UFO-ETI最先端科学院  UFO-ETI Advanced Science Research                        (UASR)           UFO科学大学院( USS )                        B


UFO-ETI最先端科学院-3
UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL付属
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象です )
★ ★ ★


パナマ文書

世界の大富豪たち

脱税・脱法で巨万の富を世界中の隠し金庫( パナマやケーマイン諸島のペーパーカンパニー )に

隠してきました。 そのために 多くの国民が 低賃金の中から税金を払い 苦しい生活をせざるをえなくなりました。

彼らが キチンと 国民としての義務として納税し 政治家が ムダな浪費と高額な給与を返上した透明清潔な

生活をし 国民のために汗して働くならば 不公平な 隠された貯蓄が解消し 地球文明の貧困・格差が

すぐに解決される 大きな一歩となると科学者たちが指摘しています。

今回は 荒廃した 地球文明を構築したロスチャイルド一族のエゴと利権の構造を より具体的な事例を活用した

くどくない分かりやすい経済学・政治学・法学etcの視点から解明する講座を 次のような科目を設定いたしました。




 富裕層脱税脱法科学 ◆ 


( 1 )

パナマ文書学
( 世界の隠し金庫 )







 世界の小島に分散している隠し金庫の存在は 何といっても 英国領地のケイマン諸島

に集中しています。 その総資産は 約30兆ドル( 約3000兆円 )とされ 世界の日本の大企業

の幹部や大物政治家など 国民の納税義務までも放棄して 海外の隠し金庫に投資。

世界を支配するロスチャイルド一族や その子分とされるロックフェラー一族ら大富豪の

さらに 関連する大富豪たちの極秘の脱税・脱法による総資産は
 現在 地球文明が

抱えている諸問題を解決できる 
増税ゼロで国民を地球人類の貧困・格差etcを解決

できると 世界の科学者たちにより 指摘されています。
  

グーグルも アマゾンも 日産も・・・・ 開かれた企業活動を すべきであり 何といっても

大富豪たちのエゴや利権で 多くの国民にだけ納税させ さらに増税を押しつけるのは

はたして健全な民主国家と言えるのでしょうか。   本院の講義では グローバル化の中で

国民だけが 低賃金の仕事づけで 子供にも 生活においても 貧困や格差の被害を

受けてきました。・・・・・諸課題を発生させる大富豪たちの隠された真実を解明し

参加した研究者たちが 地球文明の課題解決に向かう講義をし問題提起したい。


資料動画--284--ロスチャイルドはナゼ--国家を私物化したか---NFS




( 2 )

貨幣経済学
( 地球文明の弱点 )






地球社会の最大の欠陥は 特定の大富豪たちが 国家の介入を受けずに 自在にお金を

印刷し 市場や資本を 彼らの都合に合わせた方法で 世界経済を操ることが 

簡単にできる「
貨幣経済」が存在すること。 ロス一族が その頂点に君臨しています。

本院の講座では 
太陽系文明が 「貨幣経済をやめ 国民の協力とアイディアにより

無料のエネルギーや 生活必需品・・・ 国民全員が 無欲無所有な 階級のない

皆で協力し世話をする 常に 惑星間会議を開催して 全体の諸問題を協議し解決する。

使い捨ての低賃金労働をやめて  労働は一週間に二日間で 生産はロボットがやる。

国民は 好きな得意な分野の義務でないボランティアで 労働は手段であり 教養や

健康づくり 宇宙旅行・・日々低コストの余暇を楽しみつつ 心身ともに健康な文明へ!!!

以上が 太陽系文明の日々の実態と指摘されています。  特定の経営者だけが

儲ける労働をやめ 貨幣経済を解消し・・・精神的な成長・進化を促進することを重視

した高度の文明社会が 存在しているのです。    
地球文明太陽系文明

比較・検討・吟味しつつ理想の文明のありようを講義し 課題提起いたします。


資料動画---285--ロス一族オリオン政府の密約とは---NFS





( 3 )

増税ゼロ学
( 富裕層の納税義務 )









 世界の富裕層をマトメル 最大のヤミ組織のボスは スチャイルド一族 そして  

彼らが 地球文明を作ったとしています。  地球の政治・経済を牛耳り 戦争と市場の操作

で巨額の富---全地球人類の所得の
80%以上を独占し 法人税も 納税も その他の税金も

法の穴・網をたくみに使いこなして 脱税・脱法で 大金持ちになりました。

彼らが 一般国民といっしょに納税すると 
増税は まったく必要が なくなります。

を実現!!!

