Richard C. Hoagland  
●USS/UFO Science School 

      
(  リチャード・C・ーグランド 1945.4/25〜
       
ーグランド博士は とても優れた研究者で 十代から博物館の研究員となり 独学で惑星の建造物の研究・調査・分析を進めました。 

    惑星都市建造学  月・火星建造物探査プロジェクト会長  エウロパ都市建造学 人面建造学等を研究   国立宇宙科学博物館研究主任<
マナサチューセッツ州スプリング・フィールド>
    NASA科学顧問   CBSニューズ科学番組顧問
  NASAゴダード宇宙飛行センター顧問  NASA情報公開裁判の原告団長


 
月・星人工建造都市の調査・分析・立証作業<約40年間>
により真相を究明<エジプト
ピラミッドと火星シドニア<Cydonia>地域の建造群に類似性がある等の発見をしました>。

  月・火星の建造物の真相を解明した優れた研究者ですが NASAが膨大な情報を独占管理して国民に95%以上も公開しないため NASA情報公開裁判<
30年間にわたり NASAが隠している映像等の情報公開を推進する行政裁判を提起しました> 

  同博士は NASA
公表した<Pioneer10/Voyager/MarsObserver>わずかな月や火星・木星の衛星エウロパ等の画像を科学的工学的手法で長期にわたり厳密に分析した研究成果を科学雑誌の「サイエンス」等に学術論文として発表。

 
さらに マスコミや国連宇宙科学部会等でもETIの巨大な都市群や建造物について具体的な画像やデータ等を示して各国政府高官等にも公表してきた。

  しかし NASAは 国民に
宇宙人の存在を知らせることを大変 恐れて ほとんど公開してこなかったことを突き止め 裁判でも 情報公開の市民講演会でも 大学等の研究機関でも 国連等の国際的な機関でも 高度の宇宙文明が 月や火星・エウロパ等で確認されたことを公表するとともに NASAが 真相解明の分厚い障害になっていることを訴えてきました。

   ピーボディー賞  国際アングストロム賞  UFO大学名誉博士  UFO科学大学院名誉教授       )




  1984年から科学者専門組織の「
星建造探査プロジェクト」を共同で立ち上げ 本部をカリフォルニア州バークレーとし 宇宙飛行士のブライアン・レアリー博士や大統領宇宙科学顧問のデビット・ェブ博士らが設立責任者となり 会長にーグランド<R.C.Hoagland>博士が 就任しました。

  この専門組織の活動目的は 科学的に地球以外の文明を発見し その真相や実態を解明することでした。

 
 データ情報を調査・分析していくと NASAが 公開している画像やデータが とても 少ないことに驚きました。

  NASAに確認すると ボケたような ハッキリしない返答ばかりでしたが 関係者の証言からNASAが 膨大な関係資料や画像や動画等を国民に隠している事を突き止めました。

 地球外
ハイテク宇宙文明を解明するため情報公開裁判をしている市民団体CAUS:Citizens Against UFO Secrecy等と連携してホーグランド博士が原告団長となってNASA裁判を提起することになりました。

  つまり 
星・ウロパ等を探査し続けた結果 大量の情報を得たにもかかわらず 宇宙人が建造したと確認される画像等は ほとんど隠して出さないのです。

  NASAが 外部に画像等の分析を依頼している深宇宙ネットワークの情報復元の担当官 
トビー・ーエン博士が 火星表面のシドニア地区の画像35A72を確認中に人間の顔をした巨大な人面建造物を発見しました。


   




  
火星 人工建造群 発 見
 
R.C.ホーグランド博士は 火星探査船(Pasthfinder.1997.7/4着陸)から送信された画像として公表された画像の中には 加工・修正・削除されたりしているものが含まれており NASAは 人面岩やピラミッド群のあるシドニア(Cydonia)地域を極秘に調査したい由 ニセ情報を公表したと科学的な画像分析の実態を共同で解明した科学者たちと公務証言しました。
  



