G

        UFO-ETI最先端科学院  UFO-ETI Advanced Science Research                ( UASR )

2016(H28). 1. 1. 創建
UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象です )

 
する


 宙  生 ステム

これまでの最先端科学研究によると
水星から冥王星 そして 衛星 小惑星 ・・・ つまり ほとんどの太陽系の天体には

知的生命体( ETI )が 定住していること 彼ら太陽系には高度の文明が 存在し 地球文明が
一番遅れた文明であることが 確定的であることが 様々な研究から明らかとなってきました。

国立ローレンス・バークレイ研究所の量子科学者
カク・ミチオ教授は
今のままでは
地球文明は あまりに低レベルであり もし 宇宙へ乗り出して植民地を開拓しようとすると
精神的にも 科学技術等から見ても 必ず 戦争となり へたすると
戦争した その日に 地球ごと この宇宙から消滅することになるだろうと問題提起されました。

地球転生は 宇宙転生のひとつであり 通過点にすぎません。
宇宙転生目的
( Quality Mind )を向上させるための成長進化にあり 平和・共存への道です。



このコーナーでは
太陽系文明実態を事例にして れまでに解明された内容を
特別講義
している要点介いたしております。


@

高度宇宙文明学



進化した宇宙文明人の精神的成熟度は 90〜100%に達したレベルであることが
判明しておりこれに対して 地球人類の精神的レベルは 50〜40%以下と見られています。


つまり 宇宙文明のライフは 自分のことだけとか エゴや利権がらみの物欲の人生レベルなど
をはるかに 越えた 質の高いライフであり
宇宙の原点 = 宇宙転生システムの具体的な内容を理解し 今 この時点で何を どのように 宇宙の
愛と調和・バランスの取れたやり方で イフをいものへと改善・改革するかが重要です。

自分のことだけにとどまらずに 常に社会や宇宙との連結性と他者とのより良い関係を構築して
質の高い文明を創始しようと 一切の利権に振り回されずに 推進していこうといたします。


肉体は 本質ではなく 限られたであり 過去人生( 前世 )記憶を明確にすることで 今回の転生の
目的を踏まえた人生を歩み そして 計画的に諸課題を提起しつつ 解決していく努力を進めていきます。

地球人類のような無目的な 自分のことだけを優先した生き方をせず 格差や貧困・戦争・利権独占等
について 絶対に認められないとする 重要な問題意識で 国家犯罪を防止します。

宇宙平和の原則を厳守する生き方であり 向上させる生き方を最優先しています。
これが 太陽系文明の一般的な 精神的な成長・発達を即す方針・原則となっております。

精神的に成熟した宇宙文明人は 死を恐れません。


各国政府間太陽系政府間交渉内容一部

( 1971. 3. 6. etc )
           
死は 全ての宇宙文明に存在していますが それは 宇宙の本質では ありません。

私たちは 死とは 一つの通過点であり 次なる転生へと展開するスタートとなるのです。
明確に言えば 死は この宇宙に存在せず 肉体の消滅だけであり 生命体の心は

永久な不滅の存在であることを知っているため 死を恐れることもなく 悲しむことも
ありません。 死とは さらなる質の高い次元へとステップアップするための まさに
通過点に過ぎないのです。

・・・・・・・・・・・・・・
( 太陽系政府との交流会議から 特に 土星政府と海王星政府からの言より )



地球人類の子供たちは 前世での記憶をもって生まれてくるケースは とても少ないのですが 
太陽系始宇宙人子供たちのとんどは 過去人生( 前世 )記憶をハッキリ意識してまれて

きます。 そのために 生まれた目的と人生課題が 明確であり その課題解決に集中した心の質が 自然に
レベル・アップする人生へと確実に展開できる方向へと成長・進化する方々なのです。

以上のように転生システムは 最先端科学として地球外の文明( 太陽系文明 )ではしっかりと理解され
修得しているとされますが しかし 個別ライフである過去( 前世ライフ )ライフにより影響を受けています。 
 
講義等では

金星政府や土星政府等の精神的に高い文明を具体的に取り上げて解説し 臨死体験( NDE )
や体外離脱( OBE )・テレパシー・遠隔透視等活用 最先端関係資料等から真相解明サポート