低賃金と使い捨ての労働では 心身ともに健全な社会・国家・文明の創出は無理であり

高度に進んだ 宇宙連邦政府etcの さらなる 積極的な支援が 欠かせません。

戦争や市場操作など 彼らのエゴや利権に振り回されている限り UFO-ETI隠ぺい政策を

続ける限り 地球文明は 暴力の連鎖による無駄な殺し合い・憎しみ・疑念・悪魔崇拝という

低レベルの人生に留まり 心の質は低下するだけで 限られた人生は 終了となります。

本院の講義等では 現代の地球文明の諸問題を提起しつつ 解決する方法・方策を

税金の無駄遣い と 透明性 国民に高負担させないetc を

探り 確かなる地球改革の計画を提起し 共に 考え実効可能な議論へと展開したい。


資料動画--327--ロス一族が 悪魔崇拝を この地球へ持ち込む--NFS


( 4 )

治家明性学
(政治家の高給与etc)





日本の政治家たちを調査分析すると いかに高給取りであるか 痛感します。

舛添都知事  安部宮城県議会議長  甘利通産大臣・・・その他の議員たち

政治資金規制法
は ザル法と言われ いくらでも脱税・脱法が 可能な法律です。

カネ:金  権力   利権

国民の上にあぐらをかく 独裁者のごとく ふるまう 殿様・天皇等の気分であり

年収は 国会議員クラスで
 100000000( 1億 )円以上であり 国民の生活レベルをはるかに
 
超えた 超豪華な生活をし ボンボンやオジョウたちが 多いことに気づかされます。 

金持ちの富裕層が 納税せずに 脱法・脱税をして海外の裏金庫に投資 !!

キチンと富裕層が 納税すると 一切の!!!

◆増税なし
へ!!! 民の血税=高給与返還!!!

現代の地球文明の抱える諸問題を解決するには あまりに学も 能力も 専門性も低レベル

な状態であり 国民や地域住民に寄り添うことなしに 諸課題を解決することはできません。

彼らの目的の本質は 目先のエゴや利権であることが すくなくない。

何としても 国民主権であり 民主主義の さらなる 質の高い文明の構築こそ必要であり

欲望に満ち溢れた彼ら政治家たちの生活ぶり 日常の金満生活からは 解決力 課題

解消力は ほとんど期待できないと予測されます。 今後は 政治家を科学的に解明し

質の高い文明へ さらなる改革へと展開できる科学と 国民の幸福とは何か・・・・・

新しき視点から すなわち 総合科学と未来科学の視点からの解明が求められます。

権力にあるものは  腐敗する これが 歴史的な事実です!!!

学の治学や済学等は 時代遅れ 鋭い厳密さのある科学研究ではない。 

本講義では より具体的に最新のデータや各種資料をもとに展開し問題提起します。 


資料動画--330---日本SOS!!!---貧困・格差が増大して富豪だけボロもうけ--NFS


A--264--宇宙連邦政府の警告・サポート--戦争法反対!!!国会デモ--NFS



 

( 5 )

軍事費と大学

( 大学の軍事科学とは )








国立大学の法人化に伴い 毎年 研究予算

削減されつづけ その結果として

大学の研究費は とても少ない額へ。  安倍政権のもとで軍事費だけは

膨大な伸びを記録し 大学の研究費のみ削減され 見事に成功したとされる。

社会保障費を減額しての国民軽視の政策で 防衛研究費は一件あたり平均で

4500万円と国民の生活経済を無視した 増額予算とされます。

その軍事科学の研究テーマの応募内容を見ると(
一部極秘 )


@サイバー攻撃に関するもの  Aレーザー兵器の開発  B超小型戦闘機の開発

C宇宙エネルギー発生装置の開発   D高耐久性の材料・ハイテクの開発

Eスパイ探査に関する研究開発    FUFO宇宙船の開発   Gその他


日本は かつて 侵略戦争により 日本国民とアジア諸国民etcに多大な損害と犠牲を

もたらした。  1950年には 日本学術会議は 以上の戦争犯罪の実態を踏まえて

「 
戦争科学研究禁止宣言 」をしました。

しかし 
2016. 5. 26. 日本学術会議

大西隆会長は 「 防衛 と 学術 」の検討会を設置したと発表し いよいよ

大学と軍事科学の研究開発が かつてないほどの戦争ビジネスへとスタート。

その背景には 大学院を出ても研究職のパートや臨時の仕事しかない実態があり

安倍政権の貧困格差の放置の政策があるとされ こうした不安定な雇用状態を発生させ

軍事科学研究へと協力せざるを得ない環境づくりの中で エサが バラ撒かれた・・・

実に巧妙なワナが 仕掛けられており その手法は かつて 米国で
ロス一族

戦争ビジネスを計画的に大学に工作 若者の仕事=高賃金と高額な研究資金を提供して

ボロもうけした構図とピッタシと一致するでは ありませんか。 本講義では 具体的な

資料やデータをもとに分析・調査し その実態を解明した内容を紹介し問題提起します。






 



