来へもが 影響する

との学説が 有力となりつつあります。  本講座では 以上の内容を各種のデータや

関係資料から解説し 総合科学と未来科学の視点からの理解へと展開いたします。


◆ 資料動画--231--転生とは--Reincarnation Science--NFS

A--転生科学--1-埋蔵経--USS   B-62--チベット転生から現代の死---NFS



 



G
物欲ライフ
(地球物欲学校)
転生の通過点











 この地球は 物欲について学び体験しつつ キチンと実態を修得する惑星。 進んだETI政府

等からも 転生し 生活をしながら研修するとのことです。 欲望は 性欲・食欲・出世欲

・カネ・エゴetcというものがあり 常に自由でバランスある人生だと確信しているのに 自分の

思う通りには なかなか行きませんし コントロールできないことも 少なくありません。

ところで 地球管理人 ロスチャイルド一族の先祖たちは 今から約10億年前に火星

から この地球へ 命かながら逃げてきました。 その理由は 独裁政治で多くの国民を

苦しめてきた時 革命が 発生して逃げてきたとのことであり その時に @悪魔崇拝

A貨幣経済の市場システム  B命軽視の拝金主義  C低賃金労働  D国民監視の

システム  Eその他  を地球へ持ち込みました。  こうして 青森県三沢市にNSA基地

を建造し日本国民を24時間 監視盗聴する富豪の独裁政治へと世界的な新社会秩序を

構築しようと画策し 残念ながら 安倍政権もロス一族の部下として日本国民を破壊的な

文明へと 戦争と金儲けと貧困 そして 国民が 大金持ちの奴隷として低賃金労働へ

社会保障を切り捨て 軍事費を増大し 彼らフリーメイスン独裁の地球文明を構築する政権

として活動していると世界的な研究者たち--政治学者・社会学者・経済学者・経営学者・・・

最先端の総合科学と未来科学 3M`sの視点から鋭く指摘しています。   本講座では

以上の内容について国際的な調査・研究のデータや関係資料etcから吟味・検討し演習も

含めて 最初に基礎を概説し 現代社会の実態として発生してきた諸問題を具体的に提起

取り上げて 説明しつつ 後半では 演習にて科学的な議論をし この諸問題を解決する

ヒントや方策を 地球の未来へ向かう 太陽系の進んだ文明との共存への道を探ります。 


◆資料動画--271-地球管理人--超古代から現代まで--NFS 


A--259--学者と学生などによる戦争法反対の国会デモ---NFS



 


H
後の世界 と
( 質は球体 )




本質は 光球体!!!とは いったい何のことでしょうか。

肉体が 転生により発生し 心は 数万回以上の前世での体験・学び・気づきなどの

記憶を意識(心の一部で C. G. ユング医学博士の深層心理 )するが 日常の生活に 出てこない現象

です。 は 転生以前には 一般に死後の世界で存在し やがて 地上に転生すとの学説

特に チベット仏教では そのような指摘が されています。 しかし 最近の前世科学の研究

や転生量子科学においては 死後の行き先が 現世での精神的な成長や進化という心の質

( Quality Mind )のレベルにより 物欲な 性欲・食欲・社会欲・金銭欲・その他の諸欲の調整と

バランス そして 他者との平和的な共存的なライフ等により---マインドの質が ホログラム宇宙

にアカシックコードとして完全記録され 死後に「中間世界 Life Between Life 」にて審査され

  転生先が 決定( E. スウェーデンボルグ博士・トロント大学医学部教授のJ.L.ホイットン教授ら発見)とした。

ルマ(超古代インドの言語で悪行のこと  命あるものを殺傷したり罪深い行為等をすること)を減らし

質の高いライフへ。日常生活へと変革していくことで精神的な成長へ 欲望に左右されない

知識と心と健康という全体の調和・バランスあるライフへの転換が提起されました。

講座では総合と未来の科学的な視点から転生システムの内容を講義---心が 本質で

それ以外の肉体や環境・遺伝・自我・前世の記憶等は 一つの道具であり 精神的な成長

するための転生での教材。 したがって執着しないこと==転生は宇宙の原点とされます。

最終的には 本質 光球体とする学説の研究成果を具体的に解説し理解します。


◆ 資料動画---ALA-死後生存科学-1-USS

A---死後生存科学--2--矢作直樹医学博士--東京大学救急医療部長--USS

B---248--世界の死科学( Death Science in World )---NFS



I
最高精神
( 宇宙転生システム )






