Colonel Philip J. Corso 

●USS   
     
 ( ロネル・ィリップ・コーソー 1915. 5/22〜1998.7/17
アイゼンハワー大統領政権で国家安全保障会議<
NSC>スタッフ<1953-1957>   米国防省<DIA>ペンタゴン陸軍情報局UFOハイテク応用部長 国防省UFO・ETI情報局長   ケネディ大統領暗殺事件<ウォーレン委員会>特別捜査委員
  「
ルドー将軍<Arthur G. Trudeau>指令により ズウェル事件<1947.7/2に発生。 米軍のUFO/ETI回収特別部隊が 7/8までに国民に隠したままライト・パターソン基地等に輸送したUFO/ETI事件 現在も米国政府は真相を隠したままだ>落したUFOの骸・部品・宙人の装着物等を調査・分析した研究成果とパーツ等を軍産企業に極秘に提供

< えば 暗視装置/ 集積回路/ レザー兵器/ 光ファイバー/ ケブラー繊維/ 形状記憶合金/ ビーム装置等>し 情報産業の発展に多大な寄与をした」と
ーソーUFO情報局長は 公務言しました。

 
ーガン統領<在任:1981〜1989>のターォーズ画<SDI: Strategic Defence Initiative: 宇宙防衛戦略: テラー博士と同大統領が強力に推進>にも重大な影響を与えました。
  米国政府
UFO/ETI政策は 全ての実態を国民に隠して進められてきました。
  特に 現在
情報ハイテク社会の基盤作りに貢献したズウェルUFO事件< Roswell UFO Incident >を隠し もみ消すことは 国民への背信行為であり 断じて民主国家とは言えず 国家犯罪だ! と告発した<The Day after Roswell. 1997 「ンタゴンの陰謀〜新兵器開発に隠された真実 1998」等> 国防省 コーソーUFO局長公務証言は 重大な影響を与えました。  ) 
   



◆ 
Roswell<ロズウェル>事件告発


@ ルーマン大統領(Harry S.Truman 1884.5/8-1972.12/26:在位:1945.4/12-1953.1/20)が ロズウェル事件を隠ぺいするためにUFO/ETI情報に対する厳しいかん口令と米軍罰則規定を施行し真相を隠す指令を出しました。


A 
スタントン・リードマン(S.T.Friedman 1934.7/29〜 核物理学者 NASA科学顧問)博士ら優れた科学者により 事件現場の調査・研究がおこなわれ 実態が明らかとなりました。

B
 連邦裁判所等の法判決で UFO/ETI情報は 国家安全保障に関わる内容のため非公開の免責事項にあたると UFO/
ETIの存在を公認しました。

C 
1947. 7/4  午後10:00ころズウェルで回収されたETIの遺体の運搬現場をコーソー局長が 直接確認しました(カンザス州フォートライリー陸軍基地にて)。

D 
1947年に墜落したUFOから回収した部品等の研究開発から現代のハイテク産業が 生まれ発展(地球人類よりもはるかに進んだETI文明の存在が明らかとなった)しました。


E
キャトル・ミーティレーション(家畜内臓切断等)や アブダクション(Abduction: 拉致誘拐による生体実験)等による被害者の声を米国政府は完全に無視しました(関係者の証言によると米国政府とオリオン種族との密約により行われたと推定)。


F
1952.7/19ホワイトハウスUFO乱舞事件が発生し対処できず 困り果てたトルーマン大統領はA.アインシュタイン博士( Albert Einstein 1879〜1955: ノーベル物理学賞 プリンストン高等研究所最高スタッフ)に相談し解決策を見つけました。


G
遠隔透視(RV:Remote Viewing)は 大統領公認軍事的スパイ超能力開発研究でCIA等の国家情報機関が複数関わり 巨額の税金を投入して成功しました。


H E.フ
ーバーFBI長官は 1962年から頻繁に米国防省に来るようになり ズウェル事件や ャトル・ーティレーション(Cattle Mutilation)の真相を共同で調査・分析し確実に存在したことや 米国政府が関わっている実態を確認しました。


I
ニコラ・スラ博士 フォン・ラウン博士 ロバート・バーチャー博士 リチャード・ァインマン博士らは 米国UFO
/ETI問題
国家最高機密機関幹部であり 墜落した機体の研究・分析や宇宙人との交渉等の職務を担当していました。
              
 
以上のようにーソーUFO 米政府UFO/ETI
策の実態ついてに関係者名も出し最高厳密さで公務証言高い評価を受けました。


Corso国防省UFOの詳細にわたる具体的な公務証言について USS(UFO科学大学院)では 証拠となる公文書や証拠物/機密文書/同僚の証言/これまでに闇に葬られてきた様々の関係者の証言は 膨大な公務証言として 集積されており コーソーUFO局長の関わってきたUFO/ETIに関する情報を どのように軍産企業等に提供し 提供物を企業が どのような方法で開発・研究して 新しい技術として地球人の身近な生活に普及していったのか その他のデータ等から学び・研究することができます。

   
ご希望の方は ご連絡を 下さいませ。
            





                                   Top         Return

inserted by FC2 system