UFOLOGYSTetc    ●UFO科学大学院/USS


J.E.マクドナルド博士
(1920-1971)
UFO-ETI科学の祖・国家が私物化
され その背景にオリオン政府が関与してい
実態記述した機密文書D.キーホー少佐等から提供され解読連邦議会告発
 J.Allen イネック博士
(1910-1986)
米国空軍UFO科学顧問の祖・当初
国家を私物化したロス一族らにより
UFO-ETI情報の隠ぺい工作活動の指令
を受けて仕事としたが 次第に疑問を
もち20年後に辞職して告発証言へ
Jacques J.バレー博士
( 1939- )
米ソUFO-ETI科学者交流推進
国家機密に関する高度の研究に参加
国立RV研究所にて遠隔透視の研究で
は オリオン政府がサポートしたと証言
荒井 欣一博士
(1923-2002)
日本UFO科学市民団体の祖
UFO110番の開設・在日米軍

UFO-ETI情報を隠ぺい
したと証言
S.T.フリードマン博士
(1934-  )

UFO裁判原告団長・NASA裁判原告団
国立ロス研究所・NASA顧問・軍産企業
で オリオン政府のサポートを受けた
ことを証言・国家は操り人形だとした。
C.W.トンボー博士
(1906-1997)
米国UFO-ETI学会の初代会長
自宅や職務中にUFO-ETIを4回も目撃し
ラパス学部長と共同でUFO-ETI学会を
組織し科学研究を推進しました。
 山根 隆治国会議員
(1948-  )
日本UFO国会にて質疑した
国会議員として知られています
麻生大臣は 答弁が不明確だった
レートスケ県会議員
(1969−)

日本初の地方議会でUFO質疑
増田知事にUFO対処法等を問うが
まったく無策な内容であったと指摘
次期 知事選へ立候補・UFO大学長
早坂 秀雄博士
(1932-2009)
東北大学工学部教授・工学博士
界でめての反重力術研究に貢献
UFO大学・UFO科学大学院の建に貢献
UFO宇宙船開発オリオン関与を証言
 J.Pierre プチ博士
(1937-  )
フランス国立UFO研究所で
30年間ウンモ政府の科学研究
D.E.キーホー将校・高官
18971988
UFO-ETI情報公開のため告発証言
オリオン政府の指令で隠ぺいと証言
. マカビー国立所長
(1942−)
米海軍兵器開発研究所長
UFO裁判原告団長・情報公開推進
Edward テラー所長
(1908-2003)
国家最高機密地域エリア51-S4の最高
科学責任者は テラー所長でオリオン
政府の指令でハイテクな兵器が完成
したこと エリア51の地下基地に約100
以上の宇宙政府が在住し交渉し交流
も積極的に推進されていると証言

Robert B.ラザー博士
(1959-  )

エリア51の科学最高責任者のE.テラー
所長に採用されたと証言しました。
同基地のS4では オリオン政府が 関与
UFO宇宙船開発は オリオンの関与で
進んだ宇宙船が 完成したと証言
J.ボイラン博士
(1941−)

心理学博士・政治学博士
米軍と大統領・オリオン政府の関係
を機密文書と関係者の証言等
情報分析・統合しつつ真相解明。最先端
情報集積し解読。国民主権は無視
され超富裕層のための社会体制とした。
..チェルノブロフ博士
(1965−)

ロシア大統領科学顧問・ロシアUFO
-ETI科学者・30億年前の化石を発見
1980年代からはタイム・マシン実験
成功し さらなる未来科学の研究へ
展開中。UMMO政府との交渉高官
Nick ポープ国防省高官
(1963−)
英国のUFO-ETI局長・1990年代までに
確認されたUFO-ETI情報を国民へ公開
すべきと訴えた政府高官の一人です
英国政府は オリオン政府に管理されて
いるとの実態を詳細に証言
.W.グリアー学博士
(1955−)

米ワシントンで各国のUFO-ETI職務の
政府高官・軍事科学者・将校etcの
関係者たちに証言していただき現代
地球文明の課題解決法を提起された
宇宙政府間交渉証言もあったと指摘
C.Philip J.コーソー将校
(1911.2/6-2004. 6/)
米国防省高官・陸軍情報部将校
地球文明は オリオン政府に管理
飼育された実態であり超富裕層のため
社会であることを学ぶ必要があると証言

B.ールドウォーター少将 
(1909-1998)将校・大統領候補
UFO-ETI情報隠ぺい政策に反対し
国民に開かれた民主政府を訴えて
米国大統領選挙へ出馬しました

