Bruce Maccabee 
●USS     
     ( ルース・マカッビー  1942.5/6〜 アメリカン大学物理学教授 工学博士  ワシントン大学  米海軍兵器開発研究所でレーザー砲やビーム砲の研究をし米国宇宙戦略SDIやBMDを実現するために宇宙兵器開発に協力した。
  ETI科学・UFO科学者 NICAP<
全米UFO調査委員会>全国委員  MUFON<UFO相互ネットワーク>主任研究者 MUFONメリーランド州支部長 同全国議長
 UFO研究基金<
Fund for UFO Rrsearch 1979>を創立   UFO裁判を提起して 政府機関のUFO/ETI公文書約3600ページを公開させる法廷闘争に勝利した。

  
MUFONシンポジウム<1997-1999>で洗練されたピアニストとしてステキな演奏をし喜ばれました。

  米国内やニュージーランドのオークランド空港周辺で発生したUFO事件を緻密な研究分析により UFOの実態を解明し高い評価を受けました。
  また UFO番組等に出演して 啓蒙・啓発活動に貢献されました。    )


 
   米国の海軍兵器開発研究所の部長として宇宙兵器の開発と衛星画像の高速鮮明化処理・解析の研究開発を指導し 2008年に退職しました。
  同研究所に在職中からUFO科学に関心を示し
CIAの天下り機関のNICAP<全米UFO調査委員会>に参加し 全国委員を担当しました<1965-1980>。 
 1975年に
MUFON<Mutual UFO Network:UFO相互ネットワーク>に参加しメリーランド州の支部長に就任。
 一方 1979年に
UFO研究基金< Fund UFO Reserch>を創立し責任者となり研究の経済基盤の強化に貢献しました。
 現在 同団体の全国委員長に就任しています。

  




▼ 
Bruce Maccabee博士の研究活動
  
@ ガルフブリーズUFO事件(1987.11 にフロリダ州ペンサコーラ周辺のガルフブリーズで発生。)で撮影された写真・ビデオ等を科学分析し真相究明に貢献した。     


A
ジェミニ11号の宇宙飛行士が 撮影したUFO写真・映像の科学分析で実態が解明された(1966.9)。


B
1947.6/24に発生したケネス・アーノルド(Kenneth Arnold)UFO
目撃事件の調査分析

C
1978.12/31 ニュージーランドオークランド空港周辺でUFO
事件の映像を科学分析し実在を証明した。


D
アラスカ巨大UFO遭遇事件(1986.11/17 日本航空JAL1628
機長 寺内謙寿が証言)を研究・調査し実在を証明



E1987年〜1988に発生した赤色に光かがやくUFO事件の真相解明に貢献

F
 マカッビーUFO事件(1990-1992)の調査研究で実態解明


G
 FBIや CIAが隠し保有しているUFO情報の公開を求めたUFO裁判の提起(1997年以降 UFO裁判を提起<情報公開の行政裁判> )

H
 メキシコ空軍UFO事件(2004.3/5 と 2004.12/27)の赤外線映像等の科学分析から実態が解明された。


 に Maccabee裁判では 米国政府が公然とUFO/ETIの存在を強硬に否定していた時期にFBI-XFilesCIAの公文書・機密文書を公開させ存在の事実を確認させた意義は はかりしれません。
 
米国UFO情報公開裁判の法廷闘争の歴史に重大な貢献をしました。


U S S (UFO科学大学院)では

 
マッカービ博士のUFO裁判で勝利し公開さ

れた米国政府
公文書や CIA・DIA機密

文書 軍・政府高官・情報機関
等の関係者

の証言 画像・映像
資料分析データ


調査報告書から学びや 研究を深めてい

くことができます。

 
ご利用時は 気軽 ご連絡を下さい。





Top  Return

inserted by FC2 system