Edward T e l l e r 
USS / UFO Science School

( エドワード・テラー 1908.1/15-2003.9/9  ハンガリー
ブダペスト生まれ 核物理学者 カールスルーエ大学
ミュンヘン大学物理学科 ライプチヒ大学博士 ゲッティンゲン大学
コペンハーゲン大学理論物理学研究所 1933年に
ドイツを離れ 1935年に米国へ移住 ワシントン大学核物理学
太陽熱と熱核爆発の研究」を提起 1941年に フェルミ博士
の研究チームに参加し初の核分裂連鎖反応に成功。

国立ロスアラモス研究所で原子爆弾の製造開発に参加し
<
1943-45> それ以降 より強力な水素核爆弾の開発研究
を主張しオッペンハイマー所長と対立 その後 シカゴ大学
核物理学教授  強力な水素爆弾の開発に大変な情熱を注ぎ
1952年に開発に成功<
水爆の父>。

 
  1954年 オッペンハイマー所長を共産主義者だと告発し
そのデマにより同所長は 全ての公職から追放されました。
このオッペンハイマー事件により 科学界から事実に反
するとして批判が高まり テラー博士は孤立し軍・軍産企業・
政界・ユダヤ組織・ロス&ロック族
との関係めた。

 
国立リバモア研究所長<1958-60>  UFO大統領で知られた
レーガン政権下でUFO/ETI特別最高顧問 米国軍事機密地域で
勤務するトップクラスの科学者や技術者等を世界中から採用し
維持管理・推進等
総責任者<Area51> に任命されR.B.ラザー博士ら
米軍科学者と オリオン種族の宇宙人<約3000人>の協力のもとで
米軍型UFOを開発推進させた総責任者でした。


さらに
ーガン大統領が 対ソ反共政策から対宇宙人防衛政策
<
SDI:Strategic Defense Initiative スター・ウォーズ計画>
へと大転換して推進しました。
  その助言は E.テラー博士によるもので 共感した同大統領は
約一兆ドルの巨額の税金を投入して レーザー砲 /ビーム銃/
UFO宇宙船/ 瞬間遠隔移動:
レポーテーションTeleportation/
遠隔透視:
RV:RemoteViewing/マインドコントロール等の
開発・研究を強力に推進。
 晩年は 国家のために貢献したが 
宇宙人との戦いは
避けられないと証言

 
その理由としてETI文明は 地球文明よりはるかに進んでおり
現状
のままでは宇宙人ぼされる運命にあるとの
危機意識が
かなり重荷になっていたとの指摘があります。
  テラー博士
オリオン種族サポートにより宇宙兵器UFO
宇宙船の開発に成功したと公務証言。

具体的には
AREA51-S4科学者総責任者
としてR.ラザー博士らを用し
オリオン政府
ハイテクサポートを受けたと証言。

オリオン政府は 頂点にレプタリアン族が 位置し 地球人類を
遺伝子工学で操作して生み出した。 そ
して 部下として
グレイ
族→ロス族→ロック族→世界超富裕層( 総所得は
全人類の80%以上を独占。 全人口の10%を占める )
が 人類支配する
位置にあり代理として地球人類管理・飼育していたと証言。
   

U  S  S

(
UFO科学大学院では)

E.テラー博士が水爆実験
成功
して以降 最先端
国家機密
UFO宇宙船開発
宇宙兵器
開発研究
米国最高責任者
となり
宇宙人約3000
との共同研究・開発総責任者
であったことをデータ
資料
活用レーガン
政権下
が行われたかを
検証
した内容研究
することができます。

生涯教育 未来科学の学び・研究
をなさっている方は
必要な時 ぜひ ご連絡
を下さい。 お待ちしております



左から レーガン大統領 オリオン政府のグレイ族 E.テラー国家軍事科学総局長

E. ラー(国家軍事科学総局長-レーガン大統領に任命)博士リオン政府の関与を証言

Top   Return


inserted by FC2 system