Clyde William Tombaugh    
●USS/UFO School   

    ( ライド・ウィリアム・トンボー  1906.2/4-1997.1/17  米国イリノイ州生まれ 独学 天文学 物理学 物理学博士 冥王星発見者 UFO科学者 カンザス大学 北アリゾナ大学 ニューメキシコ州立大学教授 ローウェル天文台長   小惑星を14個発見されました。

 
1949. 8/20の夜にニューメキシコ州ラス・クルシスの自宅で2人の親戚と8機のUFOを目撃し公務証言されました。

 ニューメキシコ州立大学の物理学部長の
パス博士と共同で世界で初めて UFO科学学会を組織し天文学者やその他の研究者等が参加しUFO科学の発展に多大な貢献をしました。  

  現在 トンボー博士の遺言により遺灰は 2006年に打ち上げた冥王星探査船ニュー・ホライズン号に収められ宇宙旅行中です。   ETI科学  天体物理学   UFO大学名誉博士   
)  




   ンボー博士は 学と創意工夫の研究者で 経済的には恵まれませんでしたが 農業をしながら 好きな天体観測をするために 放置してあった機械等の部品を活用して天体望遠鏡を製作するなど大変な努力をされました。

  そのような情熱と実績が評価され 1929年にローウェル天文台に就職することができました。  同天文台では 海王星の外側の惑星の観測を続けました。

  しかし あまりに暗くて確認が困難であったため 思索実験をくりかえした結果 異なった日に同じ位置を撮影して写真を比較分析する方法を考案しました。 

  この記録比較分析法により 写真には 5万〜50万個の星が撮影されるため ひとつ一つの確認作業は 大変な労力をともないましたが 1930 2年2月18日ついに ふたご座を移動していた新しい惑星
Pluto(冥王星)を発見することが できました。

 現在 冥王星は 惑星ではなく 小惑星と変更されましたが これまで
Tombaugh博士の日々の苦労しながら発見までにいたった研究と開発の業績は 永久不滅との評価を受けました。


  
Tombough博士は UFO科学者としても よく 知られています。 
 
 1949.8/20 光輝く8つの葉巻型UFOを目撃しました。

 場所は ニューメキシコ州ラルクルーセス市にある自宅前で 目撃した方々は トンボー博士と同博士の妻 そして妻の母親の3人でした。

  空を見ると緑色に輝く宇宙船が 南東に向かって飛んで行くのが 目撃され 8つのUFO宇宙船は どれも同じスピードで飛んでいき 窓を確認しました。
 



  
Tombough博士は

  今までの人生の中で これほどの奇妙な飛行物体を 見たことは ありません。 

私は UFOの目撃を大変驚き 事態を冷静に受け止めるまでに 少々時間を要しました。

  そのUFOは まったく音をたてずに 飛んで行きました。

 現代の地球文明よりも はるかにこえているとの とても強い印象を持ちました。

務証言されました

  
Tombough博士は さらに 1950年 1956年にも緑色に輝くUFOを目撃しました。




  
 ころで ンボー博士は 1941年 8月 火星を観測中に とてつもなく 明るく輝くフラッシュを確認しました。

 ニューメキシコ州立大学の研究者や 近くのホワイト・サウンズ基地の
ロバート・マクラフリン(Robert McLaughlin)司令官や海軍ミサイル基地の情報将校等に連絡し相談した結果 核戦争か 核実験が 火星で発生したと断定した。

  以上のような地球外知的宇宙人の存在を決定づける観測結果を踏まえて さらに科学的な調査・分析をした結果 本格的なUFO/ETIの研究が 必要とのことで準備し 1952年6月に開催された米国天文学会で 
イネック博士(J.A.Hynek ノースウェスタン大学天文学部長 米空軍UFO科学顧問)や ラパス博士(Lincoln Lapaz : 米国防省UFO科学顧問 ニューメキシコ州立大学物理学部長)らと協議してUFO科学学会を結成するにいたりました。  

  1953年3月以降は 
ドナルド・ーホー(Donald Edward Keyhoe 海兵隊・空軍UFO調査官 商務省官僚 UFO科学者)少佐らも参加して米国政府のUFO/ETI政策についても情報分析を進め 真相を明らかにするための活動と UFOを目撃した時の連絡・確認・報告・研究体制の整備と充実を推進されました。  


   
ンボー博士の以上のようなUFO科学への貢献や社会的な研究組織づくり等に貢献されたことを記念してUFO大学名誉博士号が授与されました。



ンボー博士は 大変な努力と創意工夫(アイディア) そして大変熱心な宇宙科学者であり UFO/ETI科学者でありUFO科学の研究組織を世界で初めて創始した方でした。


  USSでは 冥王星の発見までにいたる研究業績とUFO科学・ETI科学への情熱と研究組織づくり等にささげた業績・貢献等について学習・研究することができます。


  
トンボー博士が ナゼ UFO/ETIに 深い関心を寄せたのでしょうか。


  また
 ナゼ 世界で 初めてUFO科学学会を組織したのか。

 その他 宇宙社会の平和の実現に貢献した実態を示す貴重な資料等が ございます。
  NGOの市民大学の学習・研究活動 豊かな未来科学の研究や学習に ご活用いただけます。


  
ご利用希望 ご連絡下さいませ。   
      お待ちしております。



     速く月かぐや探査船の情報公開をしてね!!!
速く月かぐや探査船の情報公開をしてね!!!
 Top    Return
inserted by FC2 system