Jacques J. Vallee  速く月かぐや探査船の情報公開をしてね!!!
● USS /  UFO   SCIENCE   SCHOOL 
        (  ジャック・バレー  1939.9/24 〜  
リール大学 天体物理学 ソルボンヌ大学数学科
 文学作品
ジュールヌ賞 米国ノースウェスタン大学院
理学博士  テキサス大学天文学 ミシガン工科大学教授
<
人工知能ロボット開発>  スタンフォード大学電子
工学教授 工学博士 ハイネック博士
共同
UFO-ETI科学
研究多大貢献をしました。


 NASA
火星地図情報処理するコンピュータを開発。
スタンフォード研究所<
SRI>では 遠隔透視
< RV:
Remote Viewing>研究開発協力しました。

   ヴァレー博士
は 1955.5UFO目撃してからは
宇宙人科学
研究推進のために努力されました。
1960年代
には ETI科学研究推進を図るべく 世界中
UFO-ETI態を調査し このデータコンピュータ処理
する方法確立しました。    

  
UFO科学ETI科学研究する過程宇宙人会話
言語
ではなく テレパシーでおこなわれていることから
非言語形
課題をふまえRV研究めました。

 また 全米
多発したAbduction現場にいって研究調査
推進し問題提起をされました。  UFO大学名誉博士 )





  バレー博士 ハイネ(米国空軍UFO科学顧問 ノースウェスタン
大学天文学部長
)博士UFO科学等共同研究実施
米国・仏国・英国
等の議会国連 そして UFO裁判等で
公務証言
し UFO/ETIが 存在していること 科学的
研究
意義宇宙人実態具体的証拠資料等を
提示
して公務証言しました。

  広大
宇宙には 地球人類よりも るかにんだ高度
文明をもつETI(地球外知的宇宙人)が かに存在
 彼
らは UFO地球飛来調査・観察・監視している
としました。 



 
映画「との Close Encounters of the
Third Kind 1974」では スピルバーグ監督から協力要請
があり 制作段階からハイネック博士共同で れまでの
UFO
宇宙人研究成果提供サポートしました。

  
その結果 大変リアリティ作品として完成くの観客から
大変
関心感銘を得て UFOブームき起こしました。

  バレー博士
は フランス米国UFOAbduction
(
拉致・誘拐による生体実験) ミステリーサークル等の現象を
徹底的
研究・調査統計学導入して 動別
U
FO-ETI分類法<5タイプ分類法形体・ 飛行
パターン・ 着陸状況・ 宇宙人
活動状況等を基本とした
度が確認しやすい分類法 1966>を提唱しました。

 
 Vallee博士は 米国UFO裁判政府高官・国家
情報部・米軍UFO調査局
等の公務証言・機密文書・公務
体験等から研究分析した結果 次のような研究成果
公表しました。

@ 米国政府は かなり以前から地球外知的宇宙人
(
E T I )について存在を認し( 国民には
知らせずに逆にその存在を否定
)てきた。



A
 ETIは 地球文明よりも はるかに進歩した高度
文明をもっていることを米国政府は 認めていた。


B
 オリオン種族宇宙人と共同で テレポーテーション
(瞬間遠隔移動)タイムトラベル実験 さらに マインド
コントロール実験
実施なりの成果を得ました。 



C 1964.4/25にホローマン(Holloman)空軍基地で
大統領
と宇宙人との会談が行われ 相互密約が
確認
され の後 Area51地下秘密基地オリオン種族
宇宙人共同地球型UFO研究開発推進した結果
成功し 現在 100機ほどが 飛行している。


D 
米国政府は 国立超能力研究所を開所し
国民にないしょにして国税を投入して
隔透視
(
RV:Remote Viewing)実験を 1970年代からスタンフォード
研究所を基地にしてNSA-CIA-DIA--米国軍情報部
等が 複数参加
国家安全保障を名目に研究開発
してきた実態を指摘しました。


E
 米国ソ連UFO-ETI科学者との交流積極的
推進
され 両国科学者間情報交換により相互
信頼・尊敬
理解しながらの意欲的学術研究交流
へと展開する多大貢献をされました。


 
以上のように 米国政府ののUFO/ETI政策と軍事的
ハイテク化(
常に世界的な優位に立つ戦略を より確かなものにするため
オリオン種族の宇宙人との協力
)で すでに目的を達成したことを
公表しました。


UFO科学大学院では Vallee博士の優れた業績等
を多角的に調査・分析して 学習・研究できるように
各研究科のカリキュラムに導入してリフレッシュ
しています。


 
 ヴァレー博士は 大変 柔軟性の豊かな方であり
同博士が フランス
から 米国へ移住され 未来科学
新分野に情熱を注いだUFO科学 ETI科学 量子科学
を中心に 研究資料等を活用して学習を進め さらに
研究を深めていくことができます。




  速く月かぐや探査船の情報公開をしてね!!!


UFO科学大学院---USS---UFO SCIENCE SCHOOL


Top           Return
inserted by FC2 system