I

Universal MindLogy

最高精神学



UFO科学大学院( USS )付属
5年制( 大学院修士以上のレベルの方が対象です )




 
@



最 高 精 神 と 転 生 システム

最高精神( Highest Mind )とは いったい何なのでしょうか。

これまでの最先端の科学研究で判明した内容を紹介いたします。

  新しい学問研究分野として臨死体験学 転生科学 体外離脱学 臨床医学 転生医学 前世医学 量子科学

 量子転生科学 転生システム科学 その他の諸科学の最先端の研究成果によりますとのようになります。

 医療技術等の進歩により死んでも生還するケースが 増えてきました。

これまで約100万人以上の国際的な臨死体験の科学データ分析から国籍・性・学歴・地位・障がい・・

一切に関係なくのような点が 指摘されています。@ 死後の世界が 存在していること A 全人類は 平均して

一万回以上の転生を繰り返してきたこと B 地球ライフへの転生とは 物欲についての実態を体験し課題を理解

すること C 転生の目的は 欲の実態学び・研究心の質を向上させること D 心の質を向上させる方法を発見

すること E 欲ライフに疑問・気づきをもち解決方法を探ること F 欲に惑わされなくなると地球ライフは 卒業となること

 G 地球転生を卒業すると心質の高いレベルの太陽系文明に転生すること H 太陽系の文明で心の質を向上させる

生活・学び・研究をすること I 太陽系内での精神レベルを修得され生活や社会に貢献できる時は 卒業となること

K 卒業後はさらに最高精神ぶべく銀河系内高度文明転生すること L 総計約数万回宇宙

平和そして一切エゴと利権物欲世界から卒業した時に完了となること M 心が 本質で 肉体は 転入時の

具ということ N 以上の現象には 最高精神が 深くかかわっており 転生システムとして全てが連結し心が 量子

に影響して展開していること



  最高精神は転生システムを生み出し全ての宇宙生命体の心の質( Quality Mind )を向上させるとともに

現象に深く関与しており転生現象は地球というミクロな次元から広大な銀河系以上のマクロな次元にまで

連動していた 重要なライフの本質であることを紹介させていただきました。

 内容としては最高精神の入門にすぎないかも知れませんが 今後 最先端科学らに 発展するのは

確実であり地球人類の生き方・文明の構築・未来社会のありようへと重大影響を与えるのは時間問題だ!!!

と課題提起されています。

  以上の科学研究に貢献された科学者たちは 無数にいらっしゃいますが 主な方々は


先端 の 子科学etcを 拓された学者たち



 ニールス・ボーア所長(ノーベル物理学者)  ウルフ・ガング・パウリ教授(ノーベル物理学者)

  ポール・ディラック教授(ノーベル物理学者)  デビット・ボーム主任教授(ロンドン大学院)

  ブライアン・D・ジョセフソン所長(ノーベル物理学者)  J.E.エックルス教授(ノーベル医学生理学者)

 リチャード・ファインマン教授(ノーベル物理学者)  フォン・ノイマン局長(米国家軍事科学局長)・・・


  その他の研究者たちも 以上のような転生現象の科学研究の発展に多大な貢献を

してこられたことを紹介いたしました。

  なお 最高精神は 地球人類をはるかに超えた高度の文明を有する方々とされ

 最終的には 地球人類の全ての方々が 最高の精神へと進化・成長していく流れであり

 全ての宇宙生命体の愛と平和のために一切の目先の欲から離脱し心の質( Quality Mind )を

向上させ完成へと展開するのが 転生システム( Reincarnation System )ですよ!!! との学説が

有力となってきたとされます。


では

 みなさまの残された地球人生をもとに科学的に考察するとともに  貴重な毎日の生活の中で展開される

さまざまな物欲との関係で悩み 苦しむ 主な出来事を取り上げて 演習を実施し 何が 問題で 何が 解決法か

諸体験を踏まえつつその現象を冷静な科学とアートの視点から総合科学未来科学の視点から

吟味・検討し心の質を向上させていく最高精神を大切にされ さらなる 発展へと

学び・研究を推進していくための高度な学術論文へと記述するためにミクロな量子からマクロな銀河宇宙まで

極めて多様で複雑化した現象を 体系化・構造化しつつ 理解を深めていきます。

この演習では最新の研究成果をもとにスタートし引用文献や基礎的なテキストをもとに研究の構造を

体系的に分析し統合するスキルを磨きます。 そして 演習の最終段階では オリジナルな研究テーマを

設定するための議論や研究討議をし中間研究の発表をして講評と研究の指導を受けます。

以上の流れの中で高度研究博士にふさわしい優れた最先端の学術研究の論文として完成して下さいませ。

  どうぞ 今後とも よろしく お願いいたします。

動画

 336--最高精神とは 何でしょうか ---Ngo未来大学院---UASR---USS



 
A





太 陽 系 転 生 学
< 1 >
( 高度な明へ )

