UFO-ETI最先端科学院  UFO-ETI Advanced Science Research                        (UASR)           UFO科学大学院( USS )                       C


UFO-ETI最先端科学院-4
UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL付属
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象です )



時代の最先端を行くUFO-ETI科学院( UASR )は 2016. 1. 1. 創立 15周年の記念日の日に創建されました。

本学院は 国際的な連携・共同研究のために 地球文明のより良い発展のために設立された高度科学

研究機関で 文部科学省所管の大学ではありません。  NGOによる生涯教育機関であり 国家の管理から

独立した 国民主権の 民主的な社会・文明を構築すべく 最先端の総合科学・未来科学の視点から学び・

研究し創出するために創建されました。  対象者は 大学院修士課程以上を修了した方を対象としていますが

博士号を有する専門の科学者たち や 一般の市民科学者たちの養成を主目的としております。

しかし 物欲な地球文明の諸課題を解決をしたい 進んだ宇宙文明に関心があり 学び・研究・創出などにより

社会貢献したいと思っている方は だれでも自由に参加することも できます。 詳しくは 本院に確認下さい。
 
今回は 次のような講座を開設しましたので どうぞ ご活用 下さいませ。






量子科学
( Quantum Science )


 
( 1 )
反重力学
UFO宇宙船学
( 早坂秀雄博士 )










 早坂秀雄博士( 東北大学教授・反重力祖・ロシア学術議長・NASA科学顧問・UFO-ETI科学・UFO大学顧問 )

は 1986年に反重力の発生実験に成功。 世界で初めて学術論文が 米国と英国

ロシアetcの学術雑誌等に掲載されると共に 英国のBBC 米国のニューヨーク

タイムスetc等に掲載・報道され( 1989--2000 )世界的に知られるようになりました。

早坂秀雄博士の学術論文が 発表される以前  反重力の存在は 完全否定

されてきたが 量子重力論・トポロジー( 位相幾何学 )・重力論等の科学は反重力

の存在を立証。 さらに NASA科学顧問となり 宇宙船開発に参加し オリオン政府の

UFO( Unident Flying Object )-ETI(Extra Terrestrial Intelligence 球外知的命体 )

に関するサポートにより UFO宇宙船は R. ラザー博士らの公務証言のように

慣性の法則に従わない運動・電磁気的な現象で 地球文明のレベルを超えた高度

な宇宙文明の関与を証言しました。 以上の内容を科学的データ・関係資料等から

解析した成果を解説し 理解を深めつつ総合科学・未来科学の視点から講義します。


 
資料動画---135--早坂秀雄博士--反重力の宇宙船---NFS

A-早坂秀雄博士---日独UFO開発-2--USS




 


( 2 )
日本宇宙開発学
UFO宇宙船学

( 糸川英夫博士 )





 糸川英夫博士(日本宇宙開発祖・日独UFO開発参加・NASA科学顧問・UFO-ETI科学者・UFO大学顧問)

は 戦前 日独のUFO宇宙船開発に参加し オーベルト博士(世界初のロケットの祖)その弟子

V.ブラウン博士(NASA長官etc)らと親しい関係を構築。 戦後 米国の複数の大学で講義し

退官後は NASA科学顧問として米国の宇宙開発に参加し オリオン政府が 宇宙船

開発に深く関与している実態を具体的に証言。  さらに 戦前ドイツが 異常なほど

科学技術が 発展したのは アルデバラン政府が 関与したことも証言。 日本政府も

UFO-ETIの存在を知っていることも証言しました。 さらに 日本UFO科学市民団体の

顧問となり 若い世代の教育に関心をもたれ 国家から独立した大学や大学院の創立

にも多大な貢献をされ 100年以上先を意識したUFO-ETI科学の構築を提起されました。 

本院の講義では 以上の内容を資料・データ等から解説し最先端科学を理解します。 


◆資料動画--糸川英夫博士--@NMS   A--糸川英夫博士--NMSA


B-糸川英夫博士--日独UFO開発--1-USS    
 


( 3 )
タイムトラベル学
( J. A. ホイラー博士 )












