Robert Bob Lazar   
●USS      
      
( バート・ブ・ラザー  1959.1/26-   カリフォルニア工科大学   マサチューセッツ工科大学 物理学博士 電子工学博士 高速エンジン学 国立ロスアラモス研究所<中間子物理学研究施設 SDI開発研究>
  Area51内
S4極秘軍事施設群でUFO推進装置研究開発< E.テラー博士に実績を評価され採用され極秘軍事エリアで米軍科学者とオリオン種族宇宙人と共同で 米軍型UFO宇宙船を開発> 
  
軍事最高機密地域で勤務すると24時間監視され これまでの全ての経歴がMJ-12により抹消されました。
 米国政府が 国民に隠したUFO政策の誤りを告発し公務証言  UFO宇宙船推進工学  ETI科学  光速推進装置学   ) 



 
ラザー博士は 1982.6/28  E.ラー(Teller 1908-2003 水爆の父 レーガン大統領と共同で AREA51-S4で UFO宇宙船や宇宙兵器を開発の最高責任者)博士から軍事機密エリアで最高の待遇で研究・開発するように働きかけられ勤務することになった。
 そのエリアは 大変 厳重な警備下にあり 常に24時間監視された職務を強いられました。      
         その時に
したは 次の通りでした。

@
米国政府は 国民に隠したまま地球外から来た異星人(レティキュライ星人)のUFO宇宙船を回収し その推進原理を研究していました。

A
UFO推進装置の研究・開発は 宇宙人と共同で進める職務であった(UFOは9機あり そのうちの1機に乗り降りして調査・分析しつつ研究しました)。

B
UFOの機体の表面は とても美しく鈍い銀色に輝き 表面はとても滑らかで 機体を  構成する物質は 温かみのある未知の材質で どこにも継ぎ目やリベット跡はありませんでした。

C
宇宙船下部には動力源反物質リアクター( Antimatter
Reactor 反応炉
)装置が装備されており その源は 元素115で 223gを使用し 元素115から116へ 変化する時 対消滅反応(物質の反対作用により 反重力の効果あり)が 発生し UFO宇宙船の下部の3つの重力発生機と増幅機へ送り飛行します。

D
 Cの装置をバランスよく操作すると容易に時空を自在に多次元移動することが可能となる(テレポート/ジグザク飛行/瞬間消滅/ 急発進/急停止/瞬間ターン等)

E
UFO宇宙船の大きさは 直径約16m  高さ約5m 反応炉の大きさはバスケット位で 銀色に輝く半球形でした。

F
UFO推進装置の開発は レティキュライ座ゼータ2星系の第4惑星から地球に飛来したレティクライ星人(身長約1m)から指導を受けて完成しました。

G
開発された米軍UFOは 物理学法則に従わず ハイテクで時空を引き寄せて歪曲させて飛行する原理であり ほとんどの科学者は驚きのあまり無力感に陥り発狂する方も見られました。


米国政府が リア51(S4)で国民に隠して推進する

ハイテクな宇宙兵器 や
UFO宙船の実態等をUFO科学大

学院
では Lazar博士 Friedman博士  Vallee博士 Greer博士

 
Wolf博士らの証言・証拠資料で学び研究することができます。

  
料等を活用したい方は ご連絡下さいませ。






Top   Return



inserted by FC2 system