★  

   UFO-ETI Advanced Science Research               ( UFO-ETI最先端科学院 )                     -- UASR --   UFO-ETI最先端科学院                   E
UFO科学大学院( USS )
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象 )

未来科学の最先端の研究成果を このコースで学習し 国内の視点から宇宙の視点へ 超能力に隠された真相
解明の科学研究の成果と課題について解説。 ミクロ-マクロ-マインドの視点( 3M`s )から
諸データを吟味・検証しつつ 未来科学・総合科学の研究成果へと展開していきます。

特に 本科学院では学問・学術研究の方法等を修得し 若い科学者たちが
高度研究博士( 大学院修士以上 )としての専門性を修得し
社会に広く貢献することを期待しています。!

今回の講座は 

超 能 力 学

== 地球外生命体のETIetcの
宇宙文明人各種超能力を自在に使った生活 ==

以下の
科目は 全て4単位( 講義・演習・研究討議・研究発表)です。よろしく お願いします。


 

( 1 )
日 本
超能力学

福来友吉博士







福来友吉( 1869-1952 早大・京都大学・東北大学・東京大学博士・高野山大学教授・超能力学・心理学博士)

教授は 心理学博士で 1906年以降に超能力者の御船千鶴子さん 長尾郁子さんらの

協力により最先端の超能力について 世界的なレベルの科学研究を推進されました。

当時の最先端研究では 日本の科学水準が低レベルであり ただ批判や中傷

誤解や偏見によるものが多く 科学的な視点からの研究には 達していなかった。

超能力学の最先端研究に取り組んだ 福来友吉博士は さまざまな実験で立証。

しかし  残念なことに

1911年に実施した公開の実験では 山川健次郎
東大総長らの妨害や中傷・非協力により

科学的な研究は 中断せざるを得ませんでした。 しかし 福来博士は 未来科学の

さらなる研究発展を期待され
「 透視念写 1913.8.を出版されました。

その後も 念写の超能力を有する 森竹鉄子さん・武内天真さん・渡辺さん・三田光一

さん
らの協力で 我が国での超能力の科学研究の最先端を開拓し構築されました。

高野山大学教授に就任後の 1928. 9.7.--14. 第
3回国際超能力学研究大会(ロンドン)

(42
か国参加)にて念写現象の研究成果を発表し 各国から出版要請され英国に滞在し

Clairvoyance and Thoughtgraphy. 1931」を執筆され 国際的に高い評価を得た。

さらに 米国の超能力学の研究学会等からの要請により「Japans Greatest Mudium

Koichi Mita 」論文を公表され 米科学雑誌に掲載されました( 1952. 3. No. 325 )。

本講義では 以上の研究の業績を紹介しながら 遅れた日本の超能力学の研究課題

等を指摘しつつ 現代の軍事科学
RV兵器としての課題等を問題提起をいたします。 

資料動画--J.B.ライン博士&福来友吉博士--2-UU


  
 


( 2 )
超能力学

世界的権威・

J.B. ライン博士




 J.B.ライン博士( シカゴ大学・ハーバート大学・理学博士・心理学博士・デューク大学教授・同大研究所長etc )

世界で初めてESP<< Extra-Sensory Perception a) 超感覚的知覚・カード実験&統計処理

する研究法 >> 1940年 デューク大学に研究所を創建し所長となる。 ライン博士は ESP

カードを使って百万回以上のテストを繰り返し 数学的な統計処理により水準を高めました。

ライン博士は 世界で初めて科学的な超能力学の学問を創始し 発展させるために大学を

1965年に退職されてからも 国際ライン研究所を創建され 国際的な科学研究の水準を

向上させるために 国際ライン研究センター(IRRC)を開所しました。  日本からも 

@大谷宗司博士( 東京大学院博士・心理学博士・千葉大学教授・防衛大学教授の時に日本初のRV研究に成功etc )