J. A. ホイーラ教授( テキサス大学量子物理学研究所長・プリンストン大学物理学部長・国立ロス研究所etc )

は 熱心な教育者として知られノーベル賞級の科学者たちを多数に育てた方であり

最先端の量子科学の研究へと 例えば イムトラベルや行宇宙・光速・

レポーテーションなど若い院生たちの研究テーマを暖かく受け入れ褒めつつ支援

約30人ものノーベル物理学者たちを世に送り出しました。 また 以上の研究成果を

科学実験で立証する時も学生参加のもとで推進し 最終的には研究指導で優れた

学術論文として科学雑誌に投稿されました。 ブラックホールやホワイトホール等の

名前は 全て学生さんから頂いたアイデァだと公務証言され絶対に自身の手柄に

しませんでした。 「時間は不存在」という学説を提起されたジュリアン・バーバー博士

もホイーラ教授らの発見した方程式から導き出したと 最先端の量子科学の発展に

多大な貢献をされたことを証言。 本講では 具体的な資料をもとに解説し基礎理論

と考え方・研究法を中心に進め 最終的には 演習において科学議論へと展開します。 


◆資料動画---129--タイムトラベル--1--NFS








( 4 )
平行宇宙学
( ヒュー・エベレット博士 )











ヒュー・エベレット博士は ホイーラ教授により高く評価された「平行宇宙論. 1957」を

科学雑誌の「ネーチャー」へ掲載された とても優れた科学論文でした。 しかし 当時の

物理学会では 理解できず 1980年代にはいり基本的な宇宙現象が解明されて始めて

高く評価されました。 タイムトラベル学・超光速学・非局所性・テレポーテーション・・・

全て「平行宇宙学」の学説が 提起されて始めて存在が 科学的に立証された現象で

現代の最先端を行く量子コンピュータは 平行宇宙学の科学論なしには存在しないと

されています。 UFO宇宙船の推進装置は 多次元の時空を一瞬に移動します。

NASAも1990年代にオリオン政府のサポートでUFO宇宙船の実用化に成功しました。

本講義では以上の内容について科学的な研究成果をもとに紹介し 平行宇宙の

基礎理論と考え方 特性 生命体の心と多様な時空間との連結性と選択性・・・以上の

特性を踏まえた総合科学と 未来科学の視点から解説し理解を深め ます。 


資料動画---270--ブラックホールと臨死体験学--NFS








( 5 )
量子学
( 奥健夫博士 )












奥健夫博士( 東北大学院博士・スウェーデン国立高分解能研究所・英ケンブリッジ大学院・滋賀県立大学教授)

心と量子の関係についてD. B. ジョセフソン博士(ケンブッジ大学教授・35歳でノーベル物理学賞)に
 
直接 研究指導を受け トフーフト博士(宇宙ホログラムでノーベル物理学賞 )の宇宙ホログラム

学説等をふまえ 全生命体の過去から未来までの全ライフが記録されること。 宇宙は

で形成されること。 さらに 臨死体験における心臓と脳波の停止の科学研究から

肉体と心は 別物であること。 宙は 連結しており とは「光の集合体

であること。どんなに時間空間が 離れていても連結し瞬間的に異動できるとした。

宇宙は 一つのエネルギー・情報をもち そのホログラムは 一部分に全体の

情報をもっており 私たちの心と体には 宇宙全体の空間と時間に関する情報が

含まれているとした。 心が物質を構成する量子に影響を与えるとしたN. ボアー博士

の学説を 宇宙との連結・記録へと発展させました。  本講義では 量子科学の原点

@心が 量子に影響する  A心と宇宙の連結性 について奥博士の研究成果を踏まえ

詳細なデータや関係資料等から具体的に解説し 理解を深めていきます。


資料動画--232--量子科学--心が物を作る--NFS






( 6 )
転生システム学
( 転生量子科学 )
( R.P.ファインマン博士 )








