UFOノーベル賞について

UFO科学大学院   

      UFO Scince School (U S S)

         NGO立 信制 (創立 2000.1/1)

 

                   


   
 
 
   術論文(1) <ームホール と 死体験>

 Wormhole  and  NearDeathExperience

  
  術論文(2) <UFO推進原理> 
     
 U  F  O  科 学     
          
 E  T  I   科 学  の 文  献
S  A  H    の  文  献
  
     科  学    文  献
  
 転  生  科  学    文  献
         動画A (USS)
        UFO科学大学院の活動  2000.1/8〜現在
    動画B (Abduction学/J.M.マック博士)
         ● Dr.Mack/ハーバート大学医学部教授/同病院長



UFOノーベル賞について


ウェブ アニメーター MOVIE 動 画 Net Work

             














UFO科学を究推進した軍航空隊将校----日本で最初にUFO/ETIの科学研究団体を組織された方は 井欣一博士です。

  
荒井欣一博士<Arai Kin ichi  青山学院大学 陸軍レーダー部隊少尉 大蔵省官僚 世界初のUFO/ETI博物館を創立 UFO大学名誉博士>
 約1000人
市民参加するUFO科学団体組織 石原慎太郎東京都知事や糸川英夫博士(東京大学工学部/日本のロケット工学の父)など著名人多数参加されました。

 
 USS国際未来科学情報センター<IFC>には 荒井博士に関する情報が 集積されており その業績や研究活動等を学習・研究することが できます。
       ● しくは USS 確認下さい。 











UFOノーベル賞について







Abduction科医学研究者--
---
ジョン・E・マック博士<John E.Mack ハーバート大学医学部精神医学主任教授 同大学付属病院長 ピュリッツアー賞 国際Abduction調査研究 約1000人の被害者を治療して実態を世界で初めて医学的に解明しETIによることを詳細に科学分析し多くの被害者を救済 >の科学的研究成果(国際的なAbduction体験者の実態調査を実施されました)を公表されました。
     ● 詳細内容は USSに ご確認下さい。









UFOノーベル賞について













    
 リーネルギー先端
   科
学者---井出 治博士

   <立命館大学理工学部 工学博士 EMAモーター学 電磁エネルギー学 エーテルエンジンを開発  NASAラングレー研究所にて研究成果を公表 米メリーランド州立大学にて研究発表し幹部会より高い評価を受ける>

  これまでの最先端の研究開発によりエネルギー効率125%〜200%を達成しました。 未来科学のさらなる発展のため継続研究中です。


           詳しくは USSに ご確認下さい。 











 





ズウェルUFO事件公務証言学
---
ブランチャート大佐/マーセル少佐/S.T.フリードマン博士/R.M.レイミー少将/J.ウェルコック郡保安官/K.ホールデン博士/S.シフ連邦議員/トルーマン大統領/ブラゼル家/キャヴィットCIC大尉/ハウト大尉&軍広報官/R・ケイシー大尉/J.R.ワイリー中佐/シャーキー中尉/ストリングフィールド広報部長/フーバーFBI長官/コーソー情報将校・・・公務証言について詳しく調査・分析してきました。

           詳しくは USSへ ご確認下さい。
 











 
 
ズウェルUFO落現場学調査ーー

リンカン・パス博士<Lincoln Lapaz 米国防省科学顧問 ニューメキシコ州立大学物理学部長 隕石学 弾道学 UFO科学 物理学 天文学>のUFO墜落現場の科学的調査を実施しUFOの墜落経過と残骸の科学分析等の結果を調査報告書として国防省へ提出しUFOの実在を証明されました。

  
 しい内容 USS確認下さい。    
 



 

 UFOノーベル賞について




AREA51-S4国軍事機密リア
 国民が 知らぬ間に広大な軍事機密エリアの地下基地等には約一万人宇宙人と共同でUFO宇宙船レーザー砲 ビーム兵器 テレポーテーション<瞬間遠隔移動> タイムトラベル リモート・ビューイング<遠隔透視>など未来科学のハイテクを実現するためにルーズベルト政権からオバマ政権まで宇宙人と共同で極秘の研究・開発を軍事機密費という国民の税金を投入して進められてきたと公務証言された方々-----

 
グリアー博士/早坂秀雄博士/フリードマン博士/ゴールドウォーター大統領候補/キーホー少佐/オッペンハイマー博士/アインシュタイン博士/バレー博士/ボイラン博士/ラザー博士/ノイマン博士/ウルフ博士/ハウ修士/英国ポープUFO局長/ブラウンNASA副長官/ファインマン博士/フォンケビュツキ国連広報官/ブラウン博士/ホーグランド博士/テラー博士/ケネデー大統領/鈴木龍成博士/レーガン大統領/佐藤守空将公務証言について詳細の分析がなされました。 

    詳しい内容は USSに ご確認下さい。 
 



 
 

UFOノーベル賞について






自衛隊UFO遭遇事件 -----

@海上自衛隊ハワイ巨大UFO事件<1971.10/26>


A南極観測船ふじUFO目撃事件<1979.1/6>

B茨城県百里基地UFO死亡事件<1974.6/9>

C水
産庁洋調査船「海丸」UFO事件<1986.12/21等>

D
在日米軍沢基地ブリガムUFO事件<1952.3/29>

E青森県三沢沖UFO事件<全日空 1982.5/13>


F三沢基地上空UFOニアミス事件<1983.10/28>

G航空自衛隊沢基地UFO亡事件<1998.8/25>

H宮
城県島基地巻型UFO事件<1983.複数自衛官証言>

I 
空自衛隊UFO/ETI告義務規定200-4A<1951> 

J 在日米軍
三沢基地エシュロン-NSA/UFO多発

K 
その他

  
以上の具体的な現実の諸問題から学習し研究してまいります。

詳しい内容等は
USS ご確認下さい。
 







 
 
