David Michael J a c o b s UFOノーベル賞について
●USS/ UFO科学大学院  
 


        (ビット・マイケルジェイコブス 1942〜 ウィスコンシン大学院博士 歴史学博士 ネブラスカ大学教官 テンプル大学歴史学教授 歴史学者 世界初め科学的なUFO学の歴史研究で博士号を授与  UFO科学  Abduction学  
国際Abduction研究センター長   UFO科学史の研究発展と全米や諸外国で発生
したアブダクション真相解明および救済活動等で重大な社会的貢献をされました。  UFO大学名誉博士    )


 
 1960年代以降の米国UFO論争を研究し 単なる米国政府 対 UFO団体・市民活動との論争で終了することを危惧し 広く科学的に冷静な視点でオープンに議論し 情報公開も促進し 国民的な合意形成を図るよう問題提起<1975>---米国UFO科学の歴史的事件における論争を調査分析し その研究成果をインディアナ大学出版局から

 「 
The UFO Controversy in America 1975」

<
全米UFO論争史>を出版し 未来科学の発展に重要な貢献をしました。

 
その後 異星人とAbduction事件との関係について関心を持つようになり すでに Abductionケースについて調査し 治療等の問題の処理について課題提起されました。




 Abduction UFOノーベル賞について

 Abductionの問題を世界で初めて調査・解明された方が
ッド・プキンス(Budd Hopkins)氏であり 約30年以上にわたり 何百人ものアブダクションの被害者を調査しました。 その調査結果をMissing Time <失われた時間>1981」として出版しました。 Abduction被害者には共通して時間欠落」と傷痕・インプラント---小さな切り傷・えぐったような傷痕・鼻足 体一部埋め込まれた小物質<インプラント>を確認されました。

 
ェコブス博士は B.プキンス博士の世界ではじめて発見した「時間欠落」の部分を再生するために逆行催眠法による成果を踏まえて 協力も得て 科学的な調査研究を開始し 125人以上の異星人による拉致誘拐・生体実験の被害者の実態を逆行催眠法を修得し改良をして詳細に解明しました。

  その後
ェイコブス博士は さらに 調査を拡大し 約1000人以上のAbduction体験者逆行催眠を実施し「失われた時間」を再生し真相を解明することに成功<1989>しました。

  その結果 拉致誘拐に関わっているのは 全ての宇宙人ではなく オリオン種族のグレイ宇宙人であることを突き止め 患者さんたちに危険だと警告を発しました。 

   
また ブダクションの基本パターンも明確となり

@
一次的現象(宇宙人による手や器具による検査・疑視・泌尿器・婦人科的処置) 


A
二次的現象(宇宙人が 機械を使って検査し映像化して子供の様子等を提示)




  以上の徴が 見られることを発見しました。
 そして 肉体的 精神的 性的活動や手術的処置が この
2つの現象に補助的に付加されていることが 明らかとなりました。 


  
Jacobs博士は さらに 1994年から被害者の救済に取り組

国際ブダクション調査センター<I C A R : International Center for Abduction >を立ち上げ 所長として被害者の救済活動を推進するとともに 啓蒙・啓発活動も展開しました。  

 しかも 調査・研究を進めていく過程でAbduction事件の背景には米国政府とグレイ宇宙人との協力のもとで実施されている可能性が 高いとの結論にいたりました。
 


      UFOノーベル賞について
 UFO Controversy in America. 1975 
 
「全米UFO論争史」D.M.ジェイコム博士 星雲社 2006

    世界で初めて科学的なUFO歴史学の研究をされたUFO歴史学者は デビット・マイケル・ジェイコブス博士でした。
  同博士は この研究を約20年以上をかけて研究されました。 その成果を1975年にインディアナ大学の出版局から発刊し未来科学の発展に重大な貢献をされました。
 この研究を進める上で 貴重な情報やデータ等を入手可能にしたのは 1974年に成立した情報公開法(FOIA)でした。 

  この法律の施行により米国政府が 否定し続けてきた とても厳重に独占管理されてきた何千件ものUFO/ETI関連の公文書が公開されるようになりました。  その結果 
のようなことが 明らかとなりました。


@
米国政府等の官僚機関が UFO/ETIに深く関与していたことです


A
 @の関係機関は 地球外知的宇宙人(ETI)が 地球以外から飛来し地球人類を観察してきた事を公認していたことです


B
 1953年のロバートソン査問会(Robertson Panel)は 国民にUFO/ETIに関する情報を一切 国民に知らせないための組織・会議であったことです


  マイケル・ーズ(西部ミシガン大学教授 UFO科学 歴史学者)博士は 情報公開で請求し 入手した公文書等を調査分析した結果 UFO科学史の研究に多くの新しい資料を提供することができたと証言しました。



   UFO目撃情報  科学分析 
A) 1973年に全米各地(ガルフブリーズ フロリダ ハドソンバレー  ニューヨーク)で目撃されたパターンを分析 

B) 1978〜1979年にニュージーランドで目撃されたケースを分析


C) 1986年11月にアラスカ上空で巨大UFOを目撃(日本航空     寺内謙寿機長)ケースの分析


D
) 1970〜1980年代までの目撃ケースの分析



  
ェイコブス博士が 以上のUFO目撃情報を徹底して調査分析した結果 心理学的な原因によって生じたものではなく 実態として実在した現象を目撃したと断定しました。
  いずれにしても 現代科学の原理・原則を無理やり当てはめようとしてもムダで 時代の最先端 恐らく 少なく見積もっても100年以上進んだハイテクな宇宙船であるとの結論にいたりました。





Abduction  科学研究 UFOノーベル賞について

      当初 D.M.Jacobs博士は 「アブダクション事件の科学的研究は 不可能だ」との考えで 意図的に避けていました。 
 しかし 1982年のアブダクションの報告書には 十分な証拠があることが判明し この現象は きわめて重要な研究で 科学的な研究は 可能であるとの立場に変わりました。
  それ以降 
ジェイコブス博士は 全力で調査研究した結果 一般の方々から高度の専門職にいたるまで さらに 人種・宗教・政治・国籍・社会的地位・民族・性別・・・・一切関係ない中での体験であり 被害者であったことが明らかとなりました。


   
 ブダクションの体験者たちには 時間的な欠落が 見られ 逆行催眠法(Hypnotic Regression)で記憶を取り戻す方法が実施されました。 被害者の中には 催眠なしでも体験した内容の詳細を思い出したケースもありました。

  被害者のほとんどは UFO宇宙船内へ拉致誘拐されてから生体検査されるプロセスをたどり 最終段階で 地球文明の崩壊を知らされ環境問題や精神的成長に
---物質的な欲望に興味・関心をもたなくなる傾向等の意識的変容が見られるケースが少なくないことが 明らかとなりました。

 

 それらの現象は 物質現象だけではなく 精神的非物質的な現象も含んでおり 現代科学の研究方法だけでは 行き詰まり 新たなる未来科学的な研究方法の確立----えば (非物質現象一般)と物質現象の統一的な記述が 必要とされる。 

  この問題は 
現代科学の限界を意味しており 新たなる研究方法への挑戦を意味していると言えます。 



● 
USS(UFO科学大学院)では ジェコブス博士
らのAbductionに関する研究調査・著書・科学論文・調査資料・関係者の証言・被害者のカルテ等の記録等の膨大な資料が 膨大に収蔵されており 生涯学習やNGO市民大学等での学習や研究を推進されたい方々に 提供しております。

 
ご希望の方は ご連絡下さいませ。




Top  Return

inserted by FC2 system