ファインマン博士( ノーベル物理学者・カリフォルニア工科大教授・国家軍事科学局長・ナノ工学の祖etc)は

ホイーラ博士の弟子で とても気さくでアイディアマンとして知られ 国立ロス研究所で

国家機密の軍事科学研究にかかわった。 その後は 極秘のUFO-ETI科学局長となり

全米で墜落したUFO宇宙船や知的宇宙政府要人の回収・調査・研究で 最高幹部と

なった。 その後 太陽系政府との交渉にも関与し 月や火星・金星等の政府間交渉に

地球の科学者代表として参加したことが 関係者たちの証言から明らかとなった。

柔軟な思考の科学者だった由 太陽系の科学者たちとの交流を重視しました。

高度に進んだ太陽系文明に 大変に関心を持つようになり 自身の科学研究に

太陽系政府の科学者たちから「全宇宙は 転生が原則」とのサポートを受けた。

地球文明が 物欲な文明であること しかも オリオン政府のサポートを大富豪の

地球管理人のロスチャイルド一族が 地球文明を創始し 「命よりも金だ!!」

とする原則で 地球文明を支配している現実に直面して大ショックを受けました。

地球文明は 宇宙転生のほんの一瞬に過ぎず 通過点であることも発見しました。

本講義では子科学を資料やデータ等から解説し理解を深めます。


資料動画--331--UFO-ETIetc全てが連結--宇宙転生システム--NFS






( 7 )
タイムマシン学
( チェルノブロフ博士 )



V.A.チェルノブロフ博士( ロシアモスクワ工科大学教授・宇宙工学・大統領科学顧問・UFO-ETI科学etc)

はロシアのトップクラスの未来科学者。 特に 最先端のタイムマシンの開発者であり

さらに ロシア国内で15億年前のボルトを学生たちと発見しました。

そして ロシア国内で多発するUFO宇宙船の目撃ケースについては

特に カルーガ県ポポジェ村にて村人や科学者・学生たちと緻密な科学調査を実施し

1989--現在まで ロシア空軍ワシリー大佐らの協力もあり UFO-ETIの存在を解明し

科学アカデミーで公表( ロ政府は 国民に 一部のみ情報公開 )。 その後

ロシア大統領科学顧問に任命され国家機密に関する重要なハイレベルの調査報告書

を提起しました。 一方で タイムマシンの研究・開発を推進し 2002年には人類初の

実験に成功し 2003年には 研究成果をロシア物理学会で公表。 そのアイディアは

ウンモETI政府の科学者たちからサポートを受け さらに 研究開発したと証言。

以上の内容について 彼の研究資料・学術論文等を解析ししつつ講義いたします。


チェルノブロフ博士は UFO-ETI科学者としても知られており 上記のポポジェ村には

ウンモ政府の地下基地があることも科学調査により解明されましたが 詳細は

国家機密のため情報公開されていません。  さらに SAH科学者としても知られ

1997. 5.に ブリヤンスク市内にある森林地帯で 学生の一人が 15億年前のボルト

すなわち 5mmの小さなボルトが無数に 20cmほどの石内部に埋まった状態を発見。

その後も 数100万年前のUFO化石を多数発見し 研究・調査中です。


動画資料---265--ロシアUFO-ETI-LOGYST`s--NFS

A---ロシアUFO-ETI科学---USS

( 8 )
テレポーテーション学
国家軍事科学
( V. ノイマン博士 )








 F.ルーズベルト大統領は ロックフェラー一族を閣内に任命。 大戦以後の地球体制を

ロス一族のため 当時 トップクラスの未来科学者 ニコラ・テスラ博士を国家軍事科学

計画の最高責任者( NMSP局長 )へ任命(1933)。 ロスの地球を支配下に置く計画は

オリオン政府が 全面的に支援 1936年 テスラ博士は テレポーテーション実験を指揮。 

しかし 失敗 多くの犠牲者が 発生し 同博士は 辞職した。 その後 指揮したのが

V.イマン博士( プリンストン高等研究所・国立ロス研究所・国家軍事科学局長・UFO-ETI科学局長etc )

で 1943.8.12.にフィラデルフィア実験を再開して成功し ハイテクな兵器として実用化。

しかし この間に やはり米軍科学者や海軍兵士にさまざまな被害が発生した。

弟子のアル・ビーリック博士は 現在もモントークやレンボー等の名前を変えたハイテク

軍事科学計画が オリオン政府のサポートで推進中とした。 本講義では ロス一族の

地球支配計画を 地球外の文明との密約で計画的に推進されてきたことを裏付ける

関係資料から概説。そして さらなる理解を深める解説と将来の課題を提起したい。


資料動画--国家軍事科学とオリオン政府の関与--NMS-33


A--UFO政策学--3--V. ノイマン軍事科学最高責任者--USS




 

