Yamane R y u j i ●USS  
 
     ( 根 治  1948.3/8.-  国会議員 民主党 埼玉大学経済学部<社会人入学 夜間コース>  1970年から社民党の西田八郎議員の秘書    1979年から川越市議会議員 1995年から埼玉県会議員  2001年から国会参議院内閣委員会理事 民主党副幹事長  2005.3/10参議院国会総務委員会にてUFOと国防の問題を質問  2007.12/10に福田内閣に対してUFO/ETI問題について質問主意書を提出しUFO国会議員として高い評価をえました。   これまで 日本の安全と福祉の問題を重視した国会活動を展開してきました。 

   山根議員は 2005.3/10の第162回参議院総務委員会において 我が国でめてのUFO問題を政府に質問しました。



      UFO国会(参議院 2005.3/10)
   UFO問題について参議院総務委員会において麻生太郎総務大臣( 後の総理大   臣)に対して次のような質問をしました。           (  )

Y
>麻生大臣はUFOを見たことがありますか。 [Y: 山根民主党議員/A:麻生総務大臣]

A
>私の母は興奮してUFOを見たと言っていましたが 私は 残念ながら見たことはあ  りません。

Y
>私は夜 犬を連れて散歩する時 空を見て いつもUFOを見たいもんだなあと い  つも思っています。 名古屋大学の福井先生によると銀河系全体で2000億個の星  があり さらに 宇宙全体では1000億個以上もの銀河があると述べています。     まさに もう 膨大な数の星があり 宇宙人が存在せず 地球人だけだと決め込む   のは とても不自然だと思いました。
   ということは テレビ等で放映されていることは デタラメではなく むしろ関心を   持つべきであり やはり 政治家としては 国民の生命・財産等を どう守るのかと  いう防衛上の問題があります。
   米国では 1948年から空軍がUFO/ETIを調査しており さらに ヨーロッパの諸国  でも調査・研究をしてきました。  米空軍等が 宇宙人について調査してきたのは  事実でありますが 日本は 国家として米国から そのような情報を得たり 意見を  交換したりしたことがなかったのか その辺のことをお尋ねします 

A
>これらの問題は 防衛庁(現在の防衛省)で扱ってきましたが 米国では 1965年こ  ろに人工衛星の周辺を3台のUFOに取り囲まれたとの情報を新聞等から知りまし   た。  膨大な星の数からいっても この広い宇宙に地球人しか いないというのは  あまりにも不自然であり 地球以外の人たちが 地球人に危害を加える可能性も   否定できないと思います。  また 彼らが 我々を調査している可能性も否定でき  ません。
    総務省は これまでUFOについて調べてきませんでした。 国防上の問題として  突然 UFOや宇宙人が 他の文明からやってくるとの可能性は 常に考えておくべ  き内容だと 思います。

Y
>もっと積極的に語っていただきたい。 ここで 防衛庁の方に答えていただくことも  考えましたが 真相が確定された段階で さらに質問することにしたい。 
     


その後 山根参議員は 田内閣に対してUFO/ETIに関する質問主意書を提出しました(2007.12/10)。

  
これに対して政府は「UFOは その存在は 確認されていない」との閣議決定をし発表しました(12/18)。

  しかし
町村官房長官は 「宇宙人やUFOは 絶対に存在すると思う」と記者団に語りました。

  また
石破防衛大臣も 「UFOと それを操る生命体が 存在しないと断言できる証拠はないし・・・・・UFO/ETI問題は 国家の安全保障にかかわる重要なテーマであり これまで 自衛隊幹部と何度か議論してきました。 また 米国CIA等の情報関係者とも定期的な情報交換を常におこなってきました。」と 公務証言しました。

  
以上のように根議員の提起したUFO/ETIの問題は 単なる 趣味のレベルから家安全保障のレベルへと質の高い政策や国防の問題として日本史上初て 新しい展開へ歩もうとしています。



本学では UFO国会学UFO・ETI国連学 米国UFO/ETI連邦議会学 英国UFO議会学についても 学習・研究を深めていくことができます。   
  山根
国会議員日本UFO政策を質疑された方であり詳細な資料や文献・関係者の証言等がUSS(UFO科学大学院)に集積しており さらに 学習・研究を深めることができます。  生涯にわたる学びや研究に ぜひ 御活用下さいませ。



     速く月かぐや探査船の情報公開をしてね!!!
速く月かぐや探査船の情報公開をしてね!!!
Top   Retun


inserted by FC2 system