Lind Moulton Howe  
●USS               (ンダ・モルトン・ハウ 1942.1/20〜 コロラド大学 スタンフォード大学院修士  ミス・アイダホに選出され奨学金を獲得 コミュニケーション学 ジャーナリスト 映画監督  科学・医療・福祉から環境問題等の報道番組を制作し 映画・TV・ラジオ・出版・・・ 次々と社会の諸問題を調査・取材して国内だけではなく諸外国にも出かけて映像化し高い評価を受けました。
  大気汚染では 化石燃料やウラン燃料等からの脱却を提起し 水質汚染や農薬汚染の原因を明らかにしこれに代わる対策を提起しました。 また ユネスコの国際的な援助活動を取材・映像化し飢餓等に苦しむ子供たちの救済にも貢献しました。 
 

 
国内や世界で発生した ャトル・ミューティレーション<Cattle Mutilations :動物内臓切断等を1979年から調査開始>事件や英国のステリーサークル UFO目撃の証言・米国政府の闇UFO/ETI政策・・・・科学的に解明できない社会問題にも鋭くせまる記録映像をマスコミに提供してきました。
 各局のTV・ラジオ局・出版社・・・・あらゆるマスコミに要請され そのたびに闇に隠された実態を解明すべく 彼女は 鋭い感性と 権力等の圧力にも屈せず粘り強く しかも 的確に取材し実態と 真実を丁寧に解説しつつ 国民に分かるような内容に制作して世に映像や本として紹介してきました。

  とりわけ UFO/ETI問題には 相当の時間と研究調査等を積み重ね その背景に米国政府が 関与していることを突き止め その取材過程を より具体的に機密文書や 政府高官・情報将校・軍関係者等の証言等で証拠を固めドキュメンターとして国民に問題提起してきました<とりわけ 1983年3月に
リチャード・ドウティ<Richard Doty>空軍情報部大佐の証言は 大きな反響を与えた>。

   以上の作品は 事実に裏付けられて制作されており 社会的に大変 高い評価をうけました。  エミー賞 国際エミー賞 国際医学賞 ブリタニカ賞  ピーボディー賞  フローレンスセービン賞 カナダ・ドキュメンタリー賞 ジャーナリズム賞 オハイオ州賞ほか 多数の賞を受賞されました。

  
UFO科学 ETI科学  キャトル・ミューティレーション学  UFO/ETI政策学 アブダクション学  環境問題等  UFO大学名誉博士  )

     
 
     R. D o t y情報将校 の 証 言
     L.M.Howe映画監督は 「UFO/ETファクター」という映画製作の過程で カートランド空軍基地の情報将校 リチャード・ドゥティ氏から極秘文書を提供したいとの連絡を受けて 同基地の特別調査部の一室内で そのファイルを渡されました。 
    その機密文書は 3枚あり 1枚目は 米国大統領宛のUFOが 国内に墜落した事件の内容について次のように書かれていました。
  


   「クエリアス計画書」 の  約

  UFO宇宙船の調査報告書は 14部からなり このプロジェクトは アイゼンハワー大統領の命令によりMJ-12により作成されアクエリアス計画(ST)が 1965.12 に設立された。
  この資金は 全て軍事機密費から出ており その目的は 知的宇宙人に関する総合的な情報を集積することにある。 それは 米国が UFO宇宙船の建造を推進するために活用される。

@  1954年にシグマ計画が 設立され 1976年には 分離独立した。  その任務は 宇宙人との基礎的なコミュニケーションを持つことにあった。    その後 1959年に 宇宙人との基礎的なコミューニケーションに成功した。
 さらに 1964年4/25 に ニューメキシコ州の砂漠で2人の宇宙人と公式会見しました。   この会見は 約3時間おこなわれ空軍高官等と宇宙人との情報交換が 開始され 現在も定期的に行われている。 

