UFO-ETI最先端科学院  UFO-ETI Advanced Science Research                        (UASR)           UFO科学大学院( USS )                        A


最先端科学院-2




宇宙には 地球文明だけが 存在しているのでは ありません





 
 



UFO-ETI最先端科学院
(
UASR )
と は

本院では 宇宙と地球文明の相互関係を解明する 最新・最先端の講座が 開講されています。

未来科学の学び 研究のレベルは 一般市民を対象とした 生涯教育機関として市民科学者たちを

養成する最先端のUFO-ETI科学について生涯にわたり 学び・研究し続ける教育機関です。

なお 本院は 文部科学省の所管の教育機関ではなく 国家から独立したNGO

国民主権 民主主義を基本とし 宇宙の知的生命体(ETI)に開かれた

100--10000年先をゆく高度の宇宙文明・宇宙平和

に関する学び・研究を推進し創出する

ために創建されました。

  A

以下に 本院が 開講する科目を紹介させていただきます。


 宇宙文明 

( 1 )
太陽系文明学

( 金星から冥王星まで )




太陽系の全ての惑星と衛星 そして 小惑星の一部には 地球文明よりも数千年も

進んだ超高度の文明が 存在しています。 太陽系ETI政府高官らは 極秘の会談等で

かつて 彼らも 物欲に振り回されて 何度も核戦争を繰り返したと証言し 地球の課題は

太陽系連邦政府に所属する全ての住民・国民の問題であり 太陽系の平和と安全 そして

公共の幸福を実現するための過去何度もサポートを続けてきたと証言。 NASAやCIAetc

の交渉公文書にも その具体的内容について記述。  本講義等では 実態の存在を

確認し 我が地球文明の抱えている諸問題解決の方法を探りつつ 未来に生きる

若い世代の為になる物欲文明の課題と解決法を含む太陽系文明について講義します。 

演習等では 政府の公文書や関係者の証言 そして一般市民の証言も吟味・検討し 真実を解明します。


資料動画--247c-宇宙ETI連邦政府---NFS


 



 
( 2 )
河系文明学
( 100種のETI政府 )










現在 地球に来ていらっしゃる超高度の宇宙文明の総数は 100種類以上とされ

ますが 米国・ロシアなどと政府間の交渉をしているのは ますます増えて きました。

ドイツや日本 フランス・英国 そして 中国も交渉をしていることが 判明しています。

この講座では 地球外の知的レベルが 地球文明よりも 数千年以上も進んでいることや

これまでの銀河系連邦政府と地球人類との関係や 物欲とロス一族の一体性などについて

さらに 一般市民との交流の実態と 世界的な現象の証言や 具体的な内容についても

詳細について吟味・検討しつつ地球文明の課題と 宇宙文明の進んでいる内容と どのよう

にして諸問題を解決することができたのか 現実のケースを参考として解決法を探って

まいります。
  その他 銀河系政府の特性についても講義いたします。


資料動画---262--超高度の銀河文明---NFS

 
 

( 3 )
地球文明学
(ロス地球物欲学)






 


 地球文明は 特権者==大富豪たちによる管理社会です(ロス一族の文明)。

 その特徴は

太陽系文明 銀河系文明の中で 最も遅れた物欲文明です。

以下 ポイントは 次の通りです。
     @国家が私物化された独裁政治

Aエネルギーは 高価格  B金持ちだけが得する社会  C戦争と金融のビジネス

D低賃金労働で貧困・格差  E肉体に縛られた高負担社会  F転生システムが

解明できない学問  
G仕事づけの競争ロボット文明  H差別と偏見にみちた

社会生活  
I学問は 金儲けの道具  J本質が肉体にあり 死のタブー問題

K
脳が心をつくるとし 相対性理論に 完全に支配された物質主義な人生・生活へ

L
地球人生は 死により完結とする仮説を信仰し 学問的な知見のない遅れた実態

M
宇宙転生での体験を生かすことができず 目先の利益に縛られやすい人生

N
その他   以上を詳細に解説し 科学的な視点から講義いたします。


資料動画
--310--人類を監視するロスチャイルド---NFS



 



