Wormhole and Nea Death Experience  
   ---ワームホール と 死体験 
●UFO科学大学院/USS                 

                                資(広島大学院教授 学術博士)  

          本稿は最新の宇宙と意識の科学的研究成果(広島大学院 総合科学研究科紀要 III.
                                              「文明科学研究」Vol.1. 2006)を紹介しています



 ームホールで 宇 宙 へ  
     NDE(臨死体験)では OBE(体外離脱)後に心(意識のエッセンス)が 肉体を離脱し暗いトンネルを通過して別宇宙へと旅立っていくことが科学的に報告されています。
    
ラックホールとNDEの相違点を見ると 
@ トンネルが 本人の周辺の空間に出現する
A ブラックホールは 物質を吸い込むが NDEのトンネルは 吸い込まない
B NDE者は ミクロサイズのワームホールに似ている
C ワームホールは別宇宙から現在の宇宙へ戻ってくる
    ( 
Kaku Michio : HYPER SPACE  Through  Parallel Universes,Time  Warps, and the Tenth
Dimension. Oxford University Press,Inc. 1994
)      


▲ 暗 
黒 の 円 形 通 路   
     ブラックホールとワームホールは 暗黒でありNDE(臨死体験)においてもトンネルを通過するときは通路は暗黒で とても類似しています。   ブラックホールが 形成される時は 地平面がじょうごうのような形をしており  次なる特異点では円筒形をしています(G.グリーンスタイン 「時間を凍結する星」 地人館 1992)。  
   ブラックホールは 現在の三次元の空間において 黒い球体として出現しています(
F.A.ウルフ「もうひとつの宇宙<別宇宙>」講談社 1995)。 
   一方 ワームホールは シンメトリーの円筒形状で 両端にじょうごう形を備えています(
C.Misner/K.Thomeand J.Wheeler 「Gravitation」Freeman and Company, San Francisco.1973)。
  また ワームホールは 現在の三次元空間で球状の境界面に囲まれており(
福井純「ブラックホールを飼いならす」 恒星社厚生閣 2006) 四次元の円柱空間であり  両者ともに類似しているのは 円形の渦巻きを形成していることです。
  NDEにおいては 暗黒のトンネルが ほとんどで 円形や球形の形状を特徴としています(
K.Ring「Life at Death」 Quill : New York,1982)。   
  



 
  ブラックホール の 渦巻
      
ブラクホールは 常に物質を吸い込み やがて 時間と空間は 終わりを迎えます。
 臨死体験(NDE)においても ブラックホールと同様に 暗闇のトンネル内では物質や時間・空間は 存在しません。  すなわち 臨死体験者は 物質や時間・空間を確認することはできず さらには ブラックホールのような巨大な渦巻きに飲み込まれ とても高濃度の暗黒の暗闇にもかかわらず大変心地良い状態で猛烈なスピードで回転し光の方向に向かってトンネルの中を上昇します。
  その後 光の世界から現在の世界へ戻り 帰っていく
ンネル体験の報告・事例が多く見られます。
  

@N.ドハティ「臨死体験・天国からの電話」 Voice. 2003
AP.ハルパーン「タイムマシン」 丸善 1992
BP.Gribbin :Unveiling The Egde of Time .,Three Rives Press; New York .1992
CB.パーカー「時空の旅」 培風館 1992
DB.イーディー「死んで私が体験したこと」 同朋出版 1995
ER.ムーディ「光の彼方へ」 TBSブリタニカ 1990

FK.Moody : Life After Life ,.Bantam Books  1976
GG.M.Gieseke : Where is the music? ,.Passworld Publication .,Texas. 1999
HI.ウェルソン「死後体験」 未来社 1990
I When Ego Dies : Emerald Ink Publishing. 1996
JD.ブリンクリー 「未来からの帰還」 同朋舎出版 1994
KM.ローリングス 「死の扉のかなた」 第三文明社 1991
LM.Grey : Return from Death .,Arkana London 1985


 ラックホール の  
    
回転するブラックホールの渦巻きは 強い吸引力がありドンドン中に吸い込まれますと 静止限界内に達し やがて 静止することが困難になっていきます(B.パーカー「アインシュタインの夢」 紀伊国屋書店 1989 /同 「アインシュタインの予言」 共立出版 2005)。

  それでは 
に 死体験者告・を見てみましょう。

@
 私は 突然 ブラックホールに吸い込まれました(K.Ring/M.Lawrence:Further  evidence
for Veridical perception during NDE ;in Jnds.vol.11 no.4.  1993  /B.Haris / L.C.Bascom :Full Circle ;Pocket Book ;New York. 1990
 )  

A 臨死体験後 何かに引っ張られ長い暗闇のトンネルに入り激しく回転しました。
  トンネルの向こうには一点の光が見られ 私は そこへ向かって移動しました。

B
 渦巻く竜巻とともに私は 吸い込まれて行きました(K.Ring&M.Lawrence: Further
     evidence for veridical perception during near-death,in JNDS,vol.11 no4, 1993  / B.Haris&L.C
.    Bascom : Full Circle .,Pocket Books.,New York, 1990 / Ellen K`s NDE ,website:nderf.org/ K.Ring:       Life /etc
)  
  