これまでの最先端の科学研究の成果として 次のような結果が 提起されました。

物欲な地球文明において一切の損得なしの物欲な出来事に左右されない方法を見い出し

日常生活において一切の欲望に左右されない生き方を実践し( Quality Mind )を高める日々を

送った

実践することに成功した方々は地球転生完結することになり卒業となると指摘されています。

転生先は太陽系内のい天体と言われております。 

特に 様々な歴史的な関係で深い関与 物欲なゆえに 戦争や殺傷が たえることがなかった地球SOS!!!

発生するたびに愛と平和と希望の視点からボランティア活動で多くの危機からってきた金星文明

火星文明 月文明 土星文明等転生先として多くのケースが確認されたと課題提起されています。

NASAの科学者たちの中には情報公開裁判や公務証言の中で水星から冥王星まで全ての惑星には

地球よりもんだ文明が存在していると指摘し95%もの情報を隠していると勇気をもって告発した科学者たち

が 少なくありません。

らに米国だけではなく日本を含む最先端の諸外国の科学者たちも宇宙飛行士たちもしいかん口令

を受けたと証言。 いつまでも地球人類に真実を隠すのはかしいっていられない!!! と厳しく批判。

情報隠ぺいなど国民権利尊重して人類のために真相を公表すべきだ!!と訴え共感を連帯を得ました。



火星で確認された高度な建造技術と知的生命体の存在 地球人類以上のレベルと推察された人面像など

太陽系にも高度な文明を持つ宇宙政府と国民が すでに 米国と各国政府が 知っており裏交渉している

との告発と真実を示す各種のデータや資料・情報等の存在すら隠ぺいする政策を具体的に指摘される時代

えつつありったいのために真実を隠さねばらないのとの課題提起が なされました。


から@アジャアジャ所長(ロシア国立研究所) Aケネディ国大統領 Bオーベルト所長(ドイツ国立研究所)
 W.v.ブラウン博士(米国NASA長官)などの他 複数の関係者たちが国民や全人類に問題提起 

以上のような最先端の研究動向や司法・政策・・始めとする社会変革の動向などを理解しつつ国民主権

軽視 低賃金労働や貧困・格差の放置そして少数の超富裕層の政治・経済等への介入・支配の拡大

良質な民主国家への改革やUFO-ETI隠ぺい政策への否定 国民学び・研究という生涯教育推進などを

拒否するロス一族世界支配独裁化 ヤミ政治・経済独占化(新世界秩序)地球文明諸課題解決せずに

らのエゴ利権のみのために長らく続いてきた誤った諸政策は 根本から改革すべきと提起されました。


太陽系連邦政府からの度重なるETI交渉における改革要請を拒否すべきでは ありません。

今こそ 地球人類の要請に 改革による より良い地球の未来の実現のために損得なしで改革を

超富裕層の皆さんが 先頭をきって 推進すべき時代と言えるのでは ないでしょうか。

ロスチャイルド一族のみなさん および 関係者の皆様 よろしく お願い致します。
◆        ◆
 地球人類の総所得の80%以上もの所得を超富裕層が独占している現実は地球SOS!!!の原因であり

