Suzuki Ryusei 
●USS/ UFO University         


      (  鈴木 龍成 1960〜 東京大学医学部 医学博士 国立病院長 NASA医務官 Area51の軍事施設群等で宇宙人たちと共同研究<1992>したと公務証言。
 現在も親しい宇宙人と交流中です。

 脳神経外科 航空宇宙医学 米国防省<
DIA: ペンタゴン>の医療機関に勤務  その後は NASAの宇宙飛行士の健康管理医務官 AREA51-S4の軍事機密研究施設群の中で地球外のハイテク文明から飛来した異星人と共同で医学的な研究をしました。
  また 米国内だけではなく プエルトリコにあるNASA地下室研究施設群<
宇宙生命実験開発センター>でも共同で生命体の構造等について研究しました。
  そこには 世界中から選出された超エリートたちが 高級な待遇でNASAや米軍高官の指揮のもと研究や実験をさせられていました。

 しかし 監視は非常に厳重で 秘密も多く 鈴木博士は 体調等も優れないため帰国しました。  同博士は そこの施設群で知り合った宇宙人<
白鳥座の惑星から飛来した>オーソン氏と交流中であると公務証言されました。  )


■ 
鈴木博士は 宇宙医学を専攻し NASAでは 宇宙ステーション内の人体活性度 生体機能の変化等を学びました。

 その後  インターンを修了してニューヨークの
ルビュウ病院に2年間 独のミュンヘン国立ロマド病院に6か月間勤務    その後 米国ュルスターシューリッツ国立病院で勤務しました。


 NASAに滞在中に航空物理学者のドソン博士から NASAに来ないかと 誘われましたが 断って日本に帰国しました。   ところが 帰国後 同博士から招待状が 大学部長へ届き 大学からも進められて 再び渡米してNASAに勤務することになりました。
  とにかく 全てが最高級の待遇であり 日本で学習・研究した航空宇宙医学をさらに立体的に研究できる充実した毎日でした。 

  しかし NASAに勤務して別の顔を知ることにもなりました。   つまり 私たちが 知っている
表の顔のほかに 裏の顔があることに気づかされました。

 
NASAは 全世界の宇宙情報を一手に管理している宇宙情報機関であり 地球人類のほとんどは 真実を知らされていないということを思い知らされました(NASAの裏面史を学ぶ)。
  

 NASAは 世界中の最優秀な科学者や技術者たちを見つけては スカウトし 地球社会で最先端の最高レベルにある宇宙情報機関へ成長させました。  

  この宇宙情報機関は 極秘に約50年間にわたり地球外知的宇宙人(
ETI)の情報を集積し 膨大な画像と動画を一般大衆に 絶対に見られまいと意図的に厳重に管理していました。
  国民に情報公開したのは
1% にもならず 鈴木博士は この実態を知った時 大変なショックを受けました。 

 


  地球に飛来している宙人は 10種類以上いました。


@
人間に似たヒューマノイド・タイプ  

A
体の小さい小人タイプ

B 人間よりも大きな巨人タイプ

C
野生の野獣のような獣タイプ

D
 異臭を放つなど多様タイプ
 

 
1947.7/2ューメキシコ州に墜落したUFOから回収した宇宙人は2体 が焦げており 顔はボーリング状の玉のような形状をしていました。 

  UFO宇宙船の形状は エイのような形をしていました。
 その他 米国内で回収された無数のUFOやETIの宇宙船や遺体等も見せられました。
   とりわけ 注目したのは Roswell UFO 事件で回収された宇宙人の遺体を 冷凍保存されたものと 腐敗防止処置されたものを見た時でした。  以上の体験をした場所は NASAの特別医療施設群の研究室でした。

  


 宇宙人の寿命1000〜2000年であり 脳の劣化は 見られず 進化するのみであり しかも 前世の記憶は正確に残り さらに 死亡するまでの行動Mind(こころ)に残ります 

 
NASAで最初に宇宙人を目撃したのは Area51のパプースレイクで 同エリアには S4グルームレイクがあり 全て軍事極秘エリアで 一般の人も 軍関係者でも 政府関係者でもダメで 極限られた人たちだけが立ち入りを許可されていました。
 しかも 警備が 厳重で 24時間監視される生活をしいられました。

  このエリアの
S4地下室の研究群でオリオン種族の宇宙人と彼らの優れた高度の技術を提供してもらい 共同でUFO宇宙船を開発・研究しました。

  私は 医学なのでUFO宇宙船の内容は 分かりませんが 常に 異星人と地球人の違い  そして 彼らの文明と地球文明の違い等を中心に比較研究をしていました。



  
S4は 広大な地下研究施設群からなり いくつもの専門の部署から構成され組織化され 時々 複雑な配置のため自分がいる位置が 分からなくなることもありましたし 全米の軍事極秘施設とは 超高速のリニアーカーで連結されており 表からは一切 内部の実態は 分からないようになっていました。


 博士は 白鳥座の61番星の宇宙人(ETI)と交流しています。  この宇宙人は 自動翻訳機を携帯し様々な言語にも対応し 会話することができます。

 ETIは 外見から 地球人類と 変わりませんが やや青白い色で 全て美形で 地球文明よりも
2000〜3000年も進んだ文明から飛来していました。 

 彼らの乗り物はUFO宇宙船であり 時空を多チャンネルのような
平行宇宙の原理を応用して---UFO推進装置と平行宇宙をうまく組み合わせて 自在に Time Travelできる高度のテクノロジーを持っていました。
  彼らは ある空間の歪みに入り 別の空間から出るという
イオンスをしながら 間遠隔移動(Teleportation)をいとも簡単に使いこなせる最先端の文明から飛来している異星人でした。



 光速  行宇宙 
 
 UFO宇宙船を強力な磁場で包んでしまうとレーダーに対しては ステルス効果がでてきます。
 つまり 
空間の波動原理超時空の法則を理解しないと UFO宇宙船を使いこなすことは 困難です。 


@
 宇宙人は 質から構成されていること(二重構造=心物統合の原理)を理解していました。


A
 宙人は 宇宙エネルギーを活用してテレパシーテレポテーション(瞬間遠隔移動) 体外離脱(OBE)等を自在に使うことができました。


B 精神性が 高く 病気に強く 寿命がのびて 宇宙エネルギーを自在に使いこなして 心豊かなLifeを常に目指します。





● 
USS(UFO科学大学院)では
 鈴木
博士NASA Area51貴重な研究体験を大切にしており さらに 現在も 地球文明よりも 3000年ほど進んでいるとされる白鳥座の宇宙人との交流体験をされ 様々の災害等から 救ってくださったとの貴重な体験もされています。

  
USSでは 地球文明よりも はるかに進歩しているハイテク文明(UFO宇宙船の推進装置平行宇宙学原理)について しっかりと学習し 研究できるように 資料等を準備しております。

 
どうぞ ご活用下さい。 お待ちしております。





                             Top    Return

inserted by FC2 system