Colman S.Vonkeviczky 
USS / UFO SCIENCE SCHOOL     
 
  コルーマンS.フォンケビュツキー 1909.〜1998.10/10
ハンガー生
まれ ハンガリー士官学校<工学修士>
ハンガリー海軍少佐 ハンガリー少将 ハンガリー国防省教育部長
国連難民広報官 国連本部広報部長<
1966.2>
  国連UFO科学部長 国際UFO組織
I C U F O Nを設立<1966.5>
UFO科学大学院名誉博士

国連UFOプロジェクトの総責任者となる<1966.9>
西ドイツ
マインツ市内で「7回国際UFO会議」を
H.オーベルト博士と共同で開催<
1969>

国内でした

@ キャトル・ューティレーション<Cattle
Mutilation
:動物虐待切断>事件


A Abduction<拉致・誘拐>事件

を踏まえ米国大統領

クソン氏 ォード氏 ーガン氏に対して

地球外文明との交流と国際的な安全保障の確立」を要請。

 英国の
サッチャー首相やソ連ゴルバチョフ書記長にも同様要請をしました。

 
フォンケビュツキー博士は 英国上院議会でUFO問題について
講演されました<1980.1>。

国連でUFO/ETI問題の要旨文書
<グリーン・メモランダム 1978>を配布。

米国議会はじめ英国議会 そして 世界各国の人々に

UFO公文書集 DOSSIERを出版公開されました<1988>。



  C.S.Vonkeviczky博士は 世界でめて 地球外宇人(ETI)との平和的な交流を推進し そのために正しいUFO/ETI情報を各国政府が全国民に 正確なUFO/ETI情報を公開し その対応については国連で相互の防衛・安全について議論し 来る宇宙文明に対処すべきではないかと問題提起されました。

  
さらに ォンケビュツキー博士

ウータント国連事務総長( U Thant 1909-74:在任 1962-71)
信頼厚く フォンケビュツキー博士に対して 1965. 6

国連内にUFO問題に関する国際的な研究組織の発足検討を委任されました。

 
また アリゾナ大学教授J.E.マクドナルド博士は ウ・タント国連事務総長に対し
国際的なUFO問題を国連の場で討議・講演等を開催できるよう要請しました(1967.6)



 
 ータント国連事務総長は
ベトナム戦争終了後は UFO問題が重要な課題となる」と述べ
「国連によるUFO/ETIの問題解決を推進し国際管理したい」フォンケビュツキー博士に語りました。

  しかし この情報を嗅ぎつけた
米国政府オリオン政府はすぐさま国連の提案に干渉してきました。

 
アーサーJ.ゴールドバーグ米国国連大使は UFOが 世界各国の政府に正確な情報として伝えられるのを恐れて国連のUFOプロジェクトの総責任者であった同博士の人事に口を出し 解雇するように圧力をかけてきました。

 こうして
フォンケビュツキー博士は
1969年に突然 解雇されました。 

  しかし 同博士は この処遇を裏返せば
地球飛来文明関与してきた宇宙人(レプタリアン族に従属したロス&ロック族ほか)存在している証拠 地球よりも はるかんだ文明をもつ銀河系(しかし 精神的には 地球人よりも劣っていると推定)恐ろしいほどの軍事的科学技術的にれた宇宙文明存在している実態(米国の大統領は 彼らの操り人形であり 資金と支配権を握るオリオン最高権力の実態etcを)以前にも増して確信するにいたりました。

   
フォンケビュツキー博士は 米国のイヤガラセや身の危険もかえりみず 創立したICUFON(アイクフォン)ネットワークを通じて国連加盟国に機密解除されたUFO/ETIに関する公文書等を入手し 徹底的に調査・分析した結果 宇宙には 数百種類以上の知的宇宙人が 存在し この地球に飛来している実態を解明しました。 

 
 さらに 各国政府には 御用科学者が複数いて UFOやETIを否定する工作に協力し その代償として巨額の裏金を受けとっている各国の政府高官らが 多数いることを突き止めました。

 
各国の政府は CIA等の情報機関に操られ政府関係者や国民の注意を完全に 意図する方向へとコントロール工作され 隠ぺいした後は この地球体制が 一定の価値観を有する極少数の方々のために特定の宇宙人と協力して宇宙兵器開発が 進められてきたことも判明しました。  


  
 地球政府を以上のような状態から抜け出ようとして1985.11/20〜28まで ジュネーブで極秘開催された
地球サミットにおいては
R.レーガン大統領は

 地球外宇宙人が もし 地球社会に攻撃を仕掛けてきたら 地球人類は 一致団結して 反撃するであろう。 

 
意識したをしました
(
同様発言は 国連総会や米国の独立記念日でも宣言)。


一方 1987.2/16 ソ連の書記長ミハエル・ゴルバチョフ
( Mikhail Sergejevich Gorbachjov 1931- : 在任 1985-91
最後のソ連邦大統領 ペレストロイカを推進
)

地球社会が 宇宙人の侵略を受けることになれば 米ソの軍隊は 連帯して 対宇宙人を撃退する(共産党中央委員会の記念会議)

