Kenneth  R i n g 
●USS/UFO科学大学院

(ネス・リング 1936〜 コネチカット州立大学心理学
教授 世界で
めて臨死体験:NDEの科学的研究を推進し
臨死体験学」を提起され約30年間にわたり継続的に
国際的な研究と厳密な科学化に
生涯をささげられました。

ネチカット州立大学内に際臨死研究学会
<
IANDS: International Association for Near Death Studies>
を結成されました。

科学雑誌「Near Death Studies」の創刊ならびに編集長
心理学博士 
際臨死研究学会<IANDS>の創始者であり
ケネス博士の努力
により 臨死体験学をより厳密な統計学
研究法を導入し 国際的な臨死研究学会組織へと発展させ
医学界や心理学界へ多大な影響を与えました。

結果としてNDE:臨死体験学化---
臨死体験学の確立・発展に重要な貢献をされました。
国際臨死研究学会長 同理事長

2008. 11に イスラエル
ガザ地区への空爆
に反対して 虐殺調査団に参加<
平和派遣訪問団>
され イスラエル政府に抗議されました。


Kenneth Ring博士は
@ 臨死体験
<NDE>体外離脱<OBE>
相違点
類似点を解明

A UFO遭遇者 と
Abduction体験者
実態調査の研究分析

B 盲人
臨死体験と一般における
相違点と類似点の実態解明

C 自殺未遂者と臨死体験との相互関係や
体験の内容の比較・検討
  
D 生まれ変わり
記憶<前世の記憶>のある方と
臨死体験との関連性
等の解明

ネス・ング博士は 偏見差別恐れずしい
未来科学
的な視点に立つ 常に 向きに情熱勇気
未知
世界ャレンジするれた科学者でした。
UFO科学大学院名誉博士 )




ング博士は102人臨死体験者データ分析
から のような研究成果を公表されました。

臨死体験者
特 性

1)るいに向かってトンネル通過するとでになくなった
親戚友人たちとうことが できました。のすごい幸福感
安心感 そ
してから愛されていること等への感謝
気持
ちを実感することができました。



2) 人種・性別・年齢・婚姻状況・性格・職業・宗教・
学歴・経済・・
とは 一切関係ありませんでした。


3) 薬物等は 臨死体験に影響を与えませんでした。

4) 神経症等の幻覚とはったく関係 ありませんでした。


5) 臨死体験者は 比較できない美しさ・平和快適な感覚
をもつことが ありました。 例え 重大な
ろしい事故での臨死
体験者であっても相当な快適さの体験が 見られました。


6) 臨死体験者命に対する 謝の気持ちとをも
恐れない気持ちとなり
質的な利益よりも
神的なボランティア等に心を示すようになりました。


7) 臨死体験者ると自分のことだけではなく人との
かかわりを大切にしたり 超能力についたり
より精神的生き方めざすようになりました。

以上のようなNDE(臨死体験)特 性を科学的に解明されました。


K.Ring博士NDE/OBE/Abduction/UFO/ETI/etcについて聴き取り
調査やアンケート調査を30年以上にわたり実施しさらに
コンピュータを活用した統計学的な分析をされ地球人類が
直面している宇宙的なレベルまで視野に入れた未来科学的な
新分野にチャレンジされた優れた科学者でした。


臨死体験学の世界的研究者のパイオニアは エリザベス・
キューブラ・
<KublerRoss 1921-2004 シカゴ大学医学部教授>博士

レイモンド・ムーディ<Moody 1944- ジョージァ州立大学医学部教授>博士
であり 臨死体験の医学的カルテ証言をもとに臨死体験学の構築へ
と挑戦されました。



ング博士は さらに NDEを国際的な学術研究へ推進し
科学水準のレベル・アップをはかるために統計学的な研究法を
導入され
しかも 研究の質を向上させるためにコネチカット大学心理学部内に
国際臨死研究学会<IANDS>を組織され国際的な研究の発展に
多大な貢献をされました。


  
ング博士の著書の通りです。

@ Life at Death. 1982
A
Heading Toward Omega. 1985

B
The Omega Project : Near Death Experience ,UFO Encounters,
and Mind at Large. 1992

C
Mindsight : Near Death and Out
of Body Experiences in
the bliund. 1999

D Lessons from the Light. 2000

E Etc<共著等を含みます>


UFO科学大学院<USS>では
K
enneth Ring博士れまでの研究活動
やAbduction
等での被害を受けた方々ケアー
サポート
等についての関係資料

@ 臨死体験
<NDE/特に盲人の方が 臨死体験
された時の研究成果
リング博士が
この分野のパイオニアです。
>

A
体外離脱<OBE>の関連研究
 

B U
FO/ETIによるアブダクション
<A
bduction>の研究

C
オメガ・プロジェクト
<
OMEGA PROJECT>

以上の研究推進等に関する資料等が
国際未来科学情報センター
<IFC>に集積されています。

研究資料等を希望される方は

USSまで ご連絡を下さいませ。
お待ちして おります。



Return


                                                

inserted by FC2 system