ォンケビツスキ国連
(1909−1998)
広報官
国民にUFO-ETI情報を公開しつつ
より良い地球文明へと
改革を推進すべきだと訴えた。
米国・英国・フランス議会で情報公開
を講演し国民に開かれた社会を提起
.J.オーベルト 所長
(1894−1989)

世界初の宇宙ロケット開発の祖
日独UFO宇宙船開発公務証言
上村健太郎(初)空将
( 自衛隊幹部としてUFO-ETI公認 )
海部総理らの諸外国のUFO-ETI研究の
実態調査をしたことを公認
homas ブラウン局長
(1905-1985)

CIA科学局長・UFO-ETI隠蔽工作に
関与・オリオン政府のサポートを公認
W.F.von ブラウン長官
(1912-1977
)
NASA長官・地球文明には オリオン
政府が 関与してきたと公務証言
Lincoln LaPaz学部長
(1897.2/12-1985.10/19)
ロズウェルUFO-ETI事件を調査
米国防省へ報告・トンボー教授と
協力して世界初のUFO-ETI学会を創建
空将
(1939.8/8〜 UFO公認)
UFO-ETIとのスクランブルに対処する
安全保障政策の見直しを提起
小村秀樹空将
( 自衛隊幹部としてUFO-ETI公認 )
石川貫之空将
( 自衛隊幹部としてUFO-ETI公認 )
 平野 晃 空将
(
自衛隊幹部としてUFO-ETI公認 ) 
 アイゼンハワーーラさん
( 火星移住者・アイゼンハワーの孫)
オリオン政府サポートで最先端ハイ
テク移動が可能となり火星へ約30万
人が移住したと証言。火星は人類の
起源( 肉体はレプタリアン族。心は転生による )
と証言。 地球は物欲研修所とオリオン
政府により構築されたと証言。
 Edgarミッチェル博士
エドガー・ミッチェル宇宙飛行士
工学博士・オリオン政府は 地球文明
に関与してきたと証言・ロズウェル事件
は 隠ぺいすべきではないと批判。
月をはじめ太陽系には高度の宇宙文明が
関与していると証言しました。
 ードン・レイトン将校
(1944.8/19-  )
英国情報機関の高官・いつまでも
UFO-ETI情報を隠すことは 絶対に
民主国家としては 許されないとした。
地球政府は オリオンにより管理され
らの労働力としてされたと証言
 R.ノイマン博士
法学・医学・学術博士
Ngo国際大学等の理事
 総合科学と
未来科学の視点から最先端の研究
@UFO-ETI科学 A転生科学
B超古代ハイテク科学 C量子科学
( 量子物理学<Mind>を加えた)
D超能力科学 E最高精神学(Universal
Mind
)  Fそのた 現代の大学や
高等教育機関の目先の利益追求型
から真相究明を第一へ--科学研究
の原点をふまえた国際協力を推進し
最先端科学研究機関を構築中です
 佐藤明雄博士

甲南大学文学部教授・毎日のように
UFO宇宙船を目撃し 観測した絵や
記録等をつけて公表してきた。
ピラミッドのナゾ 世界の超古代
文明のハイテク性に注目して
様々な角度から科学実験により真相
を解明してこられました。 常識に
とらわれずに 常に科学的な視点から
真相を解明する優れた最先端の
科学者として多くの方々から高く
評価されています。
糸川英夫 博士
大学工学部教授・日宇宙開発
戦前において極秘の
日独UFO宇宙船の開発に国家機密
指令を受けて深く関与
戦後は日本の宇宙開発だけでなく
NASAにてオリオン政府のサポートで
UFO宇宙船の開発に関与したと証言。
その後 世界初の
@UFO大学・同大学院 AUFO科学
大学院の設立準備の段階から
深く関与し多大なNGO高等教育
機関の創建・発展の基礎を構築


部俊樹総理大臣(1931.1/2〜  ) 
( UFO-ETI公認・国際調査実施 )
直人総理大(1946.10/10〜 ) 
UFO-ETI情報公開に多大な貢献!!!
 破茂防衛大臣(1957.2/4〜 )
UFO-ETI公認(CIAや幹部らと協議)
Harry S.Truman
(1884-1972)
 