 
   
   
   日ETI土偶---

@
 青森県ETI土偶<高さ34.2cm/亀ヶ岡遺跡/国の重要文化財/
                        東京国立博物館所蔵/>
   
     
A 宮城県ETI土偶<高さ35.7cm/田尻町恵比須田遺跡/
                 国の重要文化財で
完成度の高いETI土偶>

 
     いずれの土偶にも共通しているのは 地球人類とは まったく似ていないこと。 目が大きい/ヘルメット/アンテナ/宇宙飛行士の服/ベルト/マスク/バルブ/BC.2000年〜BC.500年ころ/東北地域・・・・・

 戦
連のレクサンダー・カザンツェフ博士<モスクワ大学院 物理学博士>が 土偶を持ち帰り研究調査した結果を1962年に科学雑誌「アガニョーク」に公表し
・・・地球外から飛来した宇宙人であり・・・土偶中には ヘルメットを取ると 下から顔を出すタイプも確認されました。・・・・・・
  また 土偶
中は中空であり 宇宙服を着ていたと推定されます。・・・」との研究成果を紹介しました。 

  さらに
ォン・デニケン博士<E.von Daniken:国立ボリビア大学名誉博士>は 来日して 詳細な研究・調査をされ その後 ロシアカザンツェフ博士と共同研究をして縄文ETI土偶であるとの研究成果を公表されました。
 
 しい内容 USS 確認下さい。 
 



 
 





 
   
   

UFOノーベル賞について

トーン・サークル----

    秋田県鹿角市大湯には ストーン・サークル(大湯環状列石)が 見られます。 

  
遺跡は 大きく2つの組に分かれて集合しており<万座野中堂呼ばれ その間は 90m離れています> 数十個の石組が内外2列に帯状に配置されています。
 外帯は 直径約45m 内帯は 直径約10mあり 地面の下には長円形の縦穴が 確認されました。

 建造されたのは BC.4000〜BC.8000年ころと推定されています。

 これらのストーンサークルは 北海道や青森県 さらに 英国では ストーンヘンジと呼ばれる巨大な石組が 確認されています。
 では これらの遺跡は 何のために建造されたのでしょうか。
  超古代における数々のハイテク文明の実態について学習し研究を進めてまいります。

   詳しい内容 USS ご確認下さい。  
 



 
 


 
 
 


UFOノーベル賞について




 東日本巨大災害


2011.3.11---2万人以上が死亡され UFO科学大学院も被災しました。

ボランティア






あ り が と う ご ざ い ま し た
 
全国・全世界から 暖かいボランティア

を いただき 心から感謝しつつ

熱い絆
御礼申し上げます。

今後

地球かされていることに感謝

チャレンジいたします。
 








 USS---UFO SCIENCE    SCHOOL

       Sendai in Japan       2013. 3 / 11

   

 

   
   




   国家犯罪と情報公開



2011.3/11の東日本大災害で 安全だと原子力保安院が
お墨付きをしていたにも かかわらず
福島原発<東京電力> 爆発し世界でも体験したことのない強度の放射能を広範囲にまきちらして膨大な被害をもたらしました。



 しかも 巨大災害の政府・官僚の職務として義務づけら
た会議記録までもつけず 情報の隠ぺいだ----国家による犯罪ではないかとの厳しい批判を受けています。




この法令が 政権与党により実施されれば 国民の知らぬ間に
原発による核汚染/軍産企業の肥大化/国会議員による汚職/官僚汚職や天下り/税金ムダ使い/市民の日常会話盗聴/エシュロンによる国民監視・盗聴/UFO&ETI情報公開拒否/データの改ざん/公権力の乱用・・・全てが隠され国家にとって都合のよい情報しか公開されない危険性が 指摘されています。


1985年「
国家機密法」を成立させようとした中曽根政権では
やりすぎだとして与野党を含めて反対して廃案になるという経過がありました。 
関係する弁護士や研究者たちの調査・分析によると


@ 「国民は 何も知らない方が 統治しやすいとの政治的官僚的合意が 形成されつつあること

 
さらに

A 米国の9.11テロ名のもとに米国民に国家機密や安全保  障を理由にしてUFO/ETI情報を隠ぺいして良いとのJANAP全軍布告<1952.2〜2011>や 2007年GSOMIA<軍事情報包括保護協定>等による日米情報統制の合意へ向けての準備段階が 背景にあると推定されています。

いくら
情報公開法があっても 現在でも黒マジック
消されて公開されている実態があるのに さらに 国家機密法が 制定されたら 国民は皆 
知の状態---北朝鮮--顔負けの国民主権を放棄した独裁国家になるのでしょうか。
 みんな 心配しています。

安部総理 ろしく お願いします。


探査かぐや開を!!!
与党政権要請します。


以上の内容についてUFO科学やETI科学 情報
公開学など
研究成果をふまえて政治学 社会学
経済学 戦略・政策学 歴史学等の視点から
今後 100年先をも含めた実態等の変化
等を科学的に解明します。





 




 
   

未来科学情報士
(
三種・二種・一種・特一種
              職 員 募 集
           防衛省UFO公務証言 

                

 

 大学の主な研究テーマ    




               UFO科学の研究        SAH科学の研究


              量子科学の研究         転生科学の研究

             ETI科学の研究



               



           





RETURN    Next.2   Next.3  Next.4  Next.5    最先端の動画


                   

inserted by FC2 system