( 6 )

軍事費 と
JAXA学


( 宇宙平和から戦争へ )










JAXA 器ビジネス

防衛省等は 2004年度以降に JAXA( 宇宙航空研究開発機構 )に対して約50億円

以上の防衛予算が 支給されたとした。 まさに 国民のためのJAXAではなく 国家の

兵器開発に連結する協定をスタートさせており いわば 
国家宇宙機関へと変貌した。

防衛という
宇宙兵器開発に協力した研究開発テーマ(一部極秘)


   
@ 赤外線センサーの開発( 二波長による低高温度電子撮影の装備開発 )  

A 先進光学衛星の開発( 対敵の探査・探知の装備開発・対敵に気づかれない )   

B 宇宙兵器の総合的な開発計画の推進( NASAとの極秘の共同研究開発 )

C UFO宇宙船の開発研究と実用化( 対ETI-UFOに対処する宇宙船の開発 )

D その他

以上のように 
ロス一族が 米国政府を私物化して NASAを直接指令し UFO-ETI

隠ぺい政策を独占的に指導してきた実態が さらに 安倍政権へと拡大・浸透してきた

と推察される兆候が JAXAと防衛省の協定の内容にも読み取ることができると科学者たち

は 指摘しています。  本講義では 宇宙開発の目的は 宇宙の真実を国民に知らせる

ためにあるのではなく 国民に真相解明よりも 富裕層が 宇宙へと進出して戦争ビジネス

で さらなるエゴと利権へと拡大して行こうとする
宇宙基本計画が 設定されていることを

詳細な関係資料から解析し 吟味・検討した内容を紹介し課題提起します。


資料動画---126--JAXA-NASAの隠ぺい政策---NFS







( 7 )

日本大害学
( ハープ破壊兵器とは )















大災害 HAARP

2011(H23). 3. 11.  に発生した東日本大災害は 米国のアラスカ州ガコーナにある国立

環境破壊兵器開発研究所
にあるハープのアンテナ群から 電離層へ向けて電磁波が

照射され 上空に行くほど エネルギーの密度が 高まり 反射した高エネルギーが

正確に震源となった一帯に強く浴びせ いったんおさまりかけた地震の揺れが再開

揺れが長引くことになり 災害規模は拡大 Pm: 3: 00過ぎには 巨大な津波が発生し

押し寄せ 青森県から千葉県にかけての東部海岸一帯を襲い 巨額の被害をまねいた。

この環境破壊兵器の恐ろしさは 東日本の大災害で 約二万人以上の方々の犠牲となり

死亡多数の実態からも 大変な 歴史に残る大惨事になってしまいました。

以上の大事件については 
ハープの軍事科学者たち 五名が 告発の公務証言をされ 

日本政府の高官同様の証言をされた方も少なくありません。 

東日本大災害は ス一族による日本国民支配ロだった!!!!

スチャイルド一族が 日本の民主党政権を倒す極秘の計画が・・・彼らの計画には

日本国民をスパイするために 1970年度から着々と
青森県三沢基地にNSA基地

が建造され1980年度には 完成し日本人の個人情報を監視・盗聴し その情報をロス

一族の手下とされる
ロックフェラー一族の支配するメリーランド州ミート市にある

情報処理センターへ転送され その日のうちに英語に訳され 情報価値に応じた

レベルに仕分けされ 大統領ではなく 大ボスのロス一族に最初に提供されます。

つまり 
ス一族が この地球文明を管理する最高実力者なのです。 彼らの言う

New One Worlds(
新世界秩序 )を構築し 彼らのエゴと利権のために オリオン政府

が サポートしてきました。 
すなわち この地球文明は 望とは何かについて

学なび 研究 創出という生涯教育活動をするために誕生したとの学説が 提起


されています。
  詳細な研究は 今後の研究に期待いたしますが  本院の講義では

ナゼ このような破壊的な地震テロが ロス一族により仕組まれたのかを

これまでの研究成果をもとにして紹介し課題提起したいと思います。


◆資料動画--269-UFO-ETI科学etc--最先端の環境破壊兵器---HAARP--NFS

A料動画--330ご覧下さい!!!