Lyndon B.Johnson
 (1908-1973)
D.D.Eisenhower
 (1953-1961)
Richard M.Nixon
(1913-1994) 
Gerald R. F o r d 
(1913-2006)
J.Jimmy Carter 
(1924-  )
 Ronald W.Reagan
(1911-2004)
米国政府は ロス族の操り人形とし
宇宙政府との兵器開発には オリオン
政府のサポートがあったことを公認
のために暗殺されそうになったと証言
Goerge H.W.Bush 
(1924-  )
CIA長官 UFO-ETI情報の隠ぺい工作
を指令したこと 地球文明は レプティ
リアン最高権力により超富裕層のための
社会だと戦争ビジネスを正当化した
Azhazha Vladimir
(ソ連科学アカデミー会長 UFOソユーズセンターを創立 工学博士 モスクワ大学宇宙工学教授 ロシア大統領UFO科学顧問宇宙飛行研究センター所長 UFO科学者)
P.マリーナ工学博士
(1931.7/20- 
ロシア)
ロシアの空軍大佐・宇宙飛行士
国立UFO研究センター所長・欧州
UFO-ETI学会長・宇宙から飛来した方々
との交流を推進 国内で発生したUFO
ETIの実態調査を進め定住していた政府
を証言。国民に情報公開を提起した
AZTEC UFO 事件
(1948 ニューメキシコ州) 
BUFORA 
(英国UFO研究協会 1964)
Hill Norton将校
(国海軍元帥 / UFO上院議員/UFO&ETI情報公開を推進すべく政府と交渉し情報を入手しました )
D.S.Fahrney少将
(米海軍少将 政府はETIやUFOを回収し地球外の生命体と文明交流を推進していると公務証言しました) 
 Henry Frankel
(ヘンリー・フランケル博士/NASA宇宙船研究部長/UFOソコロ事件現場で宇宙船の金属片を回収し分析した結果 地球外の高度文明の生命体のものと公務証言)
Edwards空軍基地
(同基地は
UFO多発地帯であり アイゼンハワー大統領が宇宙人と会談した<1954.2/20>地下施設群が完備 さらに 全米軍基地や機密軍事施設等相互に網の目状に発達した高速リニア・カーで連結されています) 
CUFOS 
(UFO研究センター
: Center for UFO
Studies / J.A.イネック博士ら創立
彼は
20年間 米空軍UFO科学顧問を担当 政府の隠ぺい体質に嫌気をさして退職
1974年に設立し国際的UFO/ETI研究推進)
CAUSUFO秘密政策に反対する市民: Citizens Against UFO Secrecy 1978年にUFO情報の公文書公開をさせるために結成された市民団体でドット・ゼッケル会長  情報公開法
を活用して行政訴訟を提起
しました
Steve レウス空軍将校 
(米空軍UFO調査局長/UFOやETIは確実に存在していると公務証言 /米軍首脳部は地球外文明の実態を知っており地球文明よりも高度に進化した知性とテクノロジーを有すると公務証言 )

E.ルッペルト将校
(米国空軍
UFO調査官 /UFOは存在するが米国政府が隠ぺいしていると公務証言/ その後 軍幹部から圧力をかけられ職場解雇のイヤガラセを受けたために心臓病で亡くなりました)
彼が 空軍やロス族の指令によりUFO
という用語を使うことを実態を曖昧にして

解説した。さらに 米国政府や空軍は
オリオン政府に管理されており 指令で
動く奴隷のような存在だとの証言あり

UFO大学・UFO大学院
創 建
( 2005. 1. 1. ) 
世界で初のUFO-ETI科学を研究する
NGOの高等教育機関が創建された

糸川英夫(東京大学教授・日本宇宙開発の祖等)
早坂秀雄(東北大学教授・反重力学の学術の祖)
の両博士が
創建へ向けて深く関与しました


Dowding空軍 
 
(UFO/ETI存在を公務証言 1954)
 Churchill英国首相
(
UFO膨大な報告書に驚く 1952)
英国の富豪の一族に生まれ戦中は
首相となり情報部からUFO-ETIが 地球
支配している植民地で財をなしたのもレプタリ
アン族とロス族お陰との情報た。
地球の欲文明が チャーチルに暗い影
をもたらしたとの指摘があります
 中国国立UFO研究
センター
( 北京/上海/昆明)
 ラジル
(
UFOを公認 1958 国際地球年
により各国の科学者たちが
観測・調査中に確認 )
 Ralph Noyes
(
ラルフ・ノイズ情報将校・英国防
省UFO調査局長
 イギリスUFO研究
協会会長ほか )
◆存在を公認
中国UFO国際大会
( 2005.10/7-9 大連大会
フリードマン博士らが参加
共産党幹部の指導で開催 )
 David Brigham
( デビット・ブリガム大尉 
三沢基地上空でUFOを目撃し
詳細報告書を軍に提出空軍
機密文書  1952.3/29 朝
)
Douglas Macarthur (1880-1960)
マッカーサー
GHQ最高司令官 1955年「次戦争は地球外
宇宙人との惑星間戦争になり
国家間
戦争 たちまち解消
するだろう」と問題提起
!!!
 Mantell UFO
事件

