Michael W o l f  
●USS
       ( イケル・ルフ  1946.〜 ロシア系ユダヤ人 マクギル大学医学部  マサチューセッツ工科大学 物理学博士  工学博士 法学博士 大統領UFO/ETI問題特別顧問< ブッシュ大統領からクリントン大統領までの最高機密委員長・国家安全保障最高議長NSCを担当>
  
MJ-12<国家機密組織>委員長
 
国立ヘイスタック宇宙人研究所長<エリア51S4: ネバダ州ネリス空軍基地内にある極秘の広大な機密軍事地域地下深部にある最高機密の国立研究所>

  
NSC<米国家安全保障会議>議長
  大統領特別顧問として地球外から飛来した宇宙人との共同研究の実態や 新たなる宇宙人との交流計画について 企画・立案し米国異星人ETI政策に積極的に関与する立場にあり 具体的場面について 大統領と常に協議しつつETIからの要請もあり 進言や設定を積極的に推進してきたと 告発・公務証言しました。 ETI科学者  UFO科学者  ETIとテレパシーで交流 ) 
   
     

  
S4エリア地下30mにある巨大国家機密研究施設群地球外から知的宇宙人(ゼータ・ティキュライΙ・U連星から飛来したETI)と のような共同研究をしたと務証言されました。

@地球人類の生物学的・社会学的な研究を推進

A
地球文明の科学レベルとグレイ宇宙人の科学レベルの比較研究


B
地球外の知的宇宙人文明のハイテクな内容について共同で研究


C
グレイ宇宙人は 地球の人類や生物を研究するためにキャトルミューティレーション(Cattle Mutilation:家畜虐殺)やアブダクション(Abduction:地球人を拉致誘拐して生体実験等)の犯罪行為を米国政府とグレイ種族の宇宙人と共同で実施した


D
UFO推進のハイテクな研究・開発は軍科学者とレイ種族の宙人と共同で実施された



E
研究成果や極秘の計画は 大統領にさえ報告されませんでした

 
   
これまで グレイ種族の宇宙人と共同研究を多数実施してきたが 米国大統領には ほとんど報告されないのが 実態です(国民から選ばれた大統領なのに ほとんどが 極秘扱いで 何をしているのかさえ大統領は 知らないのです)。

1
) UFO宇宙船の推進原理は UFOが空間を引き寄せ時間を超えて無限に加速し時間をゼロに限りなく近づく原理で技術開発に成功

2
) SR-33A(オーロラ)は 電磁パルス砲を搭載し宇宙空間に移動し飛行可能

3
) グレイ種族宇宙人は何も食べずに生きることができ 高度知性協議等ができる

4
) グレイ宇宙人は 地球人喜怒哀楽等の感情に大変関心をもち研究(彼らは高度の進化した結果 冷静・沈着な意識に変容し感情が退化した)

5
) 物質が 消える現象(物質消滅 Dei Material )や 物質が瞬間に遠隔に移動するハイテク(テレポティーション Teleportation)な研究等を推進




   以上のように 米国政府は グレイ種族の宇宙人と極秘に(国民に真実を隠し 異星人と密接な関係を構築してきた)協力していただき 高度に発達した さまざまなハイテクを提供していただき世界をリードする 圧倒的なパワーをもつ米国政府の地位を確実にものにいたしました。

 
しかし 真相は 全国民に隠して推進する異星人政策でありウルフ博士が 提起した問題は 今後の地球文明のありようを決定づける 大変 重要な課題提起だと言えます。


 M.Wolf博士 の 重 要指 摘 

@
国家機密エリアでの職務活動の内容を証言しました。

A
現在宇宙人と米国政府や各国政府が 隠ぺいで進める政策実態を証言されました。


B
このまま行くと 地球社会の未来はどうなるかを証言されました。



 USS(UFO科学大学院)では M.ウルフ博士の以上ような国家機密に関するUFO/ETIの実態を証言した国家官僚の情報や 米国政府の各種情報機関の機密公文書等を含めて詳細の資料を集積しており ぜひ 皆様にご利用していただきたいと思っております。

  
各種情報を いつでも活用することができます。
  
より充実した内容のある市民活動や生涯教育の学習や研究に御活用下さい。

     

  





  M.Wolf博士 ロシアから移住した

米国情報機関と深いかかわりがあり

子供
のころから最高機密の軍事エリアに

父と一緒に通
っているうちにグレイ宇宙人

友達となり テレパシー交流一生涯

続けてきました
と公務証言されました。














    

Top      Return

inserted by FC2 system