( 9 )
時間不存在学
( J. バーバー博士 )










ジュリアン・バーバー博士( ケンブリッジ大学院数学研究博士・独ケルン大学博士・自宅科学者etc )は

1970年代にテキサス大学のブライス・デウィット教授と J.A.ホイーラ博士の共同研究

から定式化されたDW方程式から宇宙の時間を研究し「時間は 物体の位置を変える

手段に過ぎず 物体の存在と無関係
」と結論づけた。  30年間の研究成果として

オックスフォード大学と ケンブリッジ大学から「The End of TIME 」( 1999 )を出版。

各国の大学から講義等を依頼され 大学教授の着任要請もあったが 教授職は

ご遠慮され 現在も 時間不存在の学問を構築中。  量子科学の一分野にも

なり 最先端の未来科学者・量子科学者たちからも 高い評価を受けました。

本講義では その科学理論を丁寧に・解説し 理解を深めてまいります。

事前の学習・研究等を よろしく お願いします。

なお 時間空間学は テレポーテーションや 平行宇宙・臨死体験や 体外離脱

そして 死後生存科学・・・ダーク系の宇宙科学などを検証 吟味する時にも

重要な現象の科学分析法を提供。 今後 さらに 発展すると期待されています。



動画資料--123--バーバー博士--NFS


 


( 10 )
-
( 転生量子科学 )
( D. J. ボーム博士 )








 ボーム博士( 国立ロス研究所・サンパウロ大学物理学部長・ロンドン大学院教授・量子科学・転生科学 )

オッペンハイマー博士の高弟子で地球文明の課題を提起し宇宙平和へと展開。

1959年にアハラノフ・ボーム効果を発見。 宇宙転生における心と量子の関係

心と物質との連結性を研究し連結性( Holestec )のある宇宙ホログラフィー学説を

提起。 現在とは単独に存在せず「 あの世」との関係で形成され転生するとした。  

現在の「の世」では 時間は存在しているが「あの世」では 存在せず(時間不存在)。

「この世」と 「あの世」は ホログラフィー( Holography )のように常に連結し

物質と精神が 溶け合いエネルギーとして存在しているとした。 「この世」の物質を

形成している量子は 「あの世」の最高精神により(意味の場により )強い影響で

構成されたり解体されたりしているとの量子科学の視点から転生科学を研究提起。 

講義では 以上のボーム博士の転生量子科学の学問を解説し理解を深めます。


資料動画--46--宇宙最後の日--NFS-Ngo未来大学院

--45--暗黒エネルギ--NFS--Ngo未来大学院


( 11 )
最高精神学
( 転生量子科学 )
(D.B.ジョセフソン博士 )





D.B.ジョセフソン博士( ノーベル賞・ケンブリッジ大学院教授・心物統合研究所長・量子科学・最高精神学)

は 33才の時にノーベル物理学者( 演算素子の発見. 1977 )となり その後は 物質を構成する

量子と宇宙生命の精神・心との関係を 約40年にわたり研究してきました。 

心は 音声言語に限定されず 精神的な進化・成長する非言語のテレパシーを含む

研究でした。 テレパシー( Telepathy )は 「精神が 物質を生み出すことであり つまり

この世に宇宙が生成される前に 精神が 存在し 時間や空間は この精神により 創出

された。 その精神は 地球人類よりも はるかに成熟したスケールの巨大なマインドで

地球人類の精神的な成長に多大な影響を与えている。 その精神は とても豊かな

創造的な存在で 物質の量子の形成に作用してイメージ
(念動)しテレパシーを発して

宇宙の物質
( 全宇宙の4% )をつくり 運動諸現象をもたらした。」との学説を提起。

現在 宇宙の構成比で 物質は たったの4%で 残り96%は  ダーク系で未解明。

以上の学説は 当初 完全無視だったが 非物質系が 解明され 最高精神=宇宙心

( Universal Mind )という転生の到達点が テレパシーと量子の相互関係に解明のヒントが

 多数 隠されているとの学説を提起され 最近 他の科学者からの指摘も増えてきました。 

本講義は「 最高精神心質(Quality Mind)向上にある 」との研究成果を踏まえ

総合科学・未来科学の視点から最高精神を裏付けるデータや資料から解説します。


料動画--@ジョセフソン博士--NMS   A心と量子の科学-ジョセフソン博士-NFS 

B--160-宇宙96%のナゾ解明!!!--NFS   C-108--宇宙心-3--NFS







( 12 )
遠隔透視学
( 国立RV研究所 )
( ハロルド・パソフ博士 )