R.レーガン大統領とのUFO-ETIの情報を隠ぺいした
密約の実態が肯定されたことを意味する発言をしました。


  
いずれにしても 国民を蚊帳の外において 地球平和だの宇宙人がどうだの・・・・と言っても 厳しい情報管理と真相の隠ぺいをしたままで大統領が 急に 宣言しても信頼されないでしょうし その真相さえ まったく理解できないままでした。

あきらかに
米国ロシアった
U
FO/ETI<地球市民や全人類に完全に隠した>が確認されたと C.S.フォンケビュツキー博士は 厳しく指摘されました。

Cattle Mutilation 2万頭の虐殺


  
フォンケビュツキー博士は 全米外科的な法でまれた物が 量にされました。これがャトル・ューティレーション
<Cattle Mutilation>事件ですと証言しました。

  1960年代に
米国のミネソタ州とウィスコンシン州から始まり 被害の中心は コロラド州であり これが モンタナ ワイオミング ネブラスカ カンザス オクラホマ ニューメキシコ アリゾナ ユタの各州におよび その後に サウスダコタ ノースダコタ アイオワ イリノイ テキサス アイダホ オレゴン州へまで広がっていった。 

 
ャトル・ミューティレーション実態調査めていくと国家機関から一方的に秘密らされるケースが出てきたました。
  
ということは 政府事件こした機関とは 何かの深い関係が あるのではないか。
  さまざまな 情報が 交錯しています。
研究者
多数国家的な機関(レプタリアン最高権力)が この事件に確実に深く関与していると指摘する方々増えてきました。

  とりわけ UFO宇宙船の開発を進めてきた軍産企業や国家が
のような「国家安全保障」にかかわっており 重要な事件なのに ナゾが 解明できないとは いったいどうしたことなのでしようか。
1
) この種の事件は 夜中の放牧地で発生し 内臓等の手術技能はハイテクで正確であるのに その使用した医療器具をどうしても特定できない 常識では 理解できない状況にあります。 

2
) 虐殺の対象となる動物は 牛にかぎらず ウマ ヒツジ ヤギ 犬 ネコ さらには バッファロー バイソン ヘラジカ・・・広範囲の動物たちが犠牲になっており 犯行動機も 誰が 犯人なのかも まったく不明なままです。

 
 
 以上のような捉えどこのない事件であり かつ 重大な被害を与えたのに 治安機関は 全くの手詰まり状態に追い込まれ やがて 自然にに葬られました。

  現在 なおも 真相は まったく
であり FBI警察情報機関国家機関もんなお手上げの状態です。ったい 犯人なのか。 国家一生懸命やっても を打てない相手とは ったいなのか。
して いに 国家安全保障機関NSCが出てきました。

米国家安全保障会議(NSC) のように発表しました


@
とても高度に進化した生物が関与している可能性が高い。  なぜなら 現代の地球文明では このような手法で 内臓等を切り抜くことも 処理することも出来ないからです。


A
空軍や司法機関 NORAD 州や地方警察の調査を総合すると ほぼ80%確率付近UFO活動確認されています。
  

B
 周辺には一切 足跡がない。発見されないように すばやく手術し暗闇でも 正確手術できる水準に達していました。 

C
 キャトル・ミューティレーションNORADの司令部前でもおこなわれていた。 つまり 彼らは 通信情報すぐさま解読し 相手が何を考えて活動しているか 全お見通しだということです。 少なくとも地球人類よりも1000年も進化している宇宙人文明しっかり認識する必要があります。 
 

D
 キャトルューティレーションが やや衰えてくるころから人類を対象とした 拉致誘拐(Abduction)が 全米とより 世界各地で発生するようになり 宇宙人地球危機国家との密約をほのめかすケース報告された。


  R.ーガン大統領めた 対宇宙戦略<SDI>にもたたないと言えます。一番大切なことは らとコミュニケーションをとることです。

 ドイツ
H.オーベルト博士(Hermann J.Oberth ロケット工学)


地球文明科学技術では
対抗
できる相手ではありません。
らの文明くらなく見積もっても
1000年
以上はっています。
米国政府
実態冷静
け止めるべきでしょう。指摘

フォンケビュツキー
博士も この指摘に賛同し
宇宙平和に貢献できる対等な宇宙平和条約を
異星人とも締結すべきとしています。

宇宙人が それらの条約を軽視した時は
平和的な異星人共同侵略めさせるか
ダメ
なら 戦うこともさない勇気必要としました。

   
いずれにしても 真実を隠すことは 国民に対する背信行為であり 一日も 早く不正常状態<UFO-ETI隠ぺい工作>改善すべきだと問題提起されました。
 
USS(UFO科学大学院)では
ALIEN  WARS--GREEN MEMORANDUM」ほか著作関係資料を蓄積しており さらに 深い信頼関係にあったH.ーベルト博士ータント国連事務総長 McDonald博士 ETI科学者 各国政府関係者 ICUFON関係資料等が 集積されており 皆様学習研究に御活用下さい。 


    ご希望の方は ご連絡を下されば 嬉しいです




op          erurn


inserted by FC2 system