いたします。英・仏・伊・独・北欧・ロシア・中・米・日などの隠された高度宇宙文明研究動向を分析・
統合した研究成果を踏まえた論理的なオリジナリティな学術論文の作成へとサポートしてまいります

 
A

最高精神学



太陽系に定住する宇宙文明人は 500歳から1000歳以上であり とてつもないほどに長生きをしています。

彼らの日々の生活に 学校は存在せず 日常の生活そのものが 学校であり 全ての宇宙生命の生存と
共存を即す生き方を重視。 エゴと利権まみれの特定の富裕層だけ超豪華な生活をする差別と格差・貧困を
生み出すと言うとても低レベルな文明を発生させない・防止する学びと研究と創造に 日々のライフを使っており
高質なる最高精神に満ちた毎日を
とても大切にした 感謝と尊敬・協力・創造 欲なしライフへと展開・発展させていらっしゃいます。



最高精神
宇宙人たちは テレパシーなどの超能力を使いこなしています。
精神性が 高
くなると 自然宇宙生存するての宇宙政府等の関係者たちと会話でき

体をリラックスさせて 宇宙空間からエネルギーを取りこむイメージで ゆっくりと呼吸し
体の中の経路をグルグルと回り続けていくと超能力の意識が 高まっていくとされます。

 い
ずれにしても 宇宙の構造と転生システムについて科学的な知と心・健康を修得すること。
各惑星
へと転生する中で 々な学び体験・理解・研究・創造をする中で なる胎児形成
される時期に宇宙に漂うが 肉体に転入すると言う現象が 宇宙一般に確認されています。

(
胎芽が 完成する頃に外部からが 肉体へ転入します )。

地球
流刑!!!



当初
知的生命体( ETI )は 地球に存在せず 今から 10億年前に爬虫類型の
プタリアン政府地球を占領した時 労働力としてらの遺伝子と両生類との遺伝子
操作し 地球人類を誕生させたと証言(
レプタリアン政府との交渉文書 )。 

さらに 今から
1億年前ころになると
火星で独裁政治の幹部をしていた
チャイルド族が 地球へ亡命。 ロス一族の

先祖の歴史書に記述されており その後 地球の支配権をめぐり
プタリアン政府と
戦争状態となり 火星政府時代からのサポーターであった
レイ政府との密約により

遺伝子工学で操作した新人類を誕生
させて代理戦争のために兵士として利用したとされます。
790年代に書かれた竹取物語に 地球は 宇宙犯罪者たちの流刑地指摘しており
各国の地球政府と宇宙政府間の交渉の機密文書
にも 地球は宇宙犯罪者たちの流刑地
であると記述されています。
◆            ◆
しかし 太陽系のETI政府関係者たちは この地球は  
@とは何か

A 悪魔崇拝とは何か  B 独裁政治とは何か  C 戦争や金融ビジネスとは何か

D 金持ちとは何か  E 格差・貧困・差別・・・・とは何か   F その他

について 学び・体験・理解・反省・改革・良質の文明・未来のあるべき文明構築へと
そのために 多くの宇宙政府関係者たちも 何万回も転生していると実態を証言しています。

講議では

以上の点について最先端の研究調査で解明された内容を紹介しつつ 各種の

研究調査
からのデータ・関係資料・証言・・ さらに吟味・検証して実態を科学的に解明

研究・発表し討議しつつ 科学論文として研究指導をサポートしてまいります。

◆ 資料動画 
373-地球人類を飼育管理するオリオン政府(レプタリアン最高権力)--Ngo未来大学院

 
B

地球改革学



高度精神文明をもつ太陽系連邦政府

地球改革計画( 一部事例 )

@ 地球人類の胎芽に転生して地球人として生まれ育ちつつ 社会人となり 生まれながらの高知能と
特異な才能をもっているために 芸術・科学・医師・・・社会的な宇宙的な視点からボランティア活動

A 地球にやってきて 地球人の心に転入して 地球人として溶け込んで生活しています。見かけは
地球人とソックリで まったく別人とは 分かりません。 ソフトな改革からスタートしました。 