最高精神( Universal Mind )とは なんでしょうか。

 宇宙転生の最先端の研究は 精神医学・臨床医学・臨死体験学・体外離脱学・死後生存科学

中間世界学・前世療法学・前世科学・脳科学識学・意識学・脳神経科学という医学研究と 

量子科学・超光速学・テレポーテーション学・ダーク系科学・ブラックホール学・ワームホール

学・タイムトラベル学・平行宇宙学・量子脳科学・量子転生科学・認知科学・・・・量子科学の

厳密な科学として発展してきました。

これまでのミクロな科学では 真相解明は かなりの困難を伴うことから 総合科学と未来

科学の視点==3M`sの視点から転生現象をミクロからマクロまでの しかも その連結として

心が永久不滅な存在として関与し連結してシステム全体を活性化していくこと これが

宇宙転生であり 現代科学の視点よりも さらに進んだ科学の位置にあり まさに 最先端の

科学研究の未来を先取りした姿と言えるでしょう。  本講座では以上のよう研究成果を

@ 斉藤忠資博士(チューリッヒ大学院博士・国立広島大学総合科学部教授・総合科学者・量子転生科学者etc )

A 奥健夫博士( 東北大学院博士・国立デンマーク研究所・ケンブリッジ大学心物研究所・県立滋賀大学教授etc)

そして BB.D.ジョセフソン博士(ノーベル物理学者)  C N・ボアー国立研究所長(量子科学の祖etc)

D Cの弟子たち  E トフーフト博士(ノーベル物理学者・ホログラム宇宙論・記録宇宙etc)

F 米国家軍事科学計画の科学者たち  G 国立RV研究所の軍事科学者たち

H エリア51の地下基地にあるETIたちの研究施設群  I 同UFO宇宙船開発研究所群

などの10000年先を走ってきたオリオン政府やプレアデス・クラリオン各政府etcの

研究成果を紹介しつつ 今後の地球文明における宇宙転生システム学諸課題

について解説し理解を深め 問題提起をしたいと考えております。



J
MJ-12学
( 専  門 )


国家私物化組織

UFO-ETI隠ぺい工作










 MJ-12とは 何んのことでしょうか-----この地球を管理している闇組織の

最高実力者と言われるロスチャイルド一族が 1947年に トルーマン大統領( フリーメイソン幹部)

に命じて----国家最高機密組織のUFO-ETI隠ぺい工作機関=MJ-12=を結成させた。

UFO-ETIぺいを国際規模で管理・運用するため日本始め 世界中に

NSA基地==全地球人類を24時間監視・盗聴するシュロンを構築しました。

 米国始め 世界のほとんどの国家は ロス一族の私物となり 大統領は 操り人形になった

(ケネディ大統領の暗殺事件は ロス一族が主犯との捜査報告書が存在。 しかし ロス一族は 野放しのままです)。

 日本も 2011. 3. 11. 東日本大災害というロス一族の仕掛けた環境破壊兵器HAARPにより

日本の民主党政権を破壊して=== 安倍政権は 完全なるロス政権の手下になったとされ

国会でも追及されたが 政府は黙認。 青森県三沢市に建造されたNSA基地(1970年代)

そのために準備されたエシュロンであり-----日本人を24時間 監視・盗聴するために構築

したことが E. スノーデン博士らにより告発・証言されました(日本の科学者たちも指摘)

  ところで ブッシュ父・子政権は ロスの手下として選ばれた特権者だけ火星へ移住させる

ことを宣言(1980--1987)しました。  1990-2010年に誕生したブッシュ父・子の政権は

ロス一族の子分として この物欲な地球文明の世界的な支配権を拡大するために

まざまな戦争環境破壊ビジネスを画策。 地球人類は まんまと 火星から地球

逃げてきた(約1億年前に)高知能のロス一族のゲームに乗せられ 株の暴落や石油の暴落

などを工作して・・・らだけが ますます大金持ちとなる政策が実施され膨大な利益を得たが

くの地球人類・国民は 格差と貧困に苦しむ時代へと突入したことが 国際的な研究調査

からも解明されました(さまざまな妨害や暗殺等もあり多くの研究者たちが殺傷されたことは とても 残念です)。

  社会保障制度を破壊し 彼ら金持ちの脱税・脱法を許す格差政策を実施してきました。

 今後 国民の福祉・教育・医療制度は 根底から崩壊していくと推察されます。

 最終的にロス一族のエゴと利権のために多数の人類が過重な犠牲を負う貧困社会を

生み出す・増幅することとなり  しかも その対策をせずに 放置し見捨てる悪質な行為が

・・・国際的な経済学者や政治学者・社会学者・経営学者等により指摘されてきました。

  ところで ロス一族の構成員とされる方々だけ約30万人が すでに この地球を見捨てて

火星へ移住したとの証言が 関係者たちからなされており 着々と進行している!!と見られて

います。 ずれにしても MJ-12とは ロス一族のために組織化された国際的な闇組織

であり らのために地球的な規模で 全人類完全極秘のままで未来決定され 国民

の主権も 人生も 勝手にロス一族に 決定されていくと見られています。

以上実態解明すべく 本講義では 具体的な証言捜査資料・関連資料から解説します。

資料動画

 340--MJ-12---UFO-ETI隠ぺい工作機関---NFS



   UFO-ETI最先端科学院-5 
UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL付属
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象です )


H  P  UASR-01  UASR-02   UASR-03   UASR-04   UASR-06



UASR-07   UASR-08   UASR-10   UASR-11   UASR-12   UASR-15



inserted by FC2 system