●USS/UFO科学大学院


  Teleportation / 国家軍事機密 


       フランクリン・ーズベルト政権下
<
Franklin D.Roosevelt 在位1933.3/4〜1945.4/12 12年間の政権>で
戦後の世界を支配し得る巨大な資本主義経済の基盤
(
N.テスラ博士が 発明・開発した発電機・交流電気エネルギー文明)世界最強
軍事ハイテク
ETIから提供していただき米国 国際社会支配する
レベルへと構築していった大統領でした

  しかも 彼
実力以上地球外文明パワー地球社会
経済・金融・エネルギー・情報・軍事力・科学技術----
ずれも
優位
に立つ基礎宇宙人(ETI)サポートのもとで構築したことです。

   米国
経済・エネルギー事などの構築した科学者として


@ニコラ・テスラ博士

Aフォン・ノイマン博士


  であり この2人の科学者が 現在でも他国の追従を許さない米国を構築したのです。
  これらの研究成果は
T.T.ブラウン博士 アインシュタイン博士らに重大な影響を与え その後の 宇宙人とのサポート体制をより強力なものへと発展させ 現在のリーダー的地位を確立しました。


 
以上の詳しい講義内容については USS確認してください。   










 
 





  Roswell UFO/ETIetc    

    ルーマン政権下<Harry S.Truman 在位 1945.4/12〜1953.1/20>

では 1945.1/20にルーズベルト政権下で

副大統領に就任し 同年4/12にルーズベルト大統領

の死亡により第33代大統領に就任。

  8月未明に日本の広島・長崎に原爆投下を命令し 9/2に

日本は ポツダム宣言を受諾して無条件で降伏しました。

  
ルーマン大統領は ロズウェルにUFO/ETIが 墜落<1947.7>

して米軍に回収される事件が 発生する以前

つまり 1945.3
以前にルーズベルト大統領から国家機密

に関する極秘のハイテクな軍事機密の開発に宇宙文明が

関与している件を引き継いでいました。

  したがって
ズウェル事件対処は 素早く

国家最高機密組織を次々
組織して完全国民から

地球外文明関与疑われる痕跡を隠ぺいする工作

強力
めました<米軍回収部隊/MJ-12/CIA/NSA/etc>。

 
家機密に指定されたのは 兵器だけではなく

さらに上位のランクづけた
UFO/ETIの情報でした。


 詳しい講義内容は USSへ ご確認ください。

   



 





  E T Iとの秘会談 

  
   D.D. イゼンハワー権<在任 1953.1/20〜1961.1/20>  

彼は 貧しい家庭に生まれたが 常に勉学とスポーツに

そして ついに陸軍大学を首席で卒業しました。 

  そ
の後 ダグラス・マッカーサー<Douglas MacArthur 188.1/26〜1946.

4/5>
参謀長の特別補佐官となり 1941.12/8の日本軍による

真珠湾攻撃により参謀となり そ
後 ヨーロッパのノルマンデ

ー作戦の最高司令官となりドイツ軍を打ち破り1944.8にパリに

り 後 ソ連対日参戦反対原爆使用にも反対した。


  1948.6にコロンビア大学総長に就任し学問の自由と 学者


真相を究明することを 自由な教育研究を推進されました。

   さらに 大学内に平和研究所を創立して 戦争による心的

知的 物質的な進歩に与える恐るべき影響を解明しようと
しました。

  さらに 栄養研究所を創立して 食糧問題を生命の維持

と栄養に関わる全ての研究分野を推進しようとしました。

  そ
後 1950.12にトルーマン大統領からNATO軍最高司令官

への就任要請があり 1951.1司令官就任されました。

  1952.6/1にNATO軍の最高司令官を辞任して帰国し

大統領選挙に担ぎ出され1952.11/4に大統領に当選。

  1954.2/20
エドワード空軍基地にてオリオン種族宇宙人

と会談
が 実施され米軍ハイテク化への協力と 宇宙平和

的な交流を推進することで合意し会談は 成功しました。
  
  なお アイゼンハワー政権下では 十種類以上のETIと常に

外交交渉
交流計画推進していたことが 判明しています。

  
この太陽系ETIでは 金星人との交流が
関係者では 知られており
CIA公文書にも
具体的な交渉の内容が 明記されていました。

● 
詳しい義内容については USSにて ご確認下さい。

  


   
   
   

                            Top          Return       Next3

inserted by FC2 system