B Aについては 地球についての学びと研究と理解・訓練を積み重ねて 地球人のこと地球の抱えてい
諸問題について生活・仕事に関することなど地球文明全てについて修得してから地球人溶け込みます。

C 科学者・芸術家・・・・ 地球人が真面目に奉仕した時に 行き詰ったりした時に ヒント等を提供
したり 地球人の市民活動 高質な民主政治 学問等でのソフト改革で貢献してきました。

D その他


での講義では

地球社会へ転生して具体 どのように地球改革を 推進したか について講義します。

高度宇宙文明の原則は 共存・平和の原則であり したがって 異文明の否定ではなく 尊重しつつも
その文明が 原則を守らず 破壊や排除・差別・偏見・共存等の否定に立つとき 宇宙平和が 破壊されて

安全が維持できなくなると判断される時 例えば 太陽系連邦政府の合同会議で そのような結論にいたった
時は その文明との交渉が 開始されます。 もし それさえも拒否された時は 警告が 発令され その他の

方法で多様な改革計画が ソフトに実施されるとのことであり 物理的な強制介入は
可能な限り 回避しつつじっくりと国民が 意識して改革への道を歩めるように多様なサポートを
自然な方法で より良い関係で 解決する方法を実施しています。

での講義では
そのような宇宙原則を踏まえて より具体的に解説し理解を深めます。

 その後は 演習にて 具体的なテーマを設定してデスカッションをしつつ相互に吟味・検証し
地球改革のプログラムの本質について総合科学と未来科学の視点から さらなる吟味・検証をいたします

最終的には 具体的なデータや関係資料を解読し理論的な構築へと進み オリジナルな自立的な研究活動へ
展開させ発表をいたしますが その過程で 中間発表を積み重ね 講評や研究指導を受けつつ より科学的な
厳密な論文として構築すべく 最終的に 学術論文レベルへと仕上げるための各種サポートをいたします。 


 
C
火星文明学




NASAの科学者や関係者たちの証言によると 情報は たった5%しか公開されず その大きな理由は
地球文明を管理・運用し未来までも かってに決めているロスチャイルド一族の掟・一族の方針によるとし

火星は ロス一族の先祖の発祥の地であること したがって 真相が 知られると 地球に革命が発生し
まりにリスクらのエゴと利権体制とてもオイシイ地球管理人地位崩壊するからだとした。

火星には 緑と空気と高度文明が 存在し 地球人類の60%が 火星先祖を源としています。
また 高度な建造技術があり テレポーテーションやUFO宇宙船を開発し 地球と 往復していると
ブッシュ・パパ大統領やアイゼンハワー大統領の孫 E. ローラさん その他の公務証言etcからも判明。

講義では

火星に高度文明が存在 地球と似た環境で 快適な生活をしている実態を科学調査資料から紹介。
科学的な研究調査で 解明されてきた実態をもとにされたロス一族の真実を明らかにしてまいります。

現在 火星へ移住した富裕層たちは 約30万人と指摘されています。 火星の環境は ほぼ 地球環境と同じと
され 地球へ帰ってきた科学者たちの報告書等にも そのような記述が 確認されています。 以上のことを

まえた講義を進め 理解を深めつつ 演習では ナゼ @ブッシュ大統領の父・子が 1989年に火星移住を

宣言すでに 彼らだけ 移住したのか A1945.4.20.に日独UFO宇宙船が 火星へ向けて移住した約30人

方々は 現在 どのような生活をしているのか  B火星政府の関係者たちは さらに 火星国民の皆さんは

地球人類( 超富裕層の )方々の移住についてのように受け止めているのか  Cその他  について

関係する資料等から吟味・検証しつつ その実態・真相を解明していきます。 後 各自未解明な部分

明確にしつつ オリジナルな自立的な研究活動へと展開し 学術論文の作成へと研究指導をしてまいります。 




D
政府市文明・度建造物

月 文 明 学




これまでに 何度も
月に高度文明が存在すると 最先端の科学者たちが 指摘してきました。

NASAの科学者や その他の宇宙文明の科学者たちは 当局のイヤガラセに抵抗して
これまでに集積してきたデータ・情報の分析・資料・・・古代の文献からも遺跡からも
各種の宇宙探査船からの画像・動画を詳細に厳密に分析・統合した結果からも確認。