この重い病理を一日も早く治療改善し 地球人類の未来のために一部一族のための利益ではなく

全地球人類の平和のために全宇宙政府に共感され支持される質の高い地球文明を構築するために

れきった物欲な地球文明を一日もはやく 解消するための改革計画を直ちに実施すべきでしょう。

本院講義では以上の内容についてより具体的な関係資料・最新の情報・データから解説し

合科学と来科学の最先端研究成果の視点から演習を実施研究スキルを修得させ自主的に

問題を設定し研究法を知識・先行研究の調査・検討・文献の検索・資料整理・その方法を修得します。

その結果として

信頼性のある完成度の高いオリジナルな学術論文へと個別指導と学際的な議論・吟味・検討を指導し

サポートしますので日々の研究の積み重ねを よろしく お願いします。



 
B




陽系生でのなび

< 2 >

太陽系の各惑星で 心の質を向上させること そのための学び・体験・理解・不足な部分の研修を

するために特に地球転生では 肉体を有した物欲の生活体験からの学び・体験・理解・・に留まっていましたが

太陽系では

精神的な成長や進化を促進するためのボランティア活動を・・太陽系では 物欲の実態を踏まえた欲望との

調整・バランス・・そ・・太陽系では 肉体を有しない( Mind )= 光球体= Light Sphere

としての存在です。 との関係を理解した上でまざまな学びや体験 これまでが 地球内部の人間

生命体としてされた制限された情報の中で管理され飼育されてきた現実の本当の意味・実態を知ることと

なります。 レプタリアン政府とオリオン政府の指導管理の下でロスチャイルド族が 地球文明を

構築その労働力として地球人類が誕生したことの科学的な知識と具体的な体験を基に理解していきます。

そして

れを踏まえた太陽系での転生の目的や人生の本質ただ働くのではなく自分だけの幸福その他のエゴ・

利益・利権・その他のとても狭い欲望の実態等についてボランティア活動しながら精神的な さらなる成長

進化するための さまざまな課題について修得することとなります。

そして

卒業するまでに9惑星のうち最終的には 太陽系で最も精神的に成熟した高度の文明に達している

金星政府土星政府についての研修を受けることとなり れらの惑星での学び体験・理解・・

に至ると太陽系での転生の目的が達成され研修プログラムが修得されたとして卒業することになります。



本院での

講義では 以上の内容についての解説をし その裏付けとなる米国・ロシア・中国・日本・EU・・

@政府高官 特ETI(太陽系の政府との交渉官)対交渉官らの関係資料 ANASA軍事科学者・宇宙飛行士

Bロシア宇宙飛行士・KGB-NKVD-etc  C中国の関係者等の証言・関係資料 Dの他の研究調査

をもとにしたデータ等を活用した情報 そして 太陽系のETI政府との直接な交渉等による証言etc

を踏まえた科学的に質の高い演習と研究発表を実施します。

10000年以上も進んでいる宇宙文明から最先端の学びと研究 そして しき宇宙転生の実態を皆さんと解明。

未来科学と総合科学の視点から研究成果とし宇宙転生科学の学問を構築することになります。

どうぞ よろしく お願いいたします。

動  画

 2017-1-1--New Year Reincarnation in Universe--新年の宇宙転生!!--Ngo未来大学院--NFS


 
D



河系 の 生学

太陽系での研修が 完了すると 二つのコースに分かれると推察されています。

結果が どうであろうとも 全宇宙生命は 程度の差があれてが平等です。 そして格差と貧困最高精神の

文明では 完全には 存在しません。 しかしまだ地球文明のような物欲な文明では存在し 多くの課題が

未解決となっています。 たがってさらなる研修をして最高なる精神を修得しようとする方々は さらに銀河系へ

1000億以上の超高度の文明について学び・研修し奉仕し研究し・・続けるのは の方の希望として尊重されます。

希望が あるものの 自身の生き方を吟味・検証しつつ 後日 あらためて希望することも可能とされます。


宇宙ステム

無限のシステムであり 完結することはなく クラインのようにミクロ次元とマクロ次元が 連結し 心と

宇宙は連結し 内の心は 巨大な外部とも連結。 裏も表もないというオープンで全てが 連結し

しかも 宇宙の全生命体のライフは すべて宇宙のアカシックコードに記録されます。

そして

新鮮な血液の循環のごとくに永久不滅に展開する転生現象であり肉体の死亡には一切 影響されません。

しかも

最高精神は 一度 達成したから完結するとは らず その都度に必要に応じて何度も繰り返され 常に

最高精神へと向かう 展開しつづける転生システムとなっています。





本院での講義・演習・研究指導等は

以上のような内容について最先端の研究成果からのデータや関係資料を

フルに活用して進められますので 世界レベルの学び・研究・創出へとサポートを受けながらの

世界最高水準の生涯にわたる高度研究博士を提供したいと思います。 


 
 
 

 
I






UASR-01    UASR-02    UASR-03     UASR-04
 

H  P    UASR-05     UASR-06    UASR-07     UASR-08  



UASR-11    UASR-12    UASR-15    UASR-16     UASR-17



inserted by FC2 system