Steven Macon G r e e rUFOノーベル賞について
●USS / UFO科学大学院        
 


  (ティーブン・M・グリーア  1955.6/28〜 クィレン医科大学 アパラチア州立大学院医学博士 マハリシ国際大学院  医学博士 メモリアル病院長 ノースカロライナ医師会長

  1990年に
CSETI<Center for the Study of Extraterrestrial
Intelligence
: 非営利団体の地球外宇宙人との教育・科学・文化交流を平和的に推進するために結成された組織>の国際的な非営利団体を結成し代表となり 地球外生命体との平和的な交流を米国政府や国民に問題提起しました。 

  さらに 米国政府のUFO/ETI情報公開を推進し宇宙に開かれた地球社会を実現するため 1993年に情報公開審議プロジェクト<
Disclosure Project>を創立しました。

  現代地球文明の抱える冨の格差社会を改善し 物欲的な生活を反省し 地球環境を破壊する石油エネルギーを止めて クリーンな宇宙エネルギー<
MHD等の>を研究・開発すべきだと政府に要請しました。

  また UFO裁判等でもUFO/ETIは存在するとの司法判決が出たことから直に宇宙人に関する情報公開を実施し 地球外文明人との平和的交流を推進すべしと強く要請したが 米国政府は協力しませんでした。


 
リーア博士らは 2001年にワシントンD.C.デスクロージャー・プロジェクト< Disclosure Project:情報公開審議会>を開催し 政府高官や宇宙飛行士 情報将校 軍幹部 大学教授 その他関係者が 世界中から多数参加して国際社会に実態を公開しました。   

 米国はじめ世界各国政府のほとんどが 宇宙人が存在し 彼らが UFO宇宙船に搭乗し操作して地球に何度も飛来している実態を隠し続けていることが各関係者からもたらされました(
公務証言)。

  これらの情報公開審議の様子は国際社会に 大変 大きなショックを与えたことを 世界各国のマスコミが 一斉に報道しました。   UFO大学名誉教授  UFO科学大学院名誉博士  )



 





      Disclosure  Project  (2001.5/9)
 UFO/ETI証言/冨格差解消等を提起


    2001.5/9 ワシントンのナショナル・プレスクラブで開催され



 
@ 米国政府のUFO/ETIの隠ぺい工作を直ちにやめること




 
A 石油業界の利権保護のために環境破壊を放置してはならないこと




 
B UFO宇宙船が 利用している反重力エネルギー(Electrogravity Energy)を活用する
こと

 

など 地球全体に優しい新しいエネルギー転換を図るべきだとの結論に至りました。



  世界のUFOやETIの政策や情報機関 UFO宇宙船の開発等に関係した軍・政府・研究所・大学・情報局・・・関係者約
500人が ワシントンに集合し公務証言。



 
危機迫る地球文明を克服するための

改革・進歩・創造
等を達成すべく 

がたが 問題提起されました



1
) ドガーミッチェル(Edgar Mitchell) 米国宇宙飛行士




2
) ードンクーパー(Gordon Cooper) 米国宇宙飛行士




3
) ック・ポープ(Nick Pope) 英国防省UFO調査局長・国家公務員・官僚





4
) ル・ノートン(Hill Norton) 英国防省ETI調査局長・英国情報部5Star部長



5
) ードン・クレイトン(Gordon Creighton) 英国防省UFO調査局長・英国情報部幹部



6
) ィリップ・コーソー(Philip J.Corso) 米国防省UFO調査局長・陸軍情報将校



7
) バート・デーン(Robert Dean) NATO軍最高司令官UFO/ETI情報部長・国家機密UFO/ETI局長



8
) ベルト・ピノッチ(Roberto Pinotti) 伊ミラノ大学社会学教授・UFO学者



9
) ャロル・ロージン(Carol Rosin) 米国立宇宙兵器開発研究所長



10
) バート・ウッド(Robert Wood) ダグラス社UFO宇宙船開発部長



11
) ルフレッド・ウェブレ(Alfred Webere) スタンフォード研究所Remote Viewing開発部長



12
) ハル・パソフ(Hal Puthoff) 国際スタンフォード研究所RV<リモート・ビューイング>開発総科学責任者



13
) ン・フィリップス(Don Phillips) ロッキード社UFO
宇宙船開発部長





14
) ェームズ・ケプフ(Jamse Kopf) 米国家安全保障局<NSA>UFO/ETI情報部




15
) ァシリー・アレクセーエフ(Vasily Alexeyev) ロシア空軍UFO情報局将校




16
) バート・サラス(Robert Salas) 米空軍統合本部UFO/ETI情報局長



17
) ョン・メイナード(John Maynard) 米国防省UFO/
ETI情報将校



18
) リー・ウォーレン(Larri Warren) 米NOTO軍ウドブリッジ基地軍曹(UFO/ETIを公務証言)



19
) ー・ウォルター(Haut Walter) 米国海軍情報部UFO情報将校




20
) ーマス・E.ビアーデン(Thomas E. Bearden) 米陸軍情報部UFO/ETI情報将校



21
) ージン・マロブ(Eugene Mallove) ボストン大学物理学教授 UFO科学



 以上のほかにも数の方々が 公務証言をいたしました。



 リーア博士は 常に危機に直面している地球文明の課題を提起しており 宇宙人との平和的な科学的な知性と未来学的な創造により 以上方々が証言したUFO/ETIの情報を各国政府が情報公開するために・・・その第一歩としてワシシントンのホワイトハウス大統領府に提言し実現を要請しました。

 
一日も早く 巨大な富を独占する石油業界に依存する体質を改めて れまでの宇宙人との交流を国民に隠さず公開し 地球に優しい 低コスト宇宙に無限に存在する反重力エネルギーの活用へと転換すべき時期に来たと地 球社会の危機を克服し 宇宙社会の新しい仲間となり平和的な地球人類として宇宙社会の一員として異星人の宇宙文明と交流・交渉し変革することを強く宣言しました。 



USS(UFO科学大学院)では Steven Macon Greer博士の地球文明の危機的環境の問題提起と対策

 
そして 各国政府が UFO/ETIに関する情報を全て国民や全人類に公開することで 地球の問題が解決し 次に 地球から宇宙へと飛び立つ時 他の異星人とのトラブルを回避し 宇宙平和に貢献する愛情や優しさ・・・


らには 独占による貧富解消する対策で乗えていくべき重要イデア等も   Disclosure Projectで審議され公務証言された内容等についても情報を提供します。





 MOVIE     @ A B C D E F
       
                   G   H I J K L M

               
N O P Q R S

   以上の未来科学の方向性や宇宙の生命体との具体的な情報も 各国政府が 米国政府に一任し 宇宙人との窓口を一つに絞って交渉が 実施されてきたこと等の公務証言未公開情報を含めて多数公文書等もございます。

  
希望の方は USS<UFO科学大学院>まで ご連絡を お願いします。


                                  


Top  Return

inserted by FC2 system