   
以上のような体験報告等の科学的な分析から臨死体験(NDE)と回転ブラツクホールには ともに吸い込まれる現象において類似点を確かめることができました。



▲ 
量子ワームホール と N D E
   絶対温度で通常の物質が存在しない時空で 粒子間で生成と消滅をくりかします。 いわゆる量子のゆらぎが 見られます。   量子ワームホールは 超高速で別宇宙へと移動していると推定されています( P.ディヴイス 「タイムマシン」 同文書院1991)。  

 
 体外離脱(OBE)の意識のエッセンス(Mind)は とても知覚能力が 優れており 超感覚的な状態に変容してきます(斎藤忠資 「4次元空間とNDE」 人間文化研究 9 . 2ooo年 広島大学学術誌)

 
 NDEは 肉体や脳内を離脱して外部の空間から形成されたり 宇宙内部の量子のゆらぎにより形成されていくものと推察され 完全な無(Void)  暗闇のトンネルが 渦巻き真空内を上昇し 超高速で飛行しMindは 特異点へと変容していきます(P.パルパーン「タイムマシン」同文書院 1991/ B.パーカー「時空の旅」ほか)。

  さらに トンネルの向こうのほうに光が見えたり(
R.ムーディ「光の彼方に」ほか) トラン
ペットの端のように虹色の空のような空間へ広がっていました(
Anne`sS`s NDE ,website:
ndef.org.etc
)。

  以上のような事例報告を分析するとワームホールと臨死体験のトンネルも「量子のゆらぎ」から出現することが すくなくない。
              以下は 
です。 
  
       
@ S.S.Farr :What Tom Sawyer Learned from Dying,.Hampton Roads. 1993
A W.J.Serdahely :Near Death Experiences and Dissociation :two cases: JNDS,1993
B N.Dougherty :Fast Lane,to Heaven.,Hampton Roads,. 2001
CB.J.Eadie & C.Taylar: Embraced by the Light : Placeyvill,CA;Gold Leaf Press.1992



 量子ゆらぎ と ワームホール
    
量子のゆらぎは ゼロ・ポイント・エネルギーで満ち溢れています。 このエネルギーは カシミア効果と呼ばれ量子物理学等の実験で証明されています。        S.Coleman博士によると 現在の全ての宇宙の質量がゼロなのは 多くの泡宇宙が ワームホールで連結しているからであり 空間の重さがゼロに近いほど量子からなるエネルギーであり これらがワームホールを形成しているとしました( P.ディビス&
J.グリビン 「物質とは」 青土社 1993
)。

  
死体験(NDE)のトンネルが 巨大なエネルギーで自分の心(意識のエセン)安全な状態で別宇宙へ移動(Teleportation:瞬間遠隔移動)できるように 保護された安全なシートからなる通路になっています( K.Ring : Heading Toward Omega: Quill,.New
York.,1984 / C.A.ピックオーバー「ハイパー・スペース・サーフィン」 ニュートン・プレス 2000
)。  

   以上の通り
死体験(NDE)者のカルテ等のデータから ワームホールとNDEトンネルは ともに別宇宙へと移動するとき とても安心できる安全な保護シートの通路でおこなわれていると推察され可能性がたかまってきました。
  量子のワームホールは 現在の全ての宇宙の場所と連結しており その連結した場所と場所は 保護シートの通路でつながっています。  
  ワームホールは 
4次元空間であり それゆえに知覚することは困難です(P.パーカー 「時空の旅」 培風館 1992)。
  さらに ワームホールは 空間が大きく曲がり 強力な場となり 時間が非常に遅く そのためワームホールを通れば遠い星までに要する時間は ゼロで テレポーテーション(
Teleportation:瞬間遠隔移動)ができます。

  しかも 超高速でワームホールを通過すると現在の宇宙と別宇宙の時刻は ほぼ同時刻となります(
福江純 「タイムマシン」 1992/ J.Gribbin:Unveiling;/Time Warps)。
  ところで 4次元のワームホールは 虚数の時間であり 現在の物質界で見られる現象は 日常的な実数時間であるのに対して 非物質界のNDE(臨死体験)は 虚数の時間で見られるため 現象の内容がまったく違うことが 分かります(
S.W.ホーキング「最新宇宙論」 NHK出版 1990 / K.Ring&E.E.Valarino: Lessons from the Light: Plenum. 1998)。

  J.Wheeler博士は ブラックホールの特異点に近づくと
スーパー・スペース(Super-
space)に入り この領域に入ると未知なる別宇宙へと とても薄い膜状の世界となり時間
流れが見られなくなりある地点から他地点へと瞬間遠隔移動(Teleportation)。が可能となると指摘しました(J.ホイーラー「ブラックホール」 講談社 1975 /P.C.W.ディヴィス 「ブラックホールと宇宙の崩壊」 岩波書店 1987)。