NASAが 高度の宇宙文明の存在を隠ぺい
してきた実態を示す関係資料も発掘しました。
これまでにも 完全に隠した
NASA!!! 現在でも 95%もの情報を隠しています。

本院講義では

以上の実態を科学的な研究調査や関係者たちの証言などから講義いたします。
な  お
JAXAも月で撮影
した画像・動画を大量に隠したままであり その実態についても問題提起
NASA
のような隠ぺい工作で合意しているのか・・・ その他の諸課題についても
吟味・検討・検証しつつ日本政府の実態にも迫ってまいります。



E
NASA
95% の宙文明情報をぺい


NASA隠ぺい学


からロス族が人類を飼育管理してきた実態証言した@B. ブッシュマン所長 AR.ホーグランド博士

宇宙飛行士たちは 米国も ロシアも 中国も 各国の全ての宇宙飛行士たちが 宇宙で知りえた
高度文明の存在 都市・基地・建造物・その他のことについて厳重なかん口令が徹底されています。

NASAの関係者はじめ 日本・中国・ロシア・カナダ・米国・ドイツ・フランス・イラン・インド・
イギリス・・・全世界の宇宙飛行士たちの証言などをもとに実態を解明いたします。

なお 講義では

NASA裁判やUFO裁判 さらに 情報公開裁判における 原告団の証言 科学調査を指揮した
R. ホーグランド博士らの証言 B. マカビー所長らの証言 S.T. フリードマン博士らの証言 および 

B. ブッシュマン所長の証言 これまでの研究成果等についても吟味・検証しつつ NASA隠ぺい政策実態
地球管理人のロス一族( 大ボス)が 推進した国際的なUFO-ETI隠ぺい政策実態にも迫ります。



F

土星文明高度 神文明

土星文明学

@ケネディ大統領 AF.ストレンジス政府高官 Bニクソン大統領 Cアイゼンハワー大統領etc
らは 太陽系の中で 最高なる精神文明を創出した方々は 土星文明だと指摘しました。

講義では

これまでに集積されたデータ・関係資料 そして NASAの科学者たちの証言と関係資料
・ロシアの科学者たちの証言と関係資料・その他の国々の宇宙探査にかかわった科学者たちの
証言やデータや資料から具体的に土星政府地球文明改革内容を解明してまいります。

その他 土星文明の実態についても 詳しく紹介しつつ 最後に全員参加で演習を展開いたします。

最終的には 高度な最高精神とは どのような内容であり 国民主権・高度な民主政治とは・・
現在 知りうる全ての実態を解明したい。 その後 地球の課題解決に向けた問題提起をしたい。

 

G
星政府球文明 を 改革

金星文明学




金星政府は 物欲な地球社会・文明のより良い発展を促進するために 最も古くから熱心に改革に関与
してきたと 専門の研究者たちからも とても熱心に地球改革をソフトに推進してきたと指摘されました。

講義では

れまでに各国政府と金星政府が 交渉をしてきた関係者たちの証言や機密文書に記述されていた交渉の
内容から さらに 一般人の方々が UFO宇宙船に乗船され 実際に金星へ行って高度な文明を見学・体験・

あるいは 一定期間 金星に定住して生活した方々の証言など より具体的に紹介し なぜ ロス一族が
主力となって国際的なUFO-ETI隠ぺい政策を徹底するのか・・・ 大学等のUFO-ETI科学者たちの証言をも
踏まえた 金星政府地球改革内容について解明し課題提起したいとえております。

◆資料動画--355--金星政府による地球文明の救済ボランティア活動!!!---NFS


  314--地球人類は10億年前からオリオン政府に飼育管理・監視 
されてきた-M. ウルフNSC議長の公務証言--NFS--Ngo未来大学院


 
              G  UFO-ETI最先端科学院          ( UASR )
UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL付属
5年制( 大学院修士レベル以上の方が対象です )

H  P   UASR-01   UASR-02   UASR-03   UASR-04   UASR-05


UASR-06
  UASR-07   UASR-10   UASR-11   UASR-12   UASR-15


UASR-17   UASR-18   UASR-20   UASR-21   UASR-22   UASR-25


inserted by FC2 system