A石川幹人博士( 東京工業大学・工学博士・明治大学メタ心理学の開所・明治大学コミュニケーション学部長etc ) 

など れた科学者たちが 研究留学されました。 ところで 米国数理研究所の特別審査委員会

は 厳格な検証からライン博士の研究法を高く評価しました。  米・英・独・ロ・・・各国の

大学院等では 熱心に研究。 米・ロ・英etcでは軍事科学の研究へと展開しつつあります。

本講義では 以上の研究動向を紹介し 理解を深める科学議論や研究討議を展開し

J. B. ライン博士らの世界でめての超能力の研究成果 と 今後の課題を提起をします。
 

( 3 )
量子科学

超能力学を構築

ヘイステッド博士


英ロンドン大学物理学部長




J.B. ヘイステッド物理学博士( D. ボーム博士の研究指導を受けて超能力学を発展させた・ロンドン大学物理学部長 )

は 超能力者たちの協力を得て 具体的な現象を発生させ その真相を解明されました。 

特に 10代の超能力者たちに協力していただいた実験研究では 金属の曲がりや組織の

変化を測定---測定する金属内には あらかじめ 測定する金属に 抵抗線ひずみゲー

( ゲージはコンスタンタンという合金を巻き線にしてプラスチックの薄板につけた)を導入して実験をしました。

その研究成果は 約150以上の論文として専門の科学雑誌に掲載され公開されました。

彼が自信をもって超能力の最先端科学の分野を長期にわたり継続研究が できたのは

指導教授(カリフォルニア工科大学博士・ロンドン大学院・サンパウロ大学物理学部長・国立ロスアラモス研究所・・・)

デビット・ボーム博士お陰だと感謝の言葉を述べられました。  本講義では

最先端の未知の科学分野をどのような研究法で開拓していったのか などの真相解明

への姿勢と 科学者として何物にもとらわれずにアイディアや創造で生み出す 未来に

挑戦する新時代の研究姿勢と 科学者たちの課題と展望について問題提起します。


資料動画--J. B. ヘイステッド&R. L. モリス--超能力学--3--UU




( 4 )

応用科学・超心理学

R. L. モリス博士





最初に R. L. モリス博士の社会貢献からスタートします。

モリス博士( Robert L. Morris 1942. 7/9.--2004. 8/12 英国エジンバラ大学院教授・心理学博士・カリフォルニア大学・ )

米国デューク大学院で比較心理学の研究により心理学博士号が授与されました。 さらに

国際ライン研究センターにて超心理学の研究を進めて超心理学の学位を取得されました。

英国のエジンバラ大学院に超心理学の博士課程が開講されると指導教授として任命され

同大学院では 超心理学 と 心理学の二つの博士号を授与しており 総合科学と未来

科学の視点からの真相解明が 積極的に推進されました。  常に検証や実験を基本と

しつつ 最先端の未来科学的な視点を重視した研究法を院生たちに修得させました。

心理と環境の相互作用により超能力が存在することを各種の実験等から実証され

さらに 科学的な厳密さをグレード・アップするため 学問的な教養と総合的な科学の知

が 重要だとし 同大学のほかにも 英国や米国の各大学で応用科学の講義を担当。


モリス博士の総合科学と未来科学の視点は これからの新しい学問を

開拓する研究者にとって とても欠くことのできない学術研究の基礎と位置づけて

国際的な大学間の研究交流を積極的に展開され 相互の科学水準を高めました。

本講座では

最先端科学の研究成果を解説した後に 演習を実施し 超常現象をいかにして

心と物との相互関係の中での現象として解明するか さまざまな角度から吟味・検証。

その後で 科学議論を深めつつ研究発表して 最後に課題提起をします。

事前の学びや研究 そして 調査等を よろしく お願い致します。
 
資料動画---宣保愛子&モリス博士--超能力学-6-UU





( 5 )