( 8 )

臨死体験学
Death Science
( 限られた地球人生etc )











死体験は 英語で NDE==Near Death Experience と書きます。


臨死体験学は 当初は 精神医学者たちが その後には 量子物理学者たちへと

科学研究は展開していきましたが ここでは 最初に  
I. スティーヴンソン医学博士

(
バージニァ大学医学部精神医学主任教授 転生科学の祖etc ) や キューブラロス医学博士

(
シカゴ大学医学部教授 死科学の祖etc ) レイモンド・ムディ医学博士( ジョージァ州立大学医学部教授


・臨死体験学会の会長etc
)  そして ケネス・リング心理学部長( コネチカット州立大学心理学部長・国際

臨死体験学会の創始者etc
) などの学者たちにより構築されていった学問で 特に 死科学

(
Death Science ) の研究の重要性を社会・医学界に提起され国際的な多大な貢献

---「医学界が 死に行く人たちを前に見て見ぬふりをする姿勢は 医師として問題だ!!

として
キューブラロス医学博士により


課題提起されてから 国際的な科学研究が急速に発展し 現在 全米の医学部では

死科学は 必須科目に指定されました。 死科学の中に 臨死体験学や体外離脱

学・前世科学・死後生存科学等も含まれています。  さらに 完全否定の医学者だった

エベン・アレグザンダー教授( ハーバート大学医学部・脳神経学の世界的権威者 )が 2008年に臨死

体験し生還してから あの世で知り合った人の社会学的調査 と 自身の心臓と脳波の停止

の詳細なデータを科学研究して学術雑誌等に公表された
死後の世界は存在する

公表し否定から肯定へ変更されました。   一方で 量子科学が 誕生し 心と量子の

科学研究が
ニールス・ボアー所長( ノーベル物理学者・デンマーク国立物理学研究所長etc )との


長時間にわたる 自由な白熱した科学議論を積み重ね学問構築へ。 その弟子たちは


@ウルフガング・パウリ博士( ノーベル物理学者・ユング博士と共同で共時性の存在を立証・転生科学)

AW ・ハイゼンベルク博士( ノーベル物理学者・不確定性の原理・観測者の心が物質の位置を決定等)

Bポール・ディラック博士( ノーベル物理学者・心と量子は相互に作用・量子科学と転生科学)

この世」 と 「あの世」との関係を量子科学の視点からデビットボーム物理学博士

(
ロンドン大学教授・量子物理学者・心が量子に関与して転生する・転生科学等 )が 解明され課題提起 

さらに
J. A. ホィラー教授( ブラックホール等の名づけ親・テキサス大学・プリンストン大学物理学部長etc )

タイムトラベル平行宇宙の存在を実験で証明( 1990年代 )され

イラー博士は 優れた教育者としても知られ 学生たちのアイデァや総合・未来科学

の視点を高く評価し 最先端の量子科学を発展させ ノーベル賞の科学者たちを多数

育て上げており 常識や定説にとらわれることなく 常に新しき考え・発想を尊重した

最先端を行く トップレベルの教育者であり 科学者でした。

その弟子

@
R. P. ファインマン博士( カリフォルニァ工科大学教授・ノーベル物理学者・ナノ工学の祖・転生科学等 )

A ヒユー・エベレット博士( プリンストン大学院博士・1957年に「平行宇宙」を公表・転生科学・国立研究所 )

らにより 量子科学の最先端の研究成果を踏まえた内容を紹介し
NDE特性を解説し

転生現象を
医学量子科学3M`s視点から総合科学的な研究成果を講義しl理解します。


資料動画--@-10--キュブラロス博士--NFS     A-3--キュブラロス医学博士--NFS


B-99--限られた人生(現世)--I.ティーヴンソン医学博士etc--NFS






( 9 )

ロシア
UFO-ETI学

( 最先端 の 科学成果 )









