Donald Edward Keyhoe 
●USS/UFO School   
  (ナルド・ドワード・ー   1897.6/20〜1988.11/29 米国海軍士官学校  ヴァージニア海軍航空大学<理学士>  商務省官僚  UFO科学   ETI科学 情報公開学 全米UFO調査委員会<NICAP>理事  連邦議会等公務証言  米国政府隠ぺいするUFO政策を批判

 国民に情報公開
するよう強く訴え「Fliying Saucers are Real  空飛ぶ円盤は実在する 1950」を出版 海兵隊少佐 米国政府や空軍・海軍等が隠しているUFO/ETI情報を調査・分析し その結果をメディアで公開し全米で大反響をもたらしました。   

 常に開かれた民主国家を目指し UFOやETIの真相・実態を国民に公開するように強く訴えた人権学者   UFO大学名誉博士)

 
 
  ーホー博士は 米国軍の軍規JANAP-146のおける規定は UFO/ETIの存在を力づくで押さえ 真実を語った公務員を罰金や牢獄刑という犯罪者扱いするのは重大な人権侵害だと告発しました。
 
 1958年 マスコミの放送中に

政府の狙いは 国家安全保障を理由に UFOやETI事実国民隠すことにある。

と告発し米軍の憲兵隊に逮捕連行される様子が全米に放送され

国家が UFOを隠した!!と大騒ぎになりました。

  そのあと 米国政府は 国民に理解されないとしてキーホー少佐を釈放しました。

  
上の民主的なUFO政策に対して軍幹部から

のような言がありました。


▼ 
ョセフ・ブライアン空軍大佐

「 宇宙人(ETI)が UFOを操縦し組織的に地球人を観察しており UFO/ETIの実態を公式に否定すれば 危険な国家犯罪です。」



▼ 
コーター海軍大将

 
「 米国政府や米軍は 常にUFOやETIの真実を隠しており 今こそ 米国議会が 実態解明のため活動すべき時ではないか。 」

 1966.4/5米国連邦議会においてUFO実態についてマクドナルド博士( J.E.McDonald1920-1971  アリゾナ大学気象物理学研究所長 気象学 物理学)が 連邦議会等の証言台UFOETI存在は 隠しようのない事実であることを証拠を示して公務証言をなさいました。



 
ーホー少佐から提供されたUFO公文書<国家機密文書も含む>等の資料や写真等を示して真相を明らかにするよう発言しました。

 
また 1966年のジェラルド・フォード大統領(上院連邦議員)は 国民からの真相解明要望を受け連邦議会開催とコロラド大学にUFOプロジェク設置<Colorado University UFO Project1966.10/6-1968> / コンドン委員会<Condon Committee>の発足へと貢献しました。

 さらに 
コンドン委員会は CIA空軍情報部から53万ドルの資金提供とUFO隠ぺい工作の依頼を受けていた事が判明し キーホー博士は 非科学的で事実を隠すための「コンドン報告書 Condon Report 1969」であることを突き止め告発しました。

 以上のように
ーホー博士は 情報公開(国民の知る権利)の推進等に多大な社会貢献をいたしました。





  USSでは 全米国民米国政府UFO/ETI情報隠ぺい    政策実態強く問題提起された Keyhoe博士情熱真相    究明への社会的貢献について学習研究することができます。

 


    
ご希望の方は ご連絡下さいませ。


  速く月かぐや探査船の情報公開をしてね!!!


Top  Return

inserted by FC2 system