世 界

超能力学者
etc
および研究機関


E. スノーデン博士
( 三沢NSA基地に
2.5年間勤務 )
ロス一族の地球支配
を告発証言へ!!!




世界でトップ・クラスの超能力学の分野で貢献された主な科学者・研究機関は

@ ライコフ博士( ロシアのモスクワ大学教授)   A ソウル博士( 英国のロンドン大学教授 )

B テンハエフ博士( 蘭ユトレヒト大学教授 )  C ブルッガー博士( スイスのチューリッヒ大学)

D ビールマン博士( オランダのアムステルダム大学教授 )   

E ワシリエフ博士( モスクワ大学教授 )  F ベンダー博士( ドイツのフライブルク大学教授)

G ラッセル・ターグ博士( 米国立RV研究所所長 )  H H.パソフ博士( 国立RV研究所長 )

 同RV研究所ではジャック・バレー博士が 宇宙ETI政府ETI文明の探査法を開発

I ヘイステッド博士( 英国ロンドン大学物理学部長 )

J 大谷宗司博士( 国立防衛大学RV研究所長 )    K石川幹人博士( 明治大学学部長)

L中国科学院の国立RV研究所etc       M ロシアの国立RV研究所etc
  
N 米国立RV研究所スターゲイトPJ       O 英国立RV研究所etc

P 新世界秩序三沢NSA基地ネットワーク化( ス一族による地球人類監視・盗聴システム ) 

Q その他の軍事科学・RV研究機関etc


本講義では 以上の内容について これまでの研究成果を解説。 今後の研究動向や

諸問題に関する学習と理解を深めつつ 演習 そして 課題提起へと展開いたします。 


資料動画--ロバート・モンロー&大谷宗司--RV&OBE-超能力学--2-UU

-334-三沢NSA基地日本国民の監視・盗聴--ロス一族の地球人類支配の構築-NFS




( 6 )

超能力者たち

能力研究調査

実態・社会貢献etc






超能力とは いったい どんなものなのでしょうか。

多様な超能力者たちの存在と社会貢献。 ロス一族が世界支配の道具として

超能力を導入し 各国家を私物化し 三沢NSA基地では 24時間 日本国民

を監視・盗聴するシステムを構築・活動中。 しかし 日本政府は 黙認状態です。


この講座では 未来科学の視点から死者( 死後生存世界)とのコミュニケー

ションetc 日本や諸外国で 知られている次の 超能力者等を取り上げて紹介します。

@エマニエル・スウェーデンボルグさん----RV:遠隔透視--臨死体験--体外離脱etc

A木村藤子さん---RV:遠隔透視etc-死者の心とコミュニケーション--心質改善サポ-トetc

B宣保愛子さん---先祖とのミュニケーション-RV:透視-先--者の心とコミュニケーション-

C下ヨシ子さん---死者の心とコミュニケーション---心質改善サポート--RV:透視etc- 

D藤田龍さん---死者とのコミュニケーション---心質改善サポート---透視etc--

Eヤーナさん(ロシアの医師:モスクワ大学医学部)---遠隔透視・体内透視による治療etc--

Fジュセリーノ(独学で外語学を修得)--予知夢--未来に生する件etc警告ボランティアする!!!

G世界各国の国家軍事科学のスパイ活動---遠隔透視-RV--宇宙ETI政府探査erc


本講義では ナゼ 特定の地球人類にだけ 超能力が 存在するのか?