 ハロルド・パソフ博士( スタンフォード大博士・スターゲイト局長・CIA・NSA・三軍合同RV研究でスパイと宇宙探査実施)

国立RV研究所で国家最高機密の遠隔透視RV研究を推進。 ラッセル・ターグ所長と

協力して 1970年代から米国の敵国におけるスパイ活動の水準を高める開発研究の

ためにさまざまな超能力者たちをテスト・実験して総額年間で約10兆円もの軍事費

( 機密費やロス一族の資金etc )から支払われていました。  彼は ラッセル所長

と高水準のハイテクなスパイRV探査法の開発  太陽系や宇宙政府の文明・政府の

存在を確認する探査法 そして  ロス一族の避難先の惑星確保の探査法を開発。

水星・月・火星・木星政府・・太陽系の詳細なデータが 集積されました。 その結果

太陽系のほとんどの惑星には 地球文明よりも高度に進んだ国民と政府が そして

高度の文明が 存在している実態が 明らかとなりました。   

パソフ博士は 研究費が 軍事費からのみから支出されていると しかし 調査すると

ロス一族が巨額の資金を提供。 ロス一族は パソフ博士ら軍事科学者に高給で 

しかも 巨額研究費を支出。  しかし なぜ ロス一族が 国家軍事科学に関与して

いるのかが 素朴な疑問でした。  その後 次第に明らかとなっていきました。

本講座では H.パソフ博士の学術論文の内容と R. ターグRV研究所長の研究成果

を比較検討し 極秘データも解析。 ロス一族の地球支配のための脱税・脱法の実態

ハイテクな研究成果を戦争ではない 宇宙平和へ貢献する道=地球改革を提起します。


資料動画--12-ラッセル・ターク博士---RV-遠隔透視--NFS

-310--地球人類を監視・盗聴するNSA基地--ロス一族のために--NFS

◆-米軍UFO-ETIetc--1-国家機密で隠ぺい政策--UFO大学院--UGS






( 13 )
宇宙文明学
( カク・ミチオ博士 )








カク・ミチオ博士( ニューヨーク市立大学教授・国立R-バークレイ研究所・超ひも理論・タイムトラベルetc)

E. テラー所長の高弟子でエリア51-S4でも宇宙ETI政府の科学者たちとも知り合い

となり 最先端の科学技術について 少なくとも1000年以上も進んでいる宇宙文明

に関心を持ち さまざまな機会に現代の地球文明の抱える諸課題を提起しました。

現在の地球文明は 宇宙へ飛び出してもエゴと利権からスグ戦争となり

地球人類は あっ!!というまに文明ごと消滅してしまうと問題提起。  地球人類は

おろかな戦争や競争・差別・格差付けなどしている場合ではなく 皆が平和に宇宙の

全ての生命体と仲良く共存できるように 精神的にも 知的にも 質の高いライフ

・・・を目指した 格差のない 貧困のない 戦争のない・・・地球文明の諸課題

解決を早急にすべく 今からでも 教育・政治・経済・医療・福祉・・・いろんな職場・

学校等で取り組んでいくべきで 狭い価値観ではなく もっと広い宇宙文明を意識した

視点から地球改革を推進し その後に 宇宙文明との共存・平和・愛・・・へ と展開

する道こそ 最も重要な 確かな 一歩となるだろうと課題提起されました。

本講義では 以上のカク・ミチオ博士の諸問題提起を重く受け止めて 具体的な

実現に即した地球改革プロジェクトを結成し 演習で学習・研究を展開いたします。



資料動画---タイム・トラベル学-1--UGS

A---44--カク・ミチオ博士---Time Travel--NFS

C
UFO-ETI最先端科学院
( UASR )
UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL付属
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象です )


H P   UASR-1   UASR-2   UASR-3   UASR-5   UASR-6 


UASR-7   UASR-8   UASR-10   UASR-11   UASR-12   UASR-15


inserted by FC2 system