シアUFO-ETIの研究レベル トップクラスで 

世界のトップ
とも言えるが 国民には

知らせない完全なる隠ぺいで進められてきました。 知りうる立場にいた幹部たちは

国家機密であるため 厳しい監視下で 一切を他言することが 禁止されました。

ロシアの共産党政権は

極秘の中で太陽系政府と 銀河系政府 特に 
金星政府とウンモ政府と極秘会談をし

世界で最初の人工衛星の打ち上げに成功。 さらに 有人宇宙飛行にも成功 そして

世界初の女性宇宙飛行士
ポポビッチ・マリーナ工学博士( UFO-ETI科学者・宇宙工学博士)等が

誕生し・・・・・ ロシアが 地球人類史上 初の宇宙船開発に 成功いたしました。

ロシアのUFO宇宙船の開発は 
日独が共同で UFO宇宙船の開発をアルデバラン政府

サポートで開発に成功した( 1933-1945 )情報を 戦後 米ソの情報機関が いち早く

入手し
機密文書( KGB-FSB-BNDetc )には 詳細な記述が確認され  ロシアは

金星政府ウンモ政府と交渉し 積極的なサポートを受けました。

具体的な真相については さらなる詳細な科学的な研究が 期待されています。


1917年のロシア革命で 新しい社会体制が 構築され 期待もされたが

血の粛清でしか体制を維持できなかったため 共産党幹部たちは 独裁だけでは

資本主義体制の カネと権力と 利権に飲み込まれると危機感をもつようになり

1000年以上も先を行く宇宙文明には 大変な関心と協力を要請した実態

各種の機密公文書や 幹部たちの証言etcから解明されてきました。 

講義では 以上の内容を 
@V. アジャアジャ博士( 国立UFO研究所長etc )  Aチェルノブロフ

博士
( モスクワ工科大学教授・大統領科学顧問etc )   BP. マリーナ博士( 世界初の女性宇宙飛行士)

C
メドベージェフ博士( ロシア大統領・歴史学者etc )   Dその他の科学者たち 


 具体的な証言や関係資料から事実を紹介しつつ 真相解明と課題提起をいたします。


資料動画---03--ロシアUFO宇宙船--NFS     A--04--ロシア宇宙船--NFS





( 10 )

心質向上学
( Quality Mind Logy )







この講座では 全ての生命体は 必ず 転生をくりかえし 精神的な成長へと展開するとの

研究成果を踏まえた具体的な内容について紹介します。
  自然の一部である地球人類は

具体的には 特別な存在ではなく 今回 紹介する 野鳥の転生においても 物欲な地球で

卵を産み エサをやり 天敵から子供たちを守りつつ 誠実に子育てにかかわります。

その感動的な画像等を資料として ご覧いただきながら 心質向上(
Quality Mind )の実態

解明へと迫っていけたらと考察しつつ課題提起いたします。 よろしく お願い致します。

地球人類だけが 転生しているのでは ありません。 そして この宇宙には

高度の文明を有する
知的生命体( ETI )も 無数に存在していること等を課題提起します。


資料動画 332--UASR特別企画---NFS



( 11 )

宇宙平和学
( 戦争経済と生命尊重 )








地球文明は 太陽系の中で 最低レベルの戦争と貧困 そして 命よりも金儲け

 第一とするエゴと利権の支配する大金持ち主権の---その管理人は
ロス一族です。

彼らのために制度であり 隠ぺい政策が 構築され そのお金は 脱税や脱法で得た

不正なる巨額の資金であり パナマ文書etcで有名になった隠し金庫を世界中に作った

方々なのです。 この講座では 三沢NSA基地の建造の目的と日本国民を24時間

スパイして集めた個人情報を集積し情報処理して 全て
ロス一族に提供されてきた。

本講座では ロス一族の支配する
カネ・情報・権力・ハイテクな兵器・UFO-ETI隠ぺい

太陽系ETI政府間と宇宙の交渉してもエゴと利権でポイ捨て・・・講義では

 ロス一族の実態と地球文明の諸問題を解明し 解決への道を探りたい。



資料動画--334--三沢NSA基地は日本国民をスパイした!!!---UASR特別企画


A
-106-Universal Mind--心--1--NFS   B-108-Universal Mind--心--3-NFS
 

( 12 )

遺伝子工学
( 人類のロボット化 )




本院の講座では 国立ロスアラモス研究所とエリア51-S4内の地下基地に巨大な国立UFO

宇宙船研究所
において オリオン政府との密約によるサポートがあり 1980年代にロス一族

(
地球文明の創始者・地球政府の実力者etc )の指令で地球人類の奴隷化・ロボット化が 国際的な規模

で実施することを決定し オリオン政府もアブダクションを実施し地球人類の遺伝子操作で大量

のハーフを増産し 胎児の頭脳にインプラント(
頭脳をコントロールするチップetc)し成人にも

チップを埋め込みマインドコントロールの実験を繰り返し成功したことが 多くの研究者たち

により告発・証言され 次第に実態が 明らかとなってきましたので紹介します。 これまでの

地球人類のマインド・コントロールの実態と今後の諸課題について問題提起いたします。



資料動画 191--R.キルディ医学博士( WHO医療部長etc)の証言---NFS





B
UFO-ETI最先端科学院( UASR )
UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL付属
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象です )


H  P   UASR-01   UASR-02   UASR-04   UASR-05    UASR-06



UASR-07
  UASR-08   UASR-10   UASR-11   UASR-12   UASR-15



 
inserted by FC2 system