そして 死んだ方々とのコミュケーションが なぜ成立するのか?  死者の心が いわゆる

( Quality Mind )問題として提起されている( 後も ける )のはナゼか。 

さらに ロス一族が火星文明の悪魔崇拝を地球文明へ持ち込んだ実態を紹介し

超能力現象--- 特家を私物化世界支配具として超能力者たちを動員している

現状・実態解明を進め 今後の未来社会への貢献等と課題を提起。

に 高度進化した宙文明では 能力日常的であり 実態解明したい


資料動画

@-スウェーデンボルグ博士--1-UU    A-ジュセリーノ-未来からの警告-予知夢-1--UU

※  2-1--予知夢-UU    2-2--予知夢-UU    2-3--予知夢-UU

B--木村藤子---超能力者--NFS       C--下ヨシ子---超能力者--NFS

D--藤田龍---超能力対処--UU    E--宣保愛子&ラックモア博士-超能力学-2-UGS


F--ラッセル・ターグ博士--国立RV研究所--国家軍事科学PJ--UU

G--ヤーナ・トロイチニ医師---ロシアの医師・透視治療--UGS

H-104--ロシア超能力医師-国家公認-NFS   I-石川幹人博士--超能力学--2-NMS


J--334--青森県の三沢NSA基地が日本国民を24時間も監視・盗聴--NFS



( 7 )

ETI能力明学

鈴木医学博士等の証言

オリオン政府の
科学者がサポート



ETI文明レパシーetc=能力!!!

鈴木龍成医学博士は

日本人医師としてNASA(米航空宇宙局)およびAREA51(米国家最高機密地域)etcにおいてオリオン

政府関与のもとサポートを受けて ハイテクまざまな開発・研究実施されている実態

・・・米国民や地球人類には 一切の真実を隠したままで 特定の大富豪・・・

地球管理人ロス一族たちのために家を私物化し UFO-ETI 情報が 完全なる隠ぺいされた

ままで 実施されていることを証言されました。  しかし この公務証言は

 鈴木医学博士だけが証言しているのではなく エリア51の科学総責任者のエドワード・

ラー博士(水爆の父etc) その弟子のロバート・ザー博士 国立UFO宇宙船開発研究

所長ボイド・ッシュマン博士 さらにNASA開発顧問タントン・リードマン博士

 国立海軍兵器開発研究所長ブルース・カビー博士・・・数れない軍事科学者たちが

がけで告発し NASA裁判UFO裁判原告団組織司法裁判を提起しました。


地球外知命体ETIは イテクで神もイレベルであることが 判明した。


  鈴木医学博士が 日本人として最初 NASAエリア51内にある国立宇宙文明研究所

にて地球外生命体であるオリオン政府科学者たちのサポートけて共同研究をしたと

科学的な具体的な諸根拠を示した公務証言をいたしました。

  鈴木医学博士は 世界各国のトップクラスの病院等で航空宇宙医学の研究をされ 最後は

NASAに抜擢され高額の待遇で 恵まれた環境の中で研究に没頭いたしましたが しだいに

NASAの二面性に気づき このままでは 地球人類の未来は 破壊的な結末を迎えるとの

危機的意識をもって 地球人類に少しでも真実を告発すべく 公務証言に踏み切りました。

 本講議では 能力ETIの実態や真相を 具体的な証言や関係資料から解説し

 今後の地球未来の課題解決の方策を議論・検討し 最後に研究発表へと展開したい。

資料動画---335--鈴木龍成医学博士etc公務証言--NFS

( 8 )

宇宙度文明学


カク・ミチオ博士





宙文明能力を含む度文明ベル!!

 カク・ミチオ物理学博士( ーバート大学・カリフォルニア大学院博士・国立R・バークレイ研究所・ニューヨーク大学)