  
C I A情報将校の証言によると 「朝 3機のUFO宇宙船が 出現し そのうちの一機の底部から光線が放射され その中を宇宙人が下りてきた。 出迎えた空軍司令官や数人の情報将校らは その宇宙人に案内されてUFO船内に光線に乗って吸い込まれていった。 宇宙人たちは 酸素マスクのようなものを付けていました。 ・・・この会談には MJ-12からのシグマ計画に基づき 異星人との外交関係の推進が 話し合われ 新たにプレトウ計画が発足することになった。 その結果 米軍首脳と宇宙人は後日 協定を締結することで確約し 会談は終了しました。 その時 宇宙人の一人が 保証としてホローマン基地に残ることになりました。  その宇宙人は大使のクリル(KRILL)と名乗りました。
  その後 エドワーズ基地で公式な契約が締結された。 宇宙人との秘密協定は とてつもなく高度に進んでいる科学技術を提供してもらうことにあった。
       
 そのため 軍高官らは 
1) ETI/UFOの存在を国民に絶対に知らせず隠すこと

2
) キャトル・ミューティレーションが 宇宙人により行われている  ことを隠すこと  

3
) アブダクションは 地球人類の遺伝子等の調査のために実施   していることを隠し黙認すること  
  の3つの条件を受け入れ宇宙人のハイテクを提供してもらうことに決定された。」


A
 1972年にスノーバード計画(TS/ORCON)は 設立された。 その目的は UFO宇    宙船の開発とテストフライトすることにある。

B 1968年にパウンス計画が設立され その目的は 宇宙人のハイテクを取得するた     めの情報を評価・鑑定するためにあり 現在も継続中である。

  L.M.
ハウ監督は 以上の機密文書のほかにも ドゥテイ情報将校から 「ニューメキシコ州に2回UFO宇宙船が 墜落していたこと。 一回目は 1947年のロズウェル事件であり 二回目は 1949年に発生し この時は 生きた宇宙人が 回収されたと記載されていた。
 その宇宙人は 墜落現場から国立ロスアラモス研究所へ送られ 1952年まで 病気で死亡するまで その施設にいた。
」との機密文書を見せられたと証言しました。

   さらに  L.M.
Howe監督は 「宇宙人と地球人との交流が トルーマン大統領以降 現在まで かなりの数の宇宙人が 国賓として招かれてきました。 この間に 米国政府と MJ-12は 宇宙人文明の実態について 立体的に学び 具体的なサポートも受けてきました。 この計画実施は 米軍と政府だけが 実施ているのではなく NSA等 ほぼ全ての情報機関も深く広く関わって推進してきました。

 彼らの文明が 愕然とするほど進化し発展している以上 先進文明の科学技術や文化を徹底的に修得する以外 何んら生存を保障する道は 残されていないのです。
  これまで 米軍は 事あるごとにUFOと対戦してきました。  朝鮮戦争やベトナムでも・・・。
  しかし 次々と 攻撃され 兵士の死亡が急増し 対応できないほどハイテクな武器を持つ相手であることを痛感し どんな 締結であろうと ハイテクをオネダリする以外 生き残れないと 異星人の言いなりの選択ゆえに
 Abduction/Cattle Mutilation等の事件が多発したと言えます。 
  さらに 今回 このような方法で 米空軍の情報将校が コンタクトをとってきたのは R.ドゥティ氏
一人判断では 無理であり 軍情報部と米国政府の緻密な計画による 情報操作という 心理作戦ではないかと 推定されます。」と 米国政府の異星人政策の実態を証言しました。
 さらに 
L.M. ウ監督
  「 
いずれにしても 国民の誰もが 知らないところで 宇宙人に拉致誘拐されたり 家畜等が大量に虐殺されて・・・・・被害を受けるだけで 何んのことなのかさえ まったく知らされずに 国家だけが 知っているということは はたして これが民主主義国家と言えるでしょうか。」と 人類の将来を案じ 地球文明の行く末は これでいいのかと問題提起されました。


■ USS(UFO科学大学院)では 監督の制作したフルム映像や米国等のマスコミが報道した映像や出版本等のほか 軍情報部や 情報機関からハウ監督に提供された機密情報等も集積してあり 必要な時は いつでも 学習や研究に活用することができます。
       現在 地球文明が 直面している重要な課題の中に 
UFO/ETIが 占める割合は 日に日に増大してきているのは 間違いないようです。 どうぞ 御活用下さい。


Top  Return

inserted by FC2 system