Johann von Neumann
●USS        ( Neumann: ハン・ォン・ノイマン  1903.12/28〜1957.2/8   ハンガリーのブダペスト生 ユダヤ系の裕福な家庭で育つ 幼少のころから数学・語学の天才と呼ばれ 大学入学を経ずに優れた数学者として評価されブダペスト大学で数学・実験物理学・化学の博士号  ベルリン大学・チューリッヒ大学・スイス連邦工科大学で学び 1919年に出国し ベルリン大学教授 ハンブルク大学教授 1930年に渡米し プリンストン大学教授<集合論/代数学/量子論等>  その後 プリンストン高等研究所創立<1933>と同時に数学教授<純粋数学/応用数学/量子論を研究し集合論の新公理系を確立>となる。 大戦中から国立ロスアラモス研究所等で国家機密の原爆兵器の性能を高める衝撃波の数学的研究を推進 大戦以後も水爆兵器の高速計算−−−コンピュータの研究・開発を進めた。  さらに 地球外から飛来した宇宙人の協力のもとで多くのヒントをいただき 彼は UFO宇宙船の開発にも関与しましたし 大統領のUFO/ETI科学顧問としても活躍 UFO推進装置学 TimeTravel学 

  
Dr.Johann von Neumannは 
のような 数学・理論物理学・数理経済学等の応用数学全体に歴史的業績を残しました。


@
 純粋数学では ノイマン環といわれる作用素環論(膨大な理
     論
)と連続幾何学を創始 さらに位相群表現論にも貢献

 

A 理論物理学<集合論・数学基礎論・ヒルベルト空間理論の研究から>で    は 量子物理学の数学的基礎づけをした 「Mathematische    Grundlagen der Quantenmechanik. 1932 

B 応用数学では 第二次大戦中からゲーム理論を創始し      O. モルゲンシユテルン<Morgenstern>博士と「theory of      Games and Economic Behavior. ゲームの理論と経済行     動 1944」を出版し 数理経済学へ応用・創始 

C コンピュータ科学理論の開拓者で MANIAC.1の設計を指    導し オートマトン理論やオペレーション(OR)や自己増殖す   る機械理論も研究開発し デジタル・コンピュータの元祖 


  
 以上のような多岐にわたる研究と活動により数学者の活動範囲を拡大するなど多大な貢献をしました。
  
情報科学の分野では プログラム内蔵方式を提言し 脳の情報処理の仕組みにつ

いても研究し 最終的には 
脳  心は 別の存在であるとの問題提起をいたしました。 


 
 フランクリン・ーズベルト(F.D.Roosevelt: 在任:1933.3/4
-1945.4/12
)政権下の1933年からフィラデルフィア実験(レンボー・プロジェクトとも呼ばれていた/国家機密の軍事的なテレポーティーションの研究開発)に参加し 
  初代の同研究指揮最高責任者だった
N.テスラ博士の 辞任後<1943>には 同最高責任者となった。
 さらに 
アイゼンハワー(D.D.Eisenhower: 在任:1953.1/20-1961.1/20)大統領政権下では 後のモントーク・プロジェクトの初代最高責任者に任命され その軍事的な基礎を確立した<タイムトンネル/タイムマシン/RV: 遠隔透視/マインド・コントロール等の開発>。 

  
イマン博士は 大統領のUFO/ETI科学顧問であり 常に国家機密に関わる研究・開発に深くかかわり かつ指導する最高責任者でありました。 同博士は 頭脳明晰で 常に数学を駆使した量子科学の最先端にいる時に大きな喜びを感じると言い 巨額の軍事費で開発研究されたTIME TRAVELetcの総合的な研究成果に大変満足していた。



 
 以下 フィラデルフィア実験(Time Travel/Time Tunnel/Teleportationほか)の実態について 述べることにしたい。
  この国家的軍事研究は 常に 地球社会のリダーとしての地位を確固とした地位を確立するために 貢献するために必要とした。
  以上の米軍のハイテクは 現代の一般に知られている量子科学の常識を はるかに超えた 恐らく 1000年先を軽く超えたハイテク文明の内容です。  したがって 今の科学技術では とても 説明できないシロモノとされ だからこそ 米国の軍事的優位は 確固としたものになりました。  核兵器は もとより レーザー砲 ビーム兵器 さらには UFO宇宙船 そして これから 触れていく 最高軍事機密という
タイムトラベルから遠隔透視(RV:Remote Viewing)やマインド・コントロール 瞬間遠隔移動(Teleportation)等は 米国以外は どこの国も 使いこなすことのできない軍事技術です。  以下 軍事機密の内実について 述べていきます。