は 理論物理学者で 後に量子科学者。 ニューヨーク大学やプリンストン大学で教授

研究分野は 超ひも理論 10次元の宇宙理論 タイムトラベル学 平行宇宙学 etc

常に 時代の最先端をいく未来科学の研究を推進されました。

彼の研究指導教授は 水爆の父として知られた あるいは エリア51-S4の国家最高

軍事機密エリアにおける最先端のハイテク兵器開発の最高責任者であった

エドワード・テラー所長でした。  したがって その弟子であったカク・ミチオ博士は

UFO宇宙船の開発現場や その他の国家最高機密に関する研究・開発の現場にも参加

しており この件については 証言を避けてきました。  しかし この現場で オリオン

政府が 関与していることを否定したり 妨害することをせず むしろ 宇宙文明の実態

科学的な根拠最先端研究成果に基づいて 積極的研究機関だけにまらず 国民

一般むけに 可能なかぎり 分かりやすい言葉未来科学視点から解説してきました。


カク・ミチオ博士は

現代の地球科学よりも はるかに進んだ宇宙文明の存在を指摘し 量子科学の基礎を

踏まえた エネルギーの応用レベルで 宇宙文明を大きく3種類に分類し解説しました。

その中で 地球文明は 最低であり 三種類の中にも属さない低レベルとしました。

現在の地球文明のままで宇宙へ進出すると 必ず戦争となり 地球文明は破壊

され この宇宙から消滅するだろうとの問題提起をしました。  宇宙文明との共存・

宇宙平和に積極的に参加し協力する 精神的にも成長することが 重要だとしました。

宇宙文明では UFO宇宙船タイムトラベル日常生活通に使いこなしており

平行宇宙学科学技術自在使いこなし ブラックホールワームホールなども活用

した精神的にも 約10000年以上んだETI文明存在しており 地球人らから

謙虚学び・理解々なサポートけていきたいとの意識改革必要ですと証言。

本講義では 以上のような最先端研究課題提起されたク・チオ教授学問

解説した後 現在の地球文明の課題を明確にして 今後の科学研究の推進課題を

演習etcで 科学議論・検討しつつ 最後は 研究発表へと展開してまいります。

資料動画---340--カク・ミチオ博士の宇宙文明科学--NFS





( 9 )

転生原点
( 転生は 赤ちゃん
から 宇宙文明まで )





善悪
・体験からタート






地球という物欲なる惑星では 過去の為( カルマ )により中間世界( Life Btween Life )

過去録されたライフ 吟味・検討され・審議されて転生先決定されます。

まり 一人当たりの転生回数は 個人のライフの質により 平均すると約1万回と推測

されていますが 人によっては 少なかったり それ以上であったりします。

くまで 地球での物欲に対する学び・研究・創造で しっかりと修得することで本質理解

心質( Quality Mind )向上のための 修得度・社会貢献度転生先決定されます。

体は 科学的にとする研究データが 多く報告されていますが

心は 肉体を使って 様々なさせるものと見られ 最新の量子科学では

体をすると平行宇宙(Parallel Universe )タイム・トラベル テレポーテーション

・・・最先端の研究成果は 転生現象を立体的にも立証するものであり 一方では

最先端精神医学・前世医学etcにおいても 同様研究成果が 提起されています。



宇宙政府証言によると

地球文明欲望については・・・高度に進んだ宇宙政府も わざわざ低質な文明

たらす深刻諸問題理解し さらなる文明創出するために必要としている。

 物欲文明へ生したり 研究のために地球社会にけ込んだ生活もしているとの

ことです。 まり 善悪は 単独では 存在しないこと 常にセットで深い理解が

きることを意味している転生本質を 確認することが できると証言しました。


 本講座では 心向上させるには 低質活からも・体験・研究することの意義

重要性について具体的なデータ・資料から解説演習討議最後研究発表します。


動画資料  336--心の質を向上させる転生とは(赤ちゃんから宇宙政府へ)---NFS

358--転生先は地球だけではない!!!--NFS--Ngo未来大学院


 


( 10 )

UFO-ETI歴史学
(最先端研究成果)




本にからUFO-ETI!!


