Richard J. Boylan  
●USS / UFO科学大学院         

         (チャード・ボイラン 1941〜 米国カリフォルニア州サクラメント市 カリフォルニア州立大学博士  カリフォルニア州立大学教授  カリフォルニア大学教授  チャップマン大学教授  心理学博士  行動科学  臨床心理学  UFO政治学 UFO政策学 Abduction学 ETI科学 ETI種族学 UFO情報公開学  1989年以降 オリオン種族宇宙人に遭遇しUFO宇宙船に拉致誘拐された患者さんの調査・研究に着手しました。

  この研究成果はマサチューセッツ工科大学で1992年に開催された国際アブダクション研究会議で発表しました。
 さらに1996年にワシントンD.Cで.開催された国際宇宙文化研究会議でも発表しました。

 
イラン博士は オリオン種族の宇宙人に拉致誘拐され<Abduction> 精神的ダメージを受けた患者さんたちを救済するために非営利団体の精神医療専門職団体ACCET<Academy of Clinical Close Encounter Therapist:  カリフォルニア州政府公認>を立ち上げ こ団体代表となり 全米の精神医療団体とも連携してAbductionで苦悩している患者さんの治療に専念しました。
 さらに
Abductionの詳細な研究を進めていく過程で 多くの患者さんから 軍事的な極秘地域として有名なAREA51が 発進基地であることを多くの国民から指摘されてきました。

   
特に オリオン種族の宇宙人が 深く関与していることを突き止めました。

 とりわけ 極秘の軍事基地で勤務していた患者
さんからは より具体的に米国政府とオリオン種族が 米国政府と協力して一般大衆を計画的に UFO宇宙船内にAbductionしている実態を証言する方々が多数いらっしゃることから 真相が明らかとなってきました。        UFO科学大学院名誉教授 )
 
   



 
 イラン博士は オリオン種族宇宙人についてAbduction体験をした方々から 大変貴重な情報を得ることができましたしR.B.ラザー博士をはじめ 特別軍事基地等で勤務する科学者・技術者等からも多数の証言を得て 米国の国民を無視した<実態を隠したままの>UFO政治 あるいは UFO政策に重大な問題があり 現在も隠ぺいしたまま継続し 極少数の特権者のみが この実態を知りつつ知らぬ顔をしている実態も調査し解明しました。




  
たとえば MJ-12や米国の経済界を支配する特権者等が それらに深く関与し 地球社会をコントロールできるハイテクを 全てオリオン種族の宇宙人から提供してもらい その結果として 世界をリードする軍事ハイテク産業が誕生し 圧倒的な強さで地球社会に影響を与えるまでになったことを示す機密公文書等の証拠資料を入手しました。



  
らにNATO軍最高司令部情報将校だったロバート・ーン(Robert Dean)氏は 1960年代からオリオン種族の宇宙人が 軍の内部にも深く浸透していたとの公務証言を得たこと。 大統領さえ 極秘のAbductionについては ほとんど知らされていないこと。    
  
そして ーソー<Colonel Corso DIA情報将校>UFO局長ダン・シャーマン<Dan Sherman>情報部軍曹らの証言から地球文明は 彼らオリオン種族のハイテク文明に広く依存している実態を かなり高い確度で証明した情報を得ました。

  
MJ-12やNSC(米国安全保障会議議長) リントン<B.Clinton>政権下UFO/ETI特別顧問を担当したルフ<M.Wolf>博士は 「大統領は UFO/ETI問題について全てを知る立場にない」と証言し 陰で米国政府を操る 巨大な権力<ボス>が存在することを公務証言したーソーUFO局長らの課題提起を重く受け止める必要があるとしました。 





  
ボイラン博士は

UFOやETI問題にかかわった科学者は かならずといっていいほど 国家機関のイヤガラセを受けることは 多くの米国民が 知っており いったい この国は だれためのものなのか 特別に選ばれた金持巨大な権力をもつ者<ボス>たちのために地球社会が あるのか・・・等の 基本的な諸問題を改めて 全国民が 根底から見直さなければならない時期にきていると公務証言しました。 











 

 USS(UFO科学大学院)では Richard Boylan博士に関する 貴重な資料を集積しており 現在の地球文明に深く関与しているとされるオリオン種族ハイテク文明との相互比較検討できる情報を活用して学習し研究することができます。


 りわけ Abductionの研究・調査と UFO/ETI政策誤りを問題提起し Abduction たすけを求めているのに米国政府が 全米被害者を無視する等の無責任な対応を厳しく指摘された重要な内容等を示す資料も含まれてございます。


    R.Boylan博士は 救済を切り捨てられた患者さんたちを救済するためにボランティアで非営利団体ACCETを立ち上げ 専門的な 心理学者/臨床心理学者/精神科医/UFO科学者/ETI科学者/医学者らと全国規模の組織ネットワークを構築して対応した社会福祉活動は 高く評価されました。



  また 
実態---エリア51を基地にして惑星間飛行を可能にした 各種UFO宇宙船研究開発にかかわった関係者公務証言や実態調査関係資料もございます。

  
ぜひ NGO生涯教育の市民大学の学習・研究に御活用ください。 





Top                  Return

inserted by FC2 system