 
 1943.8/12にペンシルベニア州フィラデルフイア軍港で 海軍の実験船エルドリッジ号を消す実験は 成功したが 船内にいた兵士たちは 体が燃えたり 精神異常をきたしたり 艦船の壁などに体が 埋め込まれたり等の惨憺たる状況が 発生していました。
  この惨状に 大変 ショックを受けた
ニコラ・テスラ(Nicola Tesla 1856-1943 電磁気学 タイムマシン学)博士は この実験の総責任者だったが 人道的に許されないとして辞任を申し出た。
  その後は J.v.ノイマン博士が 後任の最高責任者となりました。  しかも これらの軍事研究は ノイマン博士だけが 進めたのではなく 
インシュタイン博士やT.T.ラウン博士
 
R.ァインマン博士 ッペンハイマー博士らも参加していたとの複数の証言が 出てきています。

  いずれにしても 世界を代表する量子科学者等が 米国に多数集合し 世界を支配するリーダーとして米国が しっかりと腰を据えて確固たる基盤を整備し 準備しつつあった。


 
その原点は すでに 第二次大戦が 始まる当初からスタートしていたと言えます。 
  しかも 
落としては ならないのは

 発想や知恵は 地球人類のレベルを はるかに超えた オリオン種族の宇宙人文明が 深く関与してきた」ことです。   


     J.v.
Neumann博士らが 公務証言してきたように このことを しっかりと受け止め この地球文明の課題として 宇宙文明は 地球人類が ほとんど知らぬ間に 進行しつつあることを冷静に受け止める必要があります。

  極少数の方々だけが この地球の膨大な富を独占し いい暮らしをしてきたことを しっかりと 冷静に 実態を分析し 残された地球人生を ささやかでも 丁寧に誠実に生きたいと言ったJ.v.Neumann博士の最後の公務証言は 真実を証言しているのではないないだろうか。


  それにしても 長期にわたり核兵器の開発・研究で働いたノイマン博士の身体は 放射能で汚染され ボロボロの体であり 最後は ガンで死んでいきました。



  
死ぬ間際イマン博士は

   あまりに 国家機密に関する軍事的な研究・開発に関わりすぎたことを悔やんでいます。
   しかし 研究者として 未知なるTime Travel
等の研究に関与し しかも 人類よりもはるかに進んでいるオリオン種族の宇宙人にサポートしてもらい その結果として UFO宇宙船も 宇宙兵器も 最先端の優れたハイテクも取得できたのは 私の生涯にとって 忘れることのできない幸福とも言える」と公務証言しました。

 

  
ノイマン博士は 生前に

    「
 フィラデルフィア実験<Time Travel/Time Tunnel/
Teleportations等の
研究・開発を含む>段階から 難問の壁にぶつかり どうにもならなかった時 オリオン種族の宇宙人チームが ルーズベルト政権の時から 常に 米国政権と交渉し密約をし 米国が いつも 世界をリードし 地球文明の最先端を行けるように 来る宇宙社会にスムーズに移行できるように 常に 米軍の科学者たちをサポートしてくれたのは 宇宙人だった
公務証言
されました。



  Johann von Neumann博士は あまりに恵まれた才能と財産と優れた専門的な知識と技能 ----- 数学・理論物理・経済学・コンピュータ学・量子科学・核兵器学・・・・いずれの分野においても優れた業績を上げることができました

  
しかし 地球人類として生まれ 小さい時から天才として高く評価された方でしたが オリオン種族の宇宙人には かなわなかったと証言しました。

 どんなに 
努力しても ETI(地球外知的宇宙人)には 追いつかないと 述べておられます。

  
以上のような天才が ナゼ 宇宙人と深い関係を築き しかも 国民に隠しての
危険をともなう軍事研究を進めたのか等の実態解明を進める学習や研究に役立つと推定される関係資料等を多数準備しております。



宇宙人 米国政府 軍事機密とし       て世界支配プロジェクトETI会談し< 極秘のうちに フランクリン・ーズべルト大統領時代から N.テスラ博士から紹介されたETIと>時代数百年先をいくハイテクを提供するよう要請した実態や  現在世界をリードする米国世界戦略体制を形成していった過程を実証する資料を提供することが できます。

  
生涯教育視点から 地球社会とETI
関係を科学的に解明したい方には 必須の関係資料が USS(UFO科学大学院)国際情報センターに集積されています


  
学習や研究に活用されたい方は ご連絡 下さいませ。


 

 
     

                                       Top         Return    

inserted by FC2 system