S A H L O G Y S T etc   ●UFO科学大学院/USS
Julius R.Oppenheimer
超古代核戦争学/原爆の父
Vadim A. Chernobrov
超古代オパーツ学/大統領顧問
Richard C.Hoagland
地球外文明学/NASA顧問
 Frederick Soddy
超古代核戦争学/ノーベル化学賞
 Robert M.Schock
超古代ハイテク学/ボストン大学教授
 政
海底都市学/琉球大学教授/海洋地質学
Zecharia Sitchin 
超古代文明学/ュメール文明学
Erich Von Daniken 
超古代宇宙人考古学の創始者
  D. K. Kanjilal 
 サンスクリット大学長/文献学
A.RuzLhuillier
マヤ文明学
/パレンケ遺跡学
 G. Hancock
超古代ハイテク文明学
Aleksander Kazantsev 
 縄文ETI学/超古代ハイテク学  
Marcel Griaule
ゴン族学/シリウスETI学/パリ大学
  R.J.C. Atkinson 
    考古学/ストーンヘンジ学
Hiram Bingham
イエール大学教授/マチュピチュ 
 Gerald S.Hawkings   J.G. Evans P.M. Christie 
R. Colton  R.L. Artinm   A. Thom
A.F. Aveni    M.W.Makemson        V.H.Walstrom
W.H. Munk  G.J.MacDonald J.E.S. Thompson 
M.P. Closs  Aleksander Kazantsev 
   (1906.9/2-2002.9/13)
 M.D.Papagiannis
 Eugene Craine R. Reindorp   Josef F. Blumrich
IreneNicholson  J.J. Tschudi 

アルタミラ
洞窟UFO/ETI絵画 


 OOPARTS
LOGY(オーパーツ学)
 
( 28億年前 )


三葉虫を踏んだ(3億年前) 


 鉄ハンマー化石(1.5億年前) 恐竜人間足跡化石(1.5億年前) ミニ底都市
の研究
(マイアミ科学博物館長 バレンタイン博士/マイアミ大学D.ジンク博士/ マサチューセッツ工科大学H.エドガートン博士らの研究)


 

Stone Henge 
英国巨石ストーンヘンジ ( 1.2万年前〜  ボストン大学天文学部長J.ホーキンズ博士 /オックスフォード大学F.ホイル博士 /ケンブリッジ大学A.トム博士 /ニューヨーク州立大学R.ボースト博士らの研究)
オキナワ那国島
海底都市研究

( 1万年前 琉球大学 木村政昭博士 /ボストン大学ショック博士らの研究) 


 びない
ルト
(15億年前 モスクワ航空大学生が発見し同大学教授のチェルノブロフ博士が国立金属鉱物研究所と同大学地質学研究所等で研究分析し真相が明らかとなった
)



ETI
Jyomon Dogu

(青森県木造町と宮城県田尻町で発見された宇宙人土偶の国際比較研究 国立ボリビア大学E.v.デニケン博士 ほか)
 
超古戦争
(国立ロスアラモス研究所長 オッペンハイマー博士 /ノーベル化学賞のソディ博士 /サンスクリット大学長のカンジラル博士 /国立ボリビア大学のデニケン博士 /ロンドン大学のゼカリアシッチン博士らの研究)
ラミ
置比率の研究
 (オリオン座の三ツ星 /火星のシドニア地区等についてボストン大学ショック博士らが 詳細な研究を実施した)
 
ュメール
 研 究
(世界最古都市文明ですが @こから きたのか A言語はゼどこの語族にも属さないのか  Bアネスとは何を意味しているのか  Cそ不明な点などについても学習・研究をします
                                          
 オティワカン
陽系市の研究(AD.250--400年ころ メキシコ中央高原 /短期間に緻密に太陽系の巨大都市計画<運河/貯水 / 劇場/ 運動場>/ その他の規則正しい居住空間 /このハイテクな都市を建設したのは誰か /太陽系の惑星の配置を縮小して配置し 当時 まだ発見されていなかった天王星以遠の天体までも配置/  いつ 全住民が 行方不明となったのか等を学習・研究)
Chichen Itza
チェン・イツァ
(
高度な天文学・学が マヤ文明の中で発達したかを解明/ マヤ暦/カラコル天文台は 高度の精密観測機器のなかった時代に金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星データを得ることができたか) 

パーズ・イテク
(古代エジプト宇宙船/古代の電池/巨大電球/照明装置/地球の巨石遺跡と火星のシドニア地域遺跡群の配置/モアイ巨像/ザルツブルグ立方体<.6千万年前>/電気部品<50万年前>/ナスカの地上絵/水晶ドクロ/コスタリカ巨石球体/コロンビア黄金シャトル/アッシリア水晶レンズ/日本ヒヒイロネカ/米点火プラグ<1万年前>)等について研究・学習します


アイ像 
(千体以上あり 重量の平均は25トンで 最高の高さは 20mで重量は 90トンもあります。 絵文字が 何行にもわたり木板に彫り込まれたロンゴロンゴ文字<現在 20枚しか残っていない> /ニュージーランド大学長のブラウン博士 /カリフォルニア大学研究所の調査データ等/ハンガリーのブダペスト大学言語学者W.v.ヘベシー博士/国立R.バークレイ研究所のR.ファイアストン博士らの研究成果)
について学習・研究します

Machu Picchu
 
 インカ文明 (ペルーの高地にありユネスコ自然文化遺産<1983> この空中都市を最初に発見したのはイエール大学のハイラム・ビンガム博士で 1911.7/24 / 1915年までに3回発掘  イエール大学博物館のR.L.バーガー館長  R.C.サラザール博士 同大学に保存管理されていた資料  チューレン大学のJ.W.ヴェラノ博士らの研究成果等から)チュペチュ空中都市の実態を解明すべく学習・研究します 
 

30万
プリングetc
(ウラル山脈東部の合流地点で大きさ0.0003mm--3cm
の多様で 構成金属は 主成分が銅で 小さいものほどタングステン モリブデン等の含有率が高くなってくることをロシア科学アカデミー研究所とヘルシンキ技術研究所が解明しました)


   
 
     
 


      動画・超古代文明・Movie   
UFO科学大学院( USS )
UFO SCIENCE SCHOOL

Ngo未来大学院サポート・ボランティア・センター( NFS-SVC )



( 二万年前のムー文明とは ? )
木村政昭博士らの
総合科学研究
成果
277



     
られた人生 
イラ
ての間は
BC. 4000年ころ

276



月政府と
闇最高機関との交渉
( 国民不在による 未来決定とは )
◆E. ミッチェル宇宙飛行士らの公務証言

 


ナスカ地上絵
山形大学の研究
( 地上絵の発見と保護 )
●坂井正人教授の証言・解説等




 ストーンヘンジ
8
000年以
超ハ
イテク
巨石文明

( 現代の科学技術レベルを超えたハイテク )
@UFO宇宙船出現  A火星シドニア地区一致 
B麦畑地上絵 C超高度巨石加工・建造法
D超高度宇宙文明関与etc
279







水晶ドクロ
( 超ハイテクな文明 )
現代の科学技術を導入
しても加工できなかった

すでに
古代にUFO宇宙船や
核兵器などが実用化

278




 


イテク宙文明
痕 跡


世界中で確認されたハイテク遺跡
地球は 超古代からETIが関与!


(
地球をで支配するロスチャイルド
一族祖先は かつて
リオンにおいて
裁政権だったが追放され球へ逃亡
を再建したとの研究成果 )
283



   
 
   
 
   
   
  RETURN
inserted by FC2 system