 
星人 した人工
     
1972年のマリーナ:Mariner9号は 火星のエリシウム平原のトリヴウム・チャロンティス地域で巨大ピラミッド状の人工構造物(大きさは 底辺の長さ:3Km /高さ:1Km / は 三角錐/ 全戸数は 6〜10個の巨大な人工建造物群)を撮影しました。

 
次に19767月にはバイキング:Viking1号が 人間の顔にソックリの人面建造物の画像を送信してきました。
 この場合も NASAは 「光のコントラスト」だと 何ら科学的根拠を示さずに情報操作の公表をしました。

  それから 何年かして この内幕を告発したのは NASAの科学者・技術者の
ビンセント・ィピートロ博士とグレゴリー・ーレナー博士でした。

  2人は NASAの宇宙情報管理センターに保管されていた何万枚もの写真を丁寧に調査し 人面建造物がハッキリと写っている
No.35A72を発見しコンピュータ等の高精度の画像解析をして真相を明らかにしました。

  さらに 調査を進めた結果 もう一枚の人面建造物の画像も発見し シドニア地域全体が撮影された画像等も加えて 全て最新のコンピュータにかけて解析しました。

   その結果 NASAの言っている「光のコントラスト」などでは
ないことを解明しのような科学的な研究成果を公表しました。


@
2つ目には 眼球が付いており 瞳や採光も確認されました


A
唇があり 口中には歯列構造が 確認されました 


B 額には 等間隔
横線が見られました


C
顔面左右対称が 確認されました


D 高さ 約450m  幅が 約1.6Km
巨大な建造物で宇宙から飛来する者に対しての目印と推定されました


E 人面建造物
周辺には ピラミッド群や各種の建造物が確認され 人工都市と 推定されました

  

 
 R.C.ーグランド博士は 発見したシドニア地域を都市と名付け 都市の北東部に位置する所に見られる建造物を要塞と名付けました。

 さらに らせん状の道をもつ円形の盛り土
造は トロス(円形建造物)と名付け 山の尾根の構造物は (ソリフ)と名付けました。

  また
角形のD&M(B.ディピートロ博士とG.モーレナー博士の頭文字をとって命名)ピラミッドと名付けました。

  R.C.
ーグランド博士ら科学者団体は 総合的に 長期にわたり火星の建造物を徹底的に詳細に調査分析した結果

火星で見られる 全ての建造物は 非常に 知性の高い生命体(ETI)によって建造された 遺産であるとの結論に至ったと公務証言しました。  







 
  Cydonia 調査結果 要 点

A)
シドニア地区を中心に東の地平エリアを調査すると建造物間の配列や方位から夏至線の存在が明らかとなりました。


B)
都市の中心地点から人面建造物の目と顎を通るように直線を引くと その先を崖の両端まで伸ばして直線の角度を算出。  その角度の比率には 規則的なパターンが 認められました(円周率π/黄金分割Φ/自然対数の底eなどが 含まれていた)。


C)
 シドニア地区の都市計画は 高度の幾何学・天文学と建造加工技術を持つETIが 深く関与していると推察されました


D)
 R.C.ホーグラント博士の率いる科学者団体のメンバーである エロル・ラン博士(米国防総省地図局の科学者)は 五角形の建造物は 人工的につくられ D&Mピラミッド群と相互の関係で配置された位置関係にあることを解明しました。
 
  そして これら
建造物が 火星の北緯40.868度という数字で表示する等 かなり厳密に 計画的に計算されていたことを明らかにしました。


E)
また 電子工学者のマーク・ーロット博士は フラクタル分析(フラルクタルとは 自己相似構造をもつ図形のことで 人工物と 自然物を区別できる方法)方法で解析した結果 明らかに人工的に加工され 約6400平方Kmという巨大なモニュメントであることが判明しました。


