Satou Mamoru
 ●USS           
       
(  佐藤 守 1939.8/8〜 国立防衛大学航空工学科  自衛隊幹部学校航空戦闘機課程  築城基地スクランブル部隊  防衛庁調査二課<外務省国際連合局軍縮室> 茨城県百里基地隊長 防衛庁広報室長 自衛隊幹部学校教授
 青森県三沢基地司令官 宮城県松島基地司令官 航空自衛隊沖縄連絡調整部長 
空将
   航空自衛隊での飛行時間の総計は 約3800時間で 乗った戦闘機の機種は F-86/ F-104/ F-4/ F-1/ F-15/ F-16などで 将来は ステルス機種に乗りたい希望がありました。 
  佐藤空将は 石川貫之空将や石破防衛大臣らと同じくUFOや宇宙人の存在を公認し 情報公開を提起しました。
 )



  佐藤空将「 UFO問題は 日本の安全保障に関わる重大な問題であり 国家として国民にキチンと説明し対応を検討すべき時代が 来たと思います。 
  私は これまで 現役やOBの方々に機会あるごとにUFOや宇宙人について取材をしてきました。  その結果 最初に想定していた目撃情報より はるかに多くの方々が 日常的に目撃している実態が 判明し大変 驚きました。 それは 職場の階級とは 無関係であり あまりの多さに恐怖や 驚きを隠しえませんでした。   彼らのほとんどは 現役の自衛官であり 私の取材に本音で真剣に答えてくれたことに心から感謝しましたし 改めて日本の安全保障のあり方を考えるべき時が来たと 事実を公表することにしました。
」と 公務証言されました。


  取材や佐藤空将自身のUFO目撃体験から 特に 
のエリアは UFO多発地帯だと指摘しました。


@
 青森県三沢基地周辺(六ヶ所核処理施設周辺・東通原発・八戸・久慈等も含む)


A 宮城県松島基地から女川原発周辺
  



B 茨城県百里基地周辺から東海村原発周辺等
 

  
以上のエリアでは これまでにUFOと対戦となり死亡された方々もいますと公務証言されました。
 また これまでに 
実名を出してUFO目撃を証言された方々もおります。

A)
1968年 川村純彦空将補は 海上自衛隊の対潜哨戒機P2V-7からUFOを目撃したと証言しました。

B
) 1980. 4〜 1981〜 1983年にかけて何度もUFOを目撃( 1980.4に三沢基地/ 1981年に宮崎県新田原基地にてF-15Jで飛行中にUFOを目撃)したと桧垣哲雄二等空佐
                次
のようにった。
 
「 UFO性能は 素晴らしく とても 現代

地球文明では 対処できません。

  宇宙人は 地球人よりも優れた生物で

あり UFOは 彼らの文明が いかに進んで

いるかを示してくれました。

 だから 彼らと闘うのではなく 友好的な

話し合いで解決できればと思った。


と証言しました。


C
) 三沢基地や 松島基地でUFOを目撃した船附昇三等空佐は 飛行中に(T-2/ C-1
輸送機等で) 何度も目撃していました。   最後に見たUFOは とても巨大な宇宙船でしたと語りました。




 
 山根隆治参議院が 内閣に提出した「問主意書 2007.12/10」に対して政府は 12/18に 内閣史上 初めて
UFOの存在は 確認されておらず 研究も対策もしていない。」との存在を否定した答弁書について 佐藤空将は 絶対に納得でき.るものではありませんと証言。 

  国際社会を見ると 米・ロは もちろん 私も 同僚も 航空自衛隊のパイロットの方々が 日常的にUFOを目撃している以上 これを否定するのは ムダなことです。
  米国 ロシア フランス 英国等でも 専門的科学的にUFOを調査する国立の調査機関があります。 
 彼らは 一致して「
UFOは 高度に進化した生物が 操縦しつつ地球に飛来している実態がある。」と断定しています。



  
らに 石破防衛大臣

UFOは それを操る生命体が 存在しな

いと断定できる証拠はない。

  日本の領空を飛行するUFOについて 

どのように対処すべきか 法整備を含めて

 しっかり検討すべきだ。


と述
べました


 
佐藤空将は ステルス機種や無人偵察機等は UFOの仲間であり 米軍が 機密エリアの研究所等で開発したと証言。  以上の機種は UFOと同様に米国のネバダ州グレーム・レイク基地という 軍事機密エリアで 開発されました。
  軍事機密エリアには 米軍科学者と協力して働く宇宙人たちも国立ロスアラモス研究所や国立リバモア研究所 エリア51などで働き とても深く関与しています。

  だからこそ 米国は この地球上で いつも 地球文明の先端を行くことができるとの指摘が 多く聞かれる理由も明確となります。 
 ただ これらの軍事機密エリアで 働く方々は 全世界から選出された超エリートであり 年俸 数千万円は下らない高給取りです。
 しかし 彼らは 24時間 厳しく管理・監視される日常を覚悟しなければならない状況にあると証言した。

  


USS(UFO科学大学院)では 佐藤空将や石川空将等の幹部クラスUFO/ETI等の証言資料や一般自衛官証言も多数ございます。 

 
 自衛隊とUFO関係を示す公文書やメモ 陸・海・空自衛官がUFO/ETIを目撃した情報を集積した資料等もあります。 

  さらに
水産庁海洋調査船が 太平洋上で UFOを目撃し 観察した詳細のデータや 南極調査隊が 昭和基地等の周辺でUFOを目撃・観察した資料もございます

 
なお
@ 茨城県百里基地UFO死亡事件( 1974. 6/9 夜に発生) 


A 青森県三沢基地UFO死亡事件(1998. 8/25 夕刻に発生)等のUFOとの対戦状態で死亡した


  以上事件全容を正確分析できる情報・データ・資料・証言等も集積しています。
  どうぞ 市民活動やNGO生涯教育活動における学習や研究に御活用下さい。
  活用したい方は ご絡を下さいませ。




                                 Top             Return

inserted by FC2 system