( 4 )
金星ETI文明学










 金星文明は 地球文明よりも数千年も進んだレベルにあり その特徴は

広く 太陽系の文明 そして 銀河系の文明において 連結し 共有されています。

以下 ポイントは 次の通りです。
     @独裁政治は 存在せず

Aエネルギーは 完全に無料  BUFO宇宙船の実用化  C欲の地球文明を警戒

D国民主権と民主主義の徹底  E肉体次元から心的次元へ  F転生システム

の学びと心質向上  
G戦争と競争のない平和な文明  H一切の差別と偏見のない

社会生活  
I学問は 科学と精神の調和と進化にある  J本質は肉体ではなく

心の質にある  
K
心のOBE(体外離脱)により平行宇宙の 完全な無料な生活へ

L
地球の人生は 転生の通過点であり 前世での心の質により転生先が決定される

M
宇宙での転生は 何百万回以上も繰り返し 人種・性・性格・境遇・・・・を体験

N
その他     以上の点を解説し未来科学と5M`sの視点から講義します。


資料動画---227---金星政府と日本政府---NFS


 






( 5 )
月ETI文明学









 
日本の月探査船「かぐや」が 撮影した膨大な画像や各種のデータetcを 日本政府は

国民に隠したままであり 公開された関係資料は 全体の
10%にも満たない状態です。

JAXAは 国民ではなく 
日本政府NASAのUFO-ETI隠ぺい政策に協力しており

今のままでは 国民主権や民主政治を否定する立場にあり 危険な立場にあります。

月の高度に進んだ政府や文明の存在は すでに古文献etc等からも 700年代には

存在が 確認され 
地球文明を取るに足らない物欲文明とし 太陽系の高度の

文明での犯罪者たちの流刑の場 欲望についての研修の場として位置づけられた

内容を示す記述等が 確認されてきました。 
文明を持つ惑星は 地球だけではない。

JAXA
の 国民の知る権利 ( 人権 )を いつまでも無視する政策は 許されません。

 
以上の内容を詳細に具体的な資料から吟味・検討しつつ講義いたします。


資料動画---328---月に高度の文明が存在---NFS
 





( 6 )
火星ETI文明学













NASAはじめ 世界の宇宙研究機関は 膨大なデータや映像を各国民や地球人類に

情報を公開せず これまでに約
5%の情報 (UFO-ETIの部分は エアー・ブラシで修正

とても不自然な画像や生の映像が あっても公開せず デジタル化したイメージ映像を

出すに留め
) 全体として95%以上の映像やデータ その他の関連する資料は完全に

厳重に管理して 現在も 一切 公開していません。 公開したものは 全て修正された

加工されたものに つまり 火星の高度な文明の存在を否定へと導くための加工映像

しか 公開せず 
米国のNASAの科学者や その他の科学者たちが 情報公開裁判

を毎年 提訴しています
( UFO-ETI裁判やNASA裁判 )。 
 

本講座では 米国政府を私物化し NASAの政策 すなわち UFO-ETI隠ぺいを指令

している
ロス一族の実態を解明しつつ 地球外の高度の文明は 存在せず意図的に

工作してきた実態を具体的に分かりやすく講義いたします。

最終的には火星に 地球人類の源 起源があることを立証する資料

等をもとに真相を解明いたします。 


資料動画---161--極秘の火星移住---NFS    A-288--火星政府と日本政府-NFS



 
 



( 7 )
国立海軍
ETI研究所学

( B. マカビー所長 )