 宇宙との世界について検討すると 次のようなことが分かります。

@超
高速でトンネルを通過しての世界へはいって行きました(L.W.Bailey :The NDE
  
:Routledge .,New York.1996)

A
宇宙内の隔地へ高速でンネルを通過しました。 

   以上の報告事例から超高速で宇宙空間を移動していることや全宇宙を包む心(意識のエッセン)の意識が 拡大し連結しています。 まさに 巨大なエネルギーのトンネルが 広大な宇宙空間を超高速で
瞬間遠隔移動(Teleportation)を可能にするワームホールの実態が 解明されつつあります。



Wormhole と Teleportation & RV

    ワームホールは 少なくとも
2つの機能を有しています。 

       
まり 
@テレポーテーション(Teleportation: 瞬間遠隔移動)を可能にし

         
 らに 

A
ワームホールが 連結する遠方地点の透視も可能です。 

  
両者相違点は 本人がワームホールを通過移動した時 空間上のテレポーテーションが 可能であり 通過移動しない時は遠隔透視(RV=Remote Viewing)が 可能となることです。

  
NDEにおいては トンネルを通過して地上の様子を見ることが できたケースが見られます(@L.Martin: Searching for Home: Cosmic Conceps. ,1996 /   AN.ハーバート「タイムマシンの作り方」 講談社 1992 )。   
  肉体を有する通常の生命体は ワームホールを通過することは 現在の科学技術では 実現できません。  しかし 素粒子レベルでは ワームホールを通過し別宇宙へと旅立つことは 可能です。
  最近の量子科学では 単なる物質現象だけに執着した通常のレベルの研究から


識・意識を含む統合的な研究が意欲的に続けられるようになってきました。
  とりわけ 医療技術の進歩に伴い 一度 死
判定を受けた方が 生き返って「死後体験」を証言するケースが 多数のカルテ等に記録され国際的に比較・分類・事実確認等で科学的に統計処理され 死後体験には 一定の類似性と実態のある可能性が明らかになりつつあります( Dr.R.Penrose/Dr.H.Stapp/Dr.D.Zohar/Dr.I.Marshall/Dr.Hameroff
.in.J.Neimark;New life for NDE:  2003.  etc.
)。

 
NDEの研究で 解明されたことは 物質界でしか生きられない肉体を(Mind:意識・無意識の集合的統合体)のみが ワームホールを通過し 光の世界へと移動することが可能との研究結果が でてきました。
  最終的に 
(Mind)とは 何かが問われ 医学・心理学・量子科学・・・最先端の研究成果として非物質であり 量子ワームホールを通過できるためゼロ・ポイント・エネルギー(量子エネルギー)から構成されているとの仮説も提起されました。
  これまでのNDEやOBEの研究から肉体から抜け出た
は ワームホールを移動して宇宙の端から端まで意識するだけでテレポーテーションが 可能だとの体験報告の事例が 多数確認されています。



  
ワームホール  別 宇 宙 
          S.ホーキング博士やA.Guth博士等の研究によると量子のゆらぎから無数の宇宙が 発生すると見られ それらの宇宙は 相互にワームホールで連結し しかもそれぞれが 独立した平行宇宙であり タイムトラベルは 可能であるとしました。
  さらに カクミチオ博士(
ニューヨーク市立大学教授等)によると地球人類の現在の宇宙と6次元宇宙が 分裂するとビックバーンが 発生し 6次元の双子宇宙にワームホールを通じてタイムトラベルする可能性があります。  それは 物質と非物質の実態と真相を明らかにする内容を含んでいます(Kaku Michio. 「超空間 1994」 / 松田&二間瀬「時間の逆流する世界 1987」等)。
 

  
物質現象について死体験(NDE)から分析すると 肉体が 崩壊する時に死には 自身の意識のエッセンを有したまま 肉体を離脱し 6次元の双子宇宙にタイムトラベルすると推定されています。  
  S.Colemann博士によると ワームホールの先にある別宇宙では 地球人類の現在の宇宙とは違い 全てが虚時間で生じるので 非物質現象で展開されていると推定されます(
Why there is nothing rather than something; A theory of the cosmological constant. 1983)。

  以上の世界では 物質現象の因果律は 成立せず W.Buhlman博士の研究によれば ワームホールのトンネルは 物質世界から非物質世界へ移動するエネルギーの膜でできた通路であり しかも このエネルギー膜のトンネルは
により開閉が 決定されていると推定されました(W.Bullman : Adventures Beyond The Body. 1996)。


 UFO科学大学士・士課程では 最先端の科学論文を原文で学び研究し さらに 100年以上先を推察し 未来科学的な学習やオリジナリティな研究を進めていくことができます。

 
斎藤忠資博士の研究成果は 時代最先端をいく学術研究であり現代宇宙科学の重要な研究課題である「宇宙の96%を構成するダークマターやダークエネルギー」にも関連を持っていると推定されており---物質と非物質の統合としての宇宙構造の解明につながる可能性が 高いと見られております。


     
UFO科学大学院ャレンジ!!





     Top         Return
inserted by FC2 system