F)
 NASAは 厳しい世論の批判をかわそうと州立ソマノ大学スタンレー・クダニエル教授を公式の調査団に任命しました。
    同博士は 約1年かけて画像の科学分析を実施した結果 NASAの言う「
光のコントラスト」の説は なんら科学的な根拠はなく 事実を歪めた情報操作によるものとの 公式見解を公務証言しました(マクダニエル調査報告書 1993)。


G)
 S.クダニエル博士は R.C.ホーグランド博士のETIによる人工建造物説は 長期にわたる科学者らによる厳密な調査分析が 多角的科学的に検証がなされたもので きわめて厳密な解析だと高い評価を受けました。

  さらに
クダニエル教授は

バイキング1号が 送信してきた人面建造物は 様々な画像分析と階層的な各種のテストをした結果 この巨大な建造物は 人工的に建造されたものと断定しました。
 よって R.C.ホーグランド博士らの研究報告は 正しいと断言します。
と公務証言しました。  
   その結果 またもや
NASAは いい加減な説明と国民に真実を隠そうとしたとの厳しい批判を受けました。


H)
 ゼ NASA セ情報ながしたのでしょうか?
     この
問に対しては  NASAが 作成した

            ルッキング・レポート(1958) 
       
ETI情報規定(機密文書: 1960)には

「 将来 地球以外惑星においてETIによる人工建造物 発見されたり 
あるいは ETI存在らかとなった時は 情報操作してでも隠ぺいしなければならない。

  なぜ
なら 高度進化している異星人文明に対しては 地球人類文明 存在しえないからだ。  必ず高度進化した宇宙文明飲み込まれてしまうだろう

 そ
して 地球人類の支えとなってきた文化遺産ての価値 崩壊するだろう

  だから 常 日頃
から各界きを監視 情報を歪めてでも 現体制を維持するためにも 絶対に ETI/宇宙人存在を公認してはならない。
  との厳しい統制規定が定められていたことから 以上のような無理な チグハグな情報操作となり 国民に信用されないNASAになったと推定されます。




I ) R.C.ーグランド博士は

「 
NASAアポロやサーベイヤー等の宇宙船が 撮影した画像を入手し 数年かけて画像分析した結果 火星以外の金星や月・小惑星・エウロパ等でも人工建造物を多数発見することができました。 

   NASAをはじめ米国の宇宙情報を管理する情報機関は 国民に 一切公開していない約1000万枚以上の画像等の情報を現在も隠ぺいし続けています。
はたして このままでいいのでしょうか。
         と問題提起をされました。
  



● 
USS(UFO科学大学院)では

 S.C.ーグランド博士の独学による宇宙人建造都市学の研究過程と 科学者集団を結成して米国政府やNASAが ウソの情報を流したり 隠ぺい工作をして科学データを歪めないように 発表した画像等を科学的に検討し徹底的に調べ上げる組織を作り上げました。

   科学者の良心と 民主主義の
原点に立ち返って 宇宙人政策の見直しを強く求めてきました。

 
NASAが 隠し続けている画像情報も 情報公開裁判を提起して 長期にわたり法廷闘争を戦い続けた結果 シブシブ出すようになってきました。

  
まさに ーグランド博士は 生涯をボランティアによる市民活動で宇宙文明の科学研究を推進した方でした。

  しかも 博士の惑星文明と地球文明との相互関係の究明に情熱をそそがれ 科学的な真相解明の姿勢は 一度も ブレることはありませんでした。


 
 USSでは 以上のような優れたS.C.Hoagland博士の社会的貢献をたたえつつ 関係するほとんどの情報を集積しております。

  
NASAとの長期にわたる法廷闘争に関する裁判関係の公文書から情報公開された画像・動画・公文書・機密文書 さらに宇宙人やUFO宇宙船が 太陽系の惑星に着陸して人工的に建造している不鮮明な画像や動画等の貴重な資料が 集積されております(NASA良識ある国家公務員方々は 隠されてきた情報をホーグランド博士へ多数提供しました)。



   NGO
生涯学習や未来科学の学習や研究に役立てたいと思う方は どうぞ 御活用下さいませ。
















                             Top         Return

inserted by FC2 system