 ブルース・マカビー博士は 長期にわたり 米国立海軍兵器開発研究所で 

所長として勤務しつつ 
UFO裁判の原告団長として 科学者として 情報公開の推進

地球外生命体(
ETI )の存在を隠ぺいするのは あってはならないこととして

科学的な研究と実態調査を推進してきた方です。 

マカビー所長は 多くの科学者や市民らと協議を重ね 真相を解明するため情報公開

裁判を 毎年 提起され 米国政府を私物化したロスチャイルド一族と その部下の

ロックフェラー一族が 
@彼らの祖先の源が 地球外の文明にあること

A太陽系の全ての惑星に高度の文明を持つ生命体が 存在すること

B銀河系のほとんどに地球よりも さらに進んだ文明が無数に存在すること

C
以上の真相が 全人類に知られると現在の体制が 崩壊すること

D 以上の結果として UFO-ETI隠ぺい政策を徹底してきたこと

Eエリア51始め 米国の軍事基地の地下は ネット状に連結し 100種以上の

宇宙政府の大使館が 地下施設等で在住し交渉等をしてきたこと


以上の実態を詳しく・具体的に諸データや資料をもとに講義いたします。



●資料動画---国際ETI事件学---5--USS



 


( 8 )
NASA
科学顧問学

( R. ホーグランド博士 )










NASA科学顧問のR・ホーグランド博士は 30年以上をかけて 隠されてきた

月・火星・エウロパ
等の真相解明のために多数の科学者たちと 太陽系文明調査

研究計画団体
を結成し 原画像を修正 データ改ざんetcの隠ぺいをしてきた

NASAに対して 隠ぺい工作を止め 国民に正確な情報公開を!!!と NASA裁判を

何度も提起
し勝訴もしました。  NASA側は 国家機密をタテに隠ぺいは必要だ!!!


として 非公開を主張したが 軍事科学者や一般の宇宙科学者・その他の研究者

等からも 
NASAは 国民に地球外の高度の文明を立証する膨大な資料を隠した

との証言が 相次ぎ ついに NASA長官らは 選び抜いた画像etcを公開した。

しかし

関係するNASAや宇宙飛行士たちは 
95%以上の火星や月・金星・木星・土星・

エウロパ等の高度文明を立証する資料が 厳重に隠されたままだと 裁判で告発!!

現在も 
リチャード・ホーグランド博士らは NASA裁判==情報公開裁判を提起。

結果として 
司法裁判所は 高度の文明が存在することを公認。

しかし 公開するとパニックが 予想されるとしてNASA側の主張を認め 非公開とした。

この件でも 影の実力者 ロス一族の関与が指摘され 地球人類の主権を軽視した

独裁者の圧力に屈したとして 情報公開裁判が さらに提起されました。






( 9 )
太陽系連邦政府
との交渉
( ストレンジ交渉官の証言 )








1957. 3. 16. ワシントンDCにて太陽系連邦政府と会談が開催。

会談には フォレスタル国防長官 アイゼンハワー大統領  MJ-12:国家最高機密委員会

CIA :米国中央情報局  FBI : 米国連邦捜査局  NSA : 国家安全保障局: などの幹部 

太陽系連邦政府からは 11人の各国政府高官等が出席しました。 

以上の交渉内容は 
ドナルド・キーホー少佐フランク・E・ストレンジス交渉官らが

核兵器・軍縮・貧困・格差・・・地球物欲社会が 抱えている諸問題について

地球文明の崩壊が 近いことを 具体的な内容が提示されて 分かりやすく解説された

ことを証言しました。  そのために 後に CIA-NSA-FBI-etcらの隠蔽工作が展開され

以上の勇気ある軍関係者や政府高官らに対するイヤガラセの工作があったとした。

その結果として
 UFO-ETI情報の隠蔽工作が成功し ロス一族のエゴと利権構造が

国際的な規模で展開されるようになっていった。

本院の講義では 真相解明が 目的であり さまざまな資料を総合的な 未来科学的な
 
視点から 吟味・検討をした結果を公表し さらなる 新しい展開を期待したい。




 



( 10 )
ネディ
大統領学

( 地球改革計画 )