 日本には いったい いつ頃から UFO-ETIが やって来ていたのでしょうか。

  超古代の文献や土偶・粘土板・石・線刻・・・・調査研究していくと

少なくとも数千万年前には すでに この日本に飛来したり あるいは

日本人の仲間として住み着いていた可能性さえあることが 最先端の研究成果から

浮かびあがってきました。 超古代の歴史研究では これまでの学説では 縄文以前には
 
絶対に 高度な文明は存在しないとされていましたが 最近の研究では それ以前にも

 高度な文明が 存在していたとする学説が 提起されるようになって来ました。

  例えば 全国在するピラミッド巨石文明遺跡・遺物 そして 沖縄では 約1.5万

与那国島の他周辺海底都市 青森県戸来地方では ピラミッドエス・リストの

イエスを讃えた踊り・誕生したちゃんの十字マーク・・・ 北海道洞窟遺物からも

何千万年前彫刻 秋田県では 度の数学天文学知識術等を導入した大湯

ストーンサークル そして その周辺地域に 高度の文明が 確認されています。

  青森・宮城で発掘された大きな目等の縄文ETI土偶からNASAの科学者らがオリオン政府

存在与について指摘 ロシアカザンチェフ博士らも同様指摘をいたしました。

  奈良時代や平安時代に記述された古文献には 金星政府 そして

政府アデス政府・レアデス政府の存在を示す内容も記述されています。

 さらに 飛鳥寺完成時お祝い儀式中出現した虹色いたUFO宇宙船聖徳太子

らが 目撃したことが 詳細に記述された古文献の存在も確認されました(596)。

 1609.4. 4. には 駿府城内出現したリオン星人徳川家康いをじた記述も確認。
 
現代においては 1933-1945まで極秘日独UFO宇宙船共同開発

糸川英夫博士(日本宇宙開発の祖・UFO科学市民研究団体の顧問・UFO大学とUFO科学大学院の顧問etc)

らの証言KGB-FBI機密文書。

さらに 米国の機密文書GHQ尋問に日独UFO宇宙船の記述も存在。

 1979. 10. 1.アブダクションされた高橋稔( UFO大学長・UFO画家・国際アーチスト・UFO-ETI交流体験者

・香川県高松市教育委員etc)
博士UFO宇宙船内での実態宇宙旅行具体的体験内容証言。

  UFO党結成(1982)参議院選挙出馬(1986)。 アラスカ巨大UFO目撃寺内機長証言(1986)

 1980年代では 菅直人議員(後の総理大臣)国政調査権によるUFO-ETI情報収集情報公開

日本初UFO-ETI情報公開裁判提起した向井裕(陸軍少佐・UFO大学特任教授等)博士の証言。

 海部俊樹総理大臣UFO-ETI情報国際的調査国民への重要性問題提起(1990)
 
城県の百里基地森県の三沢基地発生( 1974. 1998. )UFO対戦による自衛隊死亡事件


  2000年に UFO科学大学院( USS )  2005年UFO大学・同大学院( UU-UGS )が 創建。

世界総合科学未来科学視点から学術研究・生涯教育がスタートしました。
  
2005年以降においてUFO国会質疑した山根隆治議員・アントニオ猪木議員 さらに

 地方議会では 岩手県会議員のザ・グレート・サスケ( 当時UFO大学長)議員らの証言。

  石破茂防衛大臣UFO-ETI公認米国政府etcとの交流対処法整備証言(2005)

 佐藤守空将らのUFO-ETI公認と危険な環境にあるUFO事件の公務証言(2010)
  
UFO-ETI関与による実態否定隠ぺいしてきた日本政府った政策問題指摘された。

本講座では 上の件について解説らに JAXA宇宙開発月政府・高度文明存在

国民・人類したUFO-ETI隠ぺい工作防衛省との密約による宇宙兵器開発etcの諸問題
  
しても解説しつつ 演習・科学議論展開し 最終的には 研究発表をいたします。


動画資料--333--日本UFO-ETI歴史学--NFS



E
UFO
-ETI最先端科学院
UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL付属
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象です )


H P    UASR-01    UASR-02    UASR-03    UASR-04    UASR-05

 
UASR-07    UASR-08   UASR-10    UASR-11    UASR-12  UASR-15


UASR-17    UASR-18   UASR-20  
UASR-21    UASR-22   UASR-25


inserted by FC2 system