(
マンテル大尉 1948. 1/7発生 UFOと対戦し死亡 UFOに最接近し窓越しに宇宙人を数名確認し追跡中に攻撃されて死亡と推定されました )
Zeta Reticuli 1&2
(現在 地球文明に深く関与し交流する宇宙人はオリオン系のレティクル星人とされ 米国政府は この種族からUFO宇宙船やその他のハイテクを提供されたがAbduction等の諸問題が新たに発生しました)
FBI
(米国連邦捜査局) 
フーバー局長は 長期にわたり連邦捜査の巨大な権力機関を独占し UFOやETIに関する情報は 一切関与していないと否定してきたがUFO裁判で膨大な調査資料が公開され最高機密であることが判明した
Paul Lowman博士
(NASA宇宙飛行センター部長 NASAの探査で月・火星/金星/エウロパ/エロス等の天体にETIの文明が存在するとの公務証言 )
 
     
 UFO本の紹介  いせん本です 
 いつもUFOのことを考えていた(荒井欣一さん訪問記)
     
      ●和田登 /文渓堂 / 1994
 
 

  UFO-ETI Movie


◆ 一部 Ngo未来大学院と共同制作した動画を含んでおります。( UFO科学大学院 : USS )
 


佐藤 守
( 航空自衛隊 空将 )
UFO公認

 
UFO Venezuela
( ベネズエラ国 )

巨大UFO事件

 

( X-FAIL )
UFO宇宙船etc
ロシアETI-UFO


火星移住計画
( オバマ政権も宣言 )

@

 

NASAが隠ぺい
宇宙UFO-X-FILE





界のUFO-ETI
( UFO-ETI 情報)


@  A  B  C   D



 

UFO裁判etc
( 1977. 9. 21.提訴 )

米国ワシントン連邦裁判所

( 1978. 勝訴判決 )






UFO科学の先端
(
本のUFO-ETI )

研究課題 と 科学者たち


 

界のUFO-ETI



@  A  B  C  D


界のUFO-ETI



@  A  B  C  D

 
佐藤守 空将

UFO公認
公務証言

31




F E N
( 在日米軍放送局 )


UFO-ETI etc

287






 
 
 クラリオン政府
( カヴァーロ
氏の )
@
Ngo未来大学院と共同制作

288



なぜ
宇宙文明の存在

隠ぺい
されるのか

281





 


クラリオン政府
( カヴァーロ
氏の )
A
Ngo未来大学院と共同制作

289



クラリオン政府
( カヴァーロ
氏の )
B
Ngo未来大学院と共同制作

289

 

ズウェル
1947. 7.2.
ロス財閥はトルーマン大統領に隠ぺい
のためにUFO-ETI情報工作を指令し
国民からUFO-ETIの存在を消せ!!と指令した!!!


,ネーザン・トゥワイニング米軍総司令官
は UFO-ETI情報の隠ぺいを指揮したと証言

ズティクUFO
( AZTEC UFO Incident )
1948
米国ニューヨーク州アズテック市内で
幅30mのUFO宇宙船が 墜落し米軍特殊部隊
MJ-12軍科学者たち により回収され
ライト・パターソン空軍基地へ搬送された



 

ォロネジUFO-ETI
シア国のォロネジ市内で
1989. 9. 27-10. 5.
50人以上の子供や住民がUFO宇宙船や
ウンモETI政府の活動を観察しました。
その一方では ロシア政府との交渉も
実施したことも判明しました。




ァンデンバーグ
UFO-ETI
1948. 8.
UFOとは高度に進化した知的生命体の
宇宙船であり もし 国民に知られると
パニックが 発生し ロス財閥の先祖の源が
判明し 地球の体制を維持できなくなるから
絶対に口外するな!!!とMJ-12会議等で指令



MaJestic-12
( 米国家最高機密委員会 )
1947. 9. 24. 機密指令
トルーマン大統領は ロス財閥
( フリーメイソンの最高幹部 )
令で
UFO-ETI情報隠ぺいするために
組織した!!!



地球社会最高実力者
スチャイルド一
地球未来決定してきた一族!!!
彼等が
地球未来決定管理・運営

彼らの先祖の源は 火星であり
独裁政治により革命が起こり地球へ逃げてきた




地球
について・研究し
を向上させる
( 研修センター )です
そのために地球外の高度の文明政府も
転生したり監視・警戒しつつ心質の向上を修得へ!!!
  高精神==宇宙( Univarsal Mind ) 



地球文明

諸課題を解決できる

ヒント
300年も
されました!!!

 
 
 
 
 


Home Page
inserted by FC2 system