 1962. 3. 24. ケネディ大統領は ワシントン郊外にあるラングレー空軍基地で

金星政府・月政府・火星政府・木星政府・土星政府の関係者たちと会談しました。

ケネディ大統領が ラングレー基地で 太陽系の連邦政府の訪問者たちを出迎え

数時間にわたり 核兵器や軍縮 貧困・格差などの問題について 進んだ太陽系文明へ

と接近できるような具体的な方策について検討・吟味した計画案が提起されました。

この会談で示された「
地球改革計画」 に大きな自信を得 推進することを誓った。

@太陽系の全惑星に水・空気・緑・・があり 高度の文明が 存在していること

Aカネのかからない貧困・格差のない高度の文明が 確実に存在すること

Bロス一族の戦争経済をやめ 平和のための宇宙経済を実行すること

C高度宇宙文明の存在は 隠ぺいすべし!!とのロス一族の主張を認めないこと

さらに
D 1962. 3. 26.--28. ケネディ大統領は
土星政府・木星政府の招待で会談に参加。

土星・木星政府は 太陽系の中で 超高度に進んだ宇宙文明を有する社会

地球文明が ムダな戦争と利権により いかに地球文明を破壊したか

過去の映像を見ながらケネディ大統領は 学び・理解を深めた結果

地球文明のより良い未来へ向かって推進する!!と決意を表明した。

以上の内容について具体的な資料やデータを踏まえた講義をいたします。




 



( 11 )
英国麦畑
地上絵学










地球の管理人 ロスチャイルド一族が 在住した英国において 

1980年代からミステリー・サークル( 麦畑地上絵 )が 多発するようになり その図形等は

年々進化し 当初は 人が 足で麦畑を規則的に押して折り曲げてニセ物を形成したが

人工のものは 麦の茎を傷つけるため収穫ができず いたずらした方々には被害を受けた

農家から賠償請求されました。 しかし 本物は 決して傷をつけず茎を曲げることで形成

し キチンと収穫することができました。 ミステリー・サークルの麦の結晶や特性を調査

分析した英国HSC研究所のスペルマン所長の証言によると 普通の麦とサークル内の麦
 
とでは組織の細胞レベルで違いが見られるとしました。 その他 高度の知性を持つ文明

の関与は 否定できないとしました。  英国政府とニック・ポープ国防省官僚らは

地球外生命体(
ETI )の関与についても証言。  本院では 英国のUFO-ETI政策を

を踏まえた実態に迫る講義をしたいと 
10年間の研究成果を紹介いたします。




 



( 12 )
宇宙文明
( 宇宙飛行士たちの証言 )




 







ポロ計画は UFO-ETI隠ぺい策!!! 

アポロ宇宙飛行士は 月ETI政府の迎えを受けました。

@1968. 12. ラベル宇宙飛行士は 月にサンタクロースが存在すると報告。

 サンタクロースとは 月の宇宙船基地のことであり ラベル宇宙飛行士は 

月の裏側には 月の政府や文明都市が 存在すると 証言し 報告しました。

A1969. 7. 21. アポロ11号のアームストロング船長とオルドリン飛行士は

月には 政府と文明が 存在し 彼らと会見したことを報告しました。

B 以上の証言について ロシアの国立UFO-ETI研究所の所長である

ウラジミール・アジャアジャ教授は 米ソの密約により月には高度の

文明が存在していても否定することが 合意されていたと証言

C ボーマン宇宙飛行士やアーウェーン宇宙飛行らは 月には水・空気

・緑・人工建造物・政府・文明が 存在すると公務証言しました。

以上の内容は 具体的な資料やデーターから講義を展開いたします。 




 

            UFO-ETI最先端科学院  UFO-ETI Advanced Science Research                        (UASR)           UFO科学大学院( USS )                        A


H  P   UASR-01   UASR-03   UASR-04   UASR-05   UASR-06



UASR-07   UASR-08   UASR-10   UASR-11   UASR